2009年10月24日

『至言』

盛り上がるに盛り上がった、クライマックスシリーズ。ついに我らが日ハムが日本シリーズ進出を決めました\(^o^)/・・・・とは言いつつも、野村監督が最後の指揮となってしまった事が残念で、とても複雑な気持ちでいます(T_T)

契約任期満了だといえど、もう少し『情』を楽天球団には見せて欲しかったように思います。

野村監督といえば、『ID野球』と称される、いわゆるデータ分析を駆使した理論派監督で有名です。オリックスと近鉄から寄せ集められた選手達をたった4年間でここまで成長させるのですから、本当に素晴らしい名監督だと思います。

野村監督の著書を何度か読んだ事があり、チーム作りや選手把握、スタッフ育成など、私も実経験の中で参考になる部分が多々ありました。野村監督の言葉は、理論的であるにも関わらず、『情』を感じるものが多く、胸の奥の方まで伝わる、けだし至言である訳です。


『至言』 事物の本質を適切に言い当てている言葉


野村監督の言葉を集めてみましたので、もし皆様にとっての大切な『至言』となれば幸いです。

○「お前、クビになって悔しかったやろ。じゃあ見返してみろ。心が変われば人生は変わるで」


○『叱る』と『褒める』というのは同意語だ。情熱や愛情が無いと、叱っても、ただ怒られているというとらえ方をする。


○プロは技術的な限界を感じてから本当の戦いが始まるのだ。自らに言い聞かせ、諦めずにバットを振り、自分が進む道を模索していました。


○私は『感じる人間』が勝ちを制するとまで思っている。この世で最も尊いもの、美しいものは見たり触れたりはできません。心で感じるのです。感じない事は罪であり、『鈍感』は人間最大の罪だとも思う。考えるスポーツである野球においては、感じなければ話にならない。成長しない。


○長所を伸ばすより、短所を直せ。


○『心配』とは、行動の不足から起こるものである。


○一流の選手の共通点は、『妥協』、『満足』、『限界』といった言葉が死語になっていること。


○一瞬のやる気なら誰でも持てる。けれども持続性のあるやる気は深く認識したものだけに宿るのである。


○『人生』という字をどう読むか?人として生まれる、人として生きる、人を生かす、人を生む…それが人生なんです


○『判断』は頭でやるもの。知識量がモノを言う。『決断』は身体でするもの。覚悟に勝る決断なし。


○『失敗』と書いて『成長』と読む

○『人生、意気に感ず』人は情によって動く生き物だ。理論や知識を蓄えたところで、最後は情がものをいう。


○【自分はなぜプロ野球選手になったのか】という目的意識をがあるかないかが大きな分かれ道になる。そして『差』を感じ、頭をふりしぼれる者だけが一流の選手として生き残れる。

試合終了後、楽天と日ハムの選手達が野村監督を胴上げしたあの光景は、胸にグッとくるものがありました。「敵地で声援をもらえて本当に幸せ」と野村監督は言っていたそうで、まさに北海道の温かさを象徴しているようにも感じました。

時に温かく、時に厳しい野村監督の『ボヤキ』を聞けないのはとても寂しいですが、きっと野村監督のことですから、これからも何らかの形で日本プロ野球を盛り上げてくれる事を期待しています。

最後に野村監督の座右の銘で今日は締めようと思います。


『念ずれば花開く』


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 21:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

『体得』

ちょっと前の話となってしまいますが、今月の3日に日本水泳連盟の強化コーチ会議があり、私も参加してきました。全国各地から強化選手を担当しているコーチ達が出席し、総数100名以上は居たのではないでしょうか。

実はこの日は、2012年オリンピック開催地に東京が落選した翌日で、会議でもこの話題になりました。招致活動の賛否は様々あると思いますが、人生の中で1度は母国でのオリンピックを経験したいと思っている私としては非常に残念でなりません(T_T)

昨年は同じアジア圏の北京でオリンピックがあり、なおかつ東京は2回目。高いコンセプトがあったにしても正直今回の招致活動は厳しいだろうな〜と感じていました。


『何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。』 アルバート・アインシュタイン


2020年だとすれば13年後。私は49歳になっています\(◎o◎)/!やはりテレビで見るだけでは伝わらない生の雰囲気を体験する事は、人生にとって大きな財産になると思います。そしてその舞台で私が指導している選手達が戦っている事ができたらそれは素晴らしいことであり、目標でもある訳です。『百聞は一見にしかず』と言いますが、とにかく『観て感じて学ぶ事』こそが体得できる唯一の手段だと感じます。


東京が2020年の招致に関わるかどうかは現在未定だそうですが、新たに広島と長崎が共同開催で立候補するという報道がありました。オリンピック憲章では1都市開催が原則なので、共同開催は現状難しいのかもしれませんが、スポーツに関わる者の一人として、是非ともチャレンジしてもらいたいと切に願います。

気付けば既に0時を過ぎていました^_^;睡眠時間が少ないと次の日がキツイ事を年々体得しているので、そろそろ寝ようと思います(^_^;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育







posted by 日刊吉田 at 00:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

『行進』

インフルエンザが流行し、当スクールに通う生徒さんから学校閉鎖や学級閉鎖になったとの連絡が多く入っています。全国的に見ても北海道は感染状況が高く、これからの季節どうなっていくのかと不安で一杯です(-_-;)

この連休中で、スクール対抗のブロック大会がありました。全国大会の予選会も兼ねているので、選手もコーチも保護者の方も、レース結果に一喜一憂し、とても盛り上がった2日間だったと思います。

当スクールは相変わらずチームでは最下位となってしまいましたが、全国大会出場者は過去最高の人数となりました(^^♪

『今日の成果は過去の努力の結果であり、未来はこれからの努力で決まる。』 稲盛和夫(京セラ創業者)


今回の大会で、成果を出せた選手、出せなかった選手。インフルエンザの為に出場できなかった選手など結果は様々です。成長を足踏みだとすれば、今回の結果がどれだけ足を前に出せたかだと思います。

足踏みしているだけでは前には行けません。結果を踏まえてどれだけ足を前に伸ばせるかが大切であり、チーム全体がそうなれば大行進ができるのだと思います。

来月はいよいよグループの全国大会。私自身も今の場所に留まらずに、一歩一歩行進していこうと思います。勿論、ブログを更新していく事も忘れずに(~_~;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 09:02| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

『皆』

平成最大級とも言われた台風18号もようやく終息のようです。出張やら会議やらで私の生活も台風並みの大荒れ模様でした^_^;

なかなかブログも更新できず・・皆様には毎日同じ画面を見させてしまい申し訳ございませんでしたが、この間の一番のニュースと言えば、そう我らがファイターズがリーグ優勝を決めました\(^o^)/

翌日新聞にダルビッシュのコメントで「戦力の寄せ集めではなく、みんなで力を合わせて戦うそんなチームで手にした優勝を誇りに思う」と載っていました。


『人間、自分ひとりでできることには限界がある。だけど、人と力を合わせると不思議なことに不可能も可能に、夢も現実になっていく。だから、出会う人を大切にするんだよ。』衣笠祥雄(元プロ野球選手)


『皆』という字は『比+曰』で構成されていますが、『比』は人が並んでいる形でこの場合は神様が並んでいる状態、『曰』は神に祈る祝詞が入っている器の形で、つまり祝詞によって、神々が並び降りてくる事を意味しています。

ちなみに『階』は天から神々が降りる際にはしごを使って降りる意味となるのです。

自民党の新総裁に谷垣氏が選出されました。「みんなでやろうぜ」というキャッチフレーズがありましたが、いよいよ今度の日曜日から北海道ブロックのチーム団体対抗戦が始まります。万年最下位の我がチームですが、みんなで力を合わせていい結果が出てくれたら嬉しいものです(^_^)

1週間も更新できずにいたこのブログも、高いランキングを維持できているのは、まさに皆さんの力のおかげです。時間が取れないもどかしさを感じながら、【身体がもう一つあれば】と無謀な事を考えたりしています^_^;さすがに「みんなで書こうぜ!」とは言えませんから"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 00:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

『秋とは』

早いもので既に10月。身体が感じる心地よい風が秋の季節を感じさせてくれるようになりました。今日は休みだったのですが、外は秋晴れ・・・とはいかず大雨でした"^_^"

秋という字は『龝+火』からできているそうです。

禾(穀物)+ 龜(いなご)+灬火


秋という季節は穀物が実る時期となります。秋はイナゴ等が大量発生し、穀物を食べてしまう被害があり、火で駆除する儀式をしていたそうで、後に『龜』を省略し『禾』と『火』で秋という字になったとの事です。

『収穫の秋』『実りの秋』とは言いますが、私にとっても良き収穫、良き実りのある季節となればと思います。


ちなみに調べていると同じような字で『利』という字がありますが、これは『禾』(穀物)+『リ』(刀)で、穀物を刃物で収穫することで、「するどい」の意と、刈り取ったものから「もうけ」の二つの意となったそうです。

私もこのに、気が利く人間になれる様になれたらと思うと同時に『利益』を求め、オータムジャンボ宝くじを買い求めに行くのでした・・・(~_~;)

ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 23:21| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。