2009年12月29日

『平凡の積み重ね』

今日はマスターズクラスのイベントで、インターバルの練習を実施しました(^^♪

昨年は日程の都合で開催できなかったのですが、6回目となる今回は約30名の参加があり、大いに盛り上がりました(^.^)

『100m×10回×5set on1:30』や『50m×10回×10set on1:00』など4000〜5000mになるように6クラスを設定し、高校生から60歳を越えるベテランさんまで幅広い年齢層のメンバーさんの全員が見事に完泳してくれました!

私も今回は『50m×10回×8set on1:15』の4000mインターバルクラスで参加し、何とか泳ぎ切りましたが、1:15だったら選手には100mで練習をさせている自分が『鬼』に見えてしまいました^_^;


『平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することが、すなわち非凡なのである。』 アンドレ・ジイド(フランスの小説家)


参加された会員さん達の普段の努力の賜物が今日の結果に繋がっている事に間違いありません。努力といっても、毎日高いレベルの練習を消化するとか記録を伸ばすという事では無く、『練習に参加する』という一見平凡なことに見える事を当たり前のように継続している事がとても重要であって、尊敬に値するのです。

植物に毎日水を与える事が後に見事な花を咲かせてくれるように、今まで平凡だと思っていた事が、実は後にとてつもない成果を上げることがあるかも知れません。実際、このブログも皆さんの日々のクリックの積み重ねが、今のランキング順位に現れています。今年もあと2日となりましたが、もう一度自分の日常を振り返ってみるのもいいかも知れません。

イベント終了後は、これまた恒例の打ち上げを実施し、楽しい会話で盛り上がりました(^^♪ただし、泳いで消費したカロリー以上のエネルギーを補充してしまったようにも思いますが・・・(-_-;)


プルルル・・・プルルル・・・♪

この記事を書いていると、お義母さんから電話があってこんな一言がありました。

「あのさー毎日ブログ見てるんだけど、いつ更新するの?」


期待に答えなくてはヽ(^_^;)丿



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 22:52| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 水泳の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

『尊敬』

合宿の期間中に選手達を対象にアンケートの記入がありました。スイミングマガジンに載せる選手名鑑の為のものだそうですが、趣味や特技、好きな食べ物、将来の目標など思い思いに書き込んでいました。

アンケートを回収し、それを1枚1枚確認していきました。

「オリンピックに行く!」という目標を掲げている選手、尊敬する人を「両親」や「担当してくれているコーチ」などのコメントを書いている選手、特技や趣味を「水泳」と力強く書いている選手、とても面白かったです。


『立派な人間になるための一つの条件は、自分が心から尊敬できる人を持つことだろう』 井深大(ソニー創業者)


自分が悩んだときや困ったとき、決断を迫られたとき等、尊敬できる人の言動や行動を思い起こし、道標になる事が良くあります。勿論最終的には自分の意思決定が必要ですが、なるべく沢山の人の考え方や成功者の行動を見て判断する方が、方向性を定めてくれるように感じています。

ブログの中で、著名人の名言をよく引用しています。記事を読んでいる中で、道標となるような言葉が見つかって、今より少しでも良い方向に向かってくれたらという、そんな思いから綴っています。


こうなると私が担当している選手のアンケートも気になる訳で・・・


【尊敬する人に俺の名前が書いてあったら、ちょっと優しくしてあげよう(^^♪】


そんな事を思いながら、アンケートを見てみると・・


・なりたい有名人 ( 松岡 修造 )

・尊敬する人   ( 松岡 修造 )



こう書いてありました(-_-;)




ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 23:54| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

『切磋琢磨』

昨日はOFFでした・・・といっても練習が無いだけで、ドーピングの研修や泳法技術講義、スタート、フォームの映像解析等、スケジュール満載の1日でした(^_^)

オフ前の練習の最後に毎年恒例実施されている100m×20回のデータ測定がありました。

「がんばっていこうぜ!」

「10秒前!」

「5秒前!」

「ヨーイ・・ハイ!」


選手とコーチ全員の大きな掛け声がプールに響いていました(^.^)


今日のタイトル『切磋琢磨』とはそれぞれ材料を加工する作業の事を表しています。

『切』 骨を切り刻む作業
『磋』 象牙を磨く作業
『琢』 玉や角を削り、形を整える作業
『磨』 石をすり磨く作業


加工作業は大変手間のかかるものであり、また丁寧にやらなければなりません。このことから勉強したり道徳に励んで人間を成長させることや、友達どうし競い合い励まし合って自分を磨くことの意味になったそうです。

練習できつくなった時、自分も辛いはずなのに大きな合図をかけてくれる友人、記録が落ちそうな時でも、諦めずに競い合ってくれるライバル。この相乗効果が、練習レベルを高く維持できるのだと感じました。

ちなみに、コーチ陣での最近の会話では、


「合宿に来る前より3Kg太った(-_-;)」

「俺は4kg増えたぞ!」



こんな事に切磋琢磨しております・・・(;一_一)



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 14:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

『適応』

合宿2日目。選手達も少しずつ打ち解けてきて、いい雰囲気になってきたと感じます。

練習中はそれぞれの泳速を把握し泳ぐ順番を決めたり、メイン練習では全員で大きな声を出して盛り上げあう光景を見ると、子供の順応性というか適応力というか、感心させられる瞬間です。

『生き残る種とは、もっとも強いものではない。もっとも知的なものでもない。それは、変化にもっともよく適応したものである』 ダーウィン(自然科学者)

この言葉は、私がとても大切にしている言葉です。水泳は個人競技でありますが個人練習ではありません。環境、練習メニュ−、メンバー、雰囲気、体調、モチベーションetc・・練習は決して1つのパターンに収まることは無い訳で、その時々の状況に応じて自分を適応させていかなくてはなりません。

今回は合宿期間中は携帯電話を回収していますので、選手は全く使用する事ができません。また5分前行動や挨拶・返事の仕方まで徹底して指示されています。朝昼晩の3食をしっかり食べる事を目的に、おやつも補食の一切与えられません。普段なら【えっ?マジ!】って思うかもしれないこの状況下でも、今ある環境に適応していこうとするポジティブな意識を共通して持っている選手達に対し、記録ではない『強さ』を感じずにはいられないのです。

まだまだ合宿は序盤ですが、充実して毎日を過ごしています。私も選手と同じように毎日きっちり3食の食事を摂っています。しかし選手と決定的に違っている事は『泳いでいない』ということです・・・体重だけが充実しないように気をつけます^_^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育









posted by 日刊吉田 at 20:52| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

『刺激』

多忙な毎日を過ごす中でも記事をアップしたかったのですが、なかなか更新できない日々が続いています^_^;まあ忘年会シーズンであったのもあるのですが^^;

私ごとですが、今日から三重県鈴鹿市で8泊9日のナショナル合宿に参加しています(^.^)

全国トップレベルの選手達が、今回の合宿を経て素晴らしい成長をしてくれる事を期待し、また私自身も選手達と接するこの期間を通じて、沢山の事を吸収できればと考えています。

午後から早速1回目の全体練習があったのですが、初参加という緊張と頑張るぞという意欲が頭と身体をぐるぐると回っていて、全てが新鮮でありました。


『青年は教えられることより刺激されることを欲するものである。』 ゲーテ(小説家)


『激』という字は【水+白+放】で構成されていて、水が当たって白いしぶきを放つという事を意味しています。ありきたりの毎日から一歩踏み出す事で、あらたな刺激を受けることってとても大切だと思います。

自分の買う服を選ぶ事、ヘアスタイルを決める時など、同じようなチョイスをしている自分に気付くときがあります。【自分には似合わないから】みたいな心情があるからかもしれませんが、いざ思い切って変えてみると、新たな自分を発見できたりするなんて事も多々あります。

選手もコーチも、合宿の中で沢山の刺激があれば、終わった後に【いい合宿だった】と思えるのだと思いますし、そうありたいと強く願っています。

明日以降もできるだけブログ更新できるように頑張りますので、応援して下さいね^_^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育




posted by 日刊吉田 at 00:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

『和らぎ』

昨日は毎年恒例のマスターズ忘年会がありました(^^♪

何かと忙しいこの時期、時間を割いて参加して頂いた会員さんの皆様には本当に心から感謝の気持ちで一杯でした。

宴会中ではマスターズの大会や選手の全国大会の映像を見てもらったり、円卓対抗ゲームやビンゴ、そして勿論、コーチのショータイムも披露し、あっという間の2時間が過ぎ、私にとっては【4時間位あればいいのに(-_-;)】と勝手な思いを抱いてしまいました^_^;

コーチの余興では、女子コーチが倖田來未、男子コーチがEXILE、私はマイケルジャクソンで『スリラー』をコラボするという、無茶な設定だったのですが^^;結構楽しんでもらえたと思います(^.^)

夜遅くまで余興の練習をするコーチ達、忘年会で会員同士が楽しそうに会話している風景を見ながら、とても温かい『和』を感じるのです。

『和を以って貴しと為す』聖徳太子  


ご存知の通り1400年前に聖徳太子によって制定された十七条憲法の第一条です。物の考え方、感じ方など自分とは全く違う人々が存在することを認め、相手の立場を理解しようと心がける大切さを聖徳太子は説きました。

ちなみにこの場合の『和』は「わ」ではなく「やわらぎ」と読むのが正解だそうです。なごやかになる。おだやかになる。うちとけてむつまじくなる。こういった意味を持つ『和らぎ』という言葉。とてもいい言葉だと思います。

今年は、ブログもなかなか更新できない日々が続きました。それでもブログ観閲数は昨年よりも増えています。本当にありがたいことです。このブログを通じ、沢山の『和』や『和らぎ』があるのであれば幸いです。

ちなみに忘年会疲れの翌日は、ベッドで『和み』の一日でした"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育








posted by 日刊吉田 at 01:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。