2010年01月31日

『朋友』

昨日は、友人が店長をしている居酒屋で、学生時代の仲間達と遅ればせながらの新年会を開きました(^^♪

みんな忙しい時間の中、日程を調整したらしく、サロマから飛行機で来た友人、仕事の合間を縫って顔を出してくれた友人、飲み会参加の為に札幌旅行を兼ねて、紋別から家族全員を引き連れてきた友人も居ました^_^;

体育の専門学校だったにも関わらず、居酒屋の店長、建設会社の常務、ケアマネージャーにグラフィックデザイナー・・・・・職種もとても様々で、会話は途切れることはありませんでした。

このブログを読んでくれている友人も多いらしく、私の性格とブログの文章のギャップに驚かれました(^_^;)

しかし19時から始まった会は気が付けば午前2時^_^;飲みっぷりは相変わらずでした(^_^;)

それぞれの道、それぞれの立場で過ごしている中で、視点や考え方というのは変化していきます。ですが友人達と話していると、まるで学生時代の時と同じような感覚に戻る自分がいる事が不思議です。

『朋友』とは広東語の『友達』という意味が語源です。

『朋』 数個の貝をひもでつらぬいて並べた形で、同等のものが並んだ意味を含み、のちに肩を並べた友人のこと。

『友』 かばうように曲げた手を組み合わせ、手でかばいあうことを意味して、仲よくかばいあう仲間。


上下関係を気にせず、変な気遣いもしないで、肩を並べて居れることが友人といて実感する『安心感』なのだと思います。


『友人とは、あなたについて全てのことを知っていて、それにもかかわらずあなたを好んでいる人のことである。』 アルバート・ハバード(作家)


皆さんにも大切な友人がいるでしょうし、これからも沢山の仲間とめぐり合うことになるでしょう。そんな友人に対して自分ができる事は、決して背伸びをするのではなく、肩を並べた『朋友』であり続ける事なのだとそう思いました。


最後は蕎麦屋で締めたのですが、みんなの体型を見て、ウエストサイズだけは少なくありたいと、心から思いました^_^;



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 11:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

『卒啄同時』

先週体験レッスンを受講された一人の女性の方が、今日入会手続きに来ました(^_^)

実はその方は体験レッスンを受講した後、疲労感が強くて、練習についていけるか不安になり、入会するかどうかを非常に悩んでいたそうです。

体験レッスンを担当したコーチが何日か経ってから電話を掛けたのが、ちょうどそのタイミングの時だったようで、コーチと話をする中で安心感が生まれ、入会する事を決心したそうです。

「本当にコーチから電話貰ってなかったら、入会していたかどうか今でも迷っていたかも知れません。宜しくお伝え下さい(^.^)」

その後、担当コーチに入会した事を伝えると、非常に喜んでいました。


ヒナ鳥はいざ生まれ出ようとする時に、内側から懸命に殻をつつきます。その音を聞いた親鳥は外側から殻をつつき、ヒナ鳥を助けます。

ヒナ鳥が内側からつつくことを「卒」と言い、親鳥が外側からつつくことを「啄」と言うそうで、これを同時に行なうことによって殻が破れて中からヒナ鳥が出てくる事を禅の言葉では『卒啄同時』というそうです。


何気ない一本の電話が、その会員さんにとっては絶好のタイミングだった訳で、遅すぎても、また早すぎても殻を割ることはできなかったかも知れません。選手指導をしていて実感する事ですが、言葉がけのタイミングというものがその選手に合致すると、とんでもない程の成長を見せてくれる時があります。

コーチと選手、上司と部下、親と子etc・・・

求められたニーズに対して、必要な内容を、必要な量だけ与えてあげる事こそ、指導や教育に欠かせない大切なポイントなのだと思います。


マラソンの監督である小出義雄氏が「褒め方もタイミングです」と言っていた事を思い出し、ベストのタイミングでベストの言葉をチョイスできるコーチ能力を磨く重要性を改めて感じさせられる今日の出来事でした。


ちなみにタイトルを打つときに《そったくどうじ》と入力したら、『反った工藤時』と変換されたのには失笑してしまいましたが^_^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 01:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

『共有』

先日の日曜日に、外資系ディスカウントストアー『コストコ』に行ってきました(^_^)

今回が3回目なのですが、広い敷地、圧倒的な品数、そして値段の安さ。カートのサイズも超ビッグ!店内に居ると、まるで外国でショッピングをしているかのような錯覚すら覚えてしまいます^^;

そして楽しいのは試食が沢山できる事(^^♪試食コーナーは必ず回って肉・魚・果物・デザートと堪能し、チーズケーキが美味しくて、思わずホールで買ってきました(^_^;)

毎回買うのが500mlのドリンクウォーター。35本で700円以下で、1本当たりなんと19円\(◎o◎)/!重宝しています。

コストコの営業マンのような記事になってしまいましたが^^;別にコストコの事をアピールしたい訳ではなく、実は初めてコストコに行った時に、ジュニアクラスの生徒に会った事があるんです。

普段はあまり多くの事を話さない生徒さんだったのですが、コストコで会ってからは、プールに来ると真っ先に「コーチ、ベーグルは食べた?」とか「チーズケーキ買ったの!いいな〜」なんて事を聞いてきて2人でコストコ話題で盛り上がるんです(^_^)


『コミュニケーションの基本は何かを共有すること』 茂木健一郎(脳科学者)


つまり、コミュニケーションを図る上で重要なのは、共有できる事柄をより多く持つ事なのだと思います。そういった意味で、新聞や本を読み知識を増やすこと、色々なジャンルの音楽を聴くこと、旅行など沢山の場所へ出向くこと・・・自分自身の見識を深めることで、人と話をする内容、共有できる事が深くなっていくように感じます。


きっとコーチ・生徒・保護者・チームメイトetc・・の関係も同じで、『水泳』というキーワードを共有し、それを深めていくことで、良いコミュニケーションを図っているのだと思います。

記録やフォームの上達度や目標の達成感を共有できる人がいれば、その喜びはきっと倍増すると思います。反対に記録が伸びない挫折感、失敗してしまった時の悔しさを共有できる人が多くいるほど、その悲しみを半減させる事ができるのではないでしょうか。

実は今年に入り、毎日寝る前に『スピードラーニング』を聞いています。外国人とコミュニケーションを図る為に始めたのですが、現況としては、テンポ良く流れる英語での会話が、まるで子守唄のようで、あっと言う間に熟睡しています(-_-;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 01:35| | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

『保持』

昨日、ようやく来年度の計画資料の作成が終わり、家に帰ってきたら2時でした^^;


パソコンに向かい、一人まるで引きこもりのような毎日が続くと、人と話してしている時間があるというのが非常に貴重に感じます。他のスタッフ、マスターズの会員さん、ジュニアクラスの生徒や選手達。授業を通して話をしながら、【コーチっていいな〜】って思います。


『人のためになる仕事をして働き甲斐を感じる。そんな考えこそ日本が守るべき価値だ。』 ロナルド・ドーア(大学教授)

自分の行動を継続させるには【誰かの為になっているんだ】という意思の保持力だと思います。このブログも観閲者が一人も居なかったら、ここまで続いていたとは思えません。

例えば選手達といい記録が出た時の話をすると、その時のコーチの言葉や保護者の喜んでくれた姿を絶対に覚えています。「あの時コーチめっちゃ喜んでたよね」とか「お母さんに誉められた」などと、自分が頑張ることで誰かが喜んでくれるという経験の積み重ねを自分の成長の糧にしているのです。


『保』 「人」+「呆(産着を着た子供)」

つまり保つという字は人が赤ちゃんを抱いて守っている形を意味しています。


自分にとって大切なこと、保持するべきものをしっかりと見定めて、明日からはまたいつものようにプールでの日々を過ごそうと思います。


ちなみに2時に家に帰ってからもビールを飲む時間だけはしっかりと保持していました^^;



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 11:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

『循環過程』

一昨日の新聞記事で、札幌で72歳の女性の方の遺体が見つかった事件があったのを知ったのですが、なんと現場は私の家から10分もかからない場所でした\(◎o◎)/!

犬の散歩にも良く通る場所なので、本当に驚きました(-_-;)早く犯人が見つかってほしいものです。最近はこの界隈でコンビニ強盗やひったくり等の事件があり、なんとも物騒でなりません。

そんな話をマスターズの会員さんにしたところ、「実は・・・(p_-)」や「コーチも事情聴取されたりして(^ム^)」なんて疑惑の念を抱かれてしまう私って・・(-_-;)

それはさて置き、この時期になると来年度の体制作りや予算作成に日々追われる毎日となります。

マネジメントサイクルという言葉があって、俗に言う『PLAN(計画)』『DO(実行』『SEE(反省)』の循環を繰り返す意味があり、会社独自のマネジメントサイクルを実行しながら、経営改善を図っている訳です。

水泳の練習はまさにこの循環過程の繰り返しです。例えば50mを1分サイクルで20本練習したときに、何も考えないで泳ぐのと、具体的な意図を持って泳ぐのでは、同じ20分の使い方が大きく変わってくるのだと思います。

ここ最近は、周期する事、循環する事について深く考えるようになりました。24時間経つと必ず太陽が現れ、1ヶ月経てば必ず空には満月が訪れます。1年間の中で四季があり、その中で毎日を過ごしている訳で。

水泳でも経営でも人の感情でも、好調な時もあれば不調な時もあるでしょうし、ベストが出る試合もあれば出ない試合もあると思います。どんな循環を繰り返したとしても、常にそこからプラスに作用するようなマネジメントサイクルが必要だと感じます。

周期といえばハレー彗星も一定周期で訪れるので次はいつ来るか調べてみました。

次は2061年の夏・・・・今から51年後となれば私は87歳(-_-;)毎日一定の周期で血液を送り出してくれている私の心臓がもっているのでしょうか"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育
posted by 日刊吉田 at 13:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

『自然』

一昨日は久しぶりの休日だったにも関わらず、記録的な大雪\(◎o◎)/!午前中全てを除雪に費やされてしまいました^^;

テレビではハイチでの地震被害についての報道が流されていますが、15年前のこの日は阪神淡路大震災があった忘れてはならない日でもあります。


『人間は一本の葦にしかすぎず、自然の中で最も弱いものである。しかし、人間は考える葦である。』パスカル(数学者)


『葦(あし)』は湿地に群生する丈夫な多年草の事で、水の流れに逆らう事ができず身を委ねるしかできない中で、それでも根は地下にしっかりと伸ばし、成長する姿をパスカルは人間と比喩しています。


日々の生活の中で、思い通りにいかない事や自分自身の無力さを感じる事って多々あると思います。ですがそれでも自分を信じて進むことが非常に重要なのでしょう。

あの災害の映像を見て、自然の力にとっては人間なんて本当にちっぽけだという事を感じるのと同時に、そこから諦めずに力を合わせ復興を遂げた人間の力は、やはり凄い事を痛感します。

このブログもこの記事で300話となりました。自分自身の備忘録として始めて早2年半。更新頻度は遅くてもよく続いていると思います。

そしてこのブログに付き合ってくれている方々に節目のこの記事でお礼を申し上げます<(_ _)>

感慨に浸りながら去年の記事を見てみると、なんと去年の今時期はインフルエンザで5日間も寝込んでいました(~_~;)

【やはり自然は恐ろしい・・・(-_-;)】


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育
posted by 日刊吉田 at 01:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

『職人』

「先生、先生、これあげる!」


当スクールで実施している特別教室に参加している女の子が、私に小さい袋を手渡してくれました。中を見てみると、フェルト素材の当スクールの指定バッグのミニチュアでした(^^♪

5cm位のサイズにも関わらず、ロゴマークやネームも刺繍されており、チャックもついていて、これがまた精巧にできていて驚くばかりです。

しかも、バッグの中にはこれまたミニチュアのスイミングキャップや水着、腕につけるヘルパーまでが入っている懲りようで、まさに職人技としか言いようがありません\(◎o◎)/!


聞くと、その子のお母さんの友人の方が作ったものだそうです。実は前回の特別教室に参加していたその子が同じものを持っていたのを一度見せてもらっていました。その時に「いいな〜、先生も欲しいな〜(-。-)」って言っていたのですが、それを覚えていてくれた事がとっても嬉しい訳なのです(^O^)

『技術の上手下手ではない。その心が人をうつのだ』小澤征爾(指揮者)


職人と言われる人達に共通するのは、勿論技術が伴っての話ですが、『心意気』を感じさせる事だと思います。名指揮者である小澤氏の言葉なので、さらに深みが増します。先週食道がんが見つかり手術を受けることになりましたが、まさしく職人である小澤氏の復帰を心から願うばかりです。

『匠(たくみ)』という字は【匚(かぎがたのものさし)+斤(おの)】で出来ていて、ものさしや刃物を使って細工するという意味があります。

自分の指導技術はまだまだ未熟で、経験が必要だと常日頃感じています。ですが心を込める事は誰にでも出来ることです。できる事ひとつひとつを精一杯の心を込める事こそが『職人』へ一歩近づく道なのかも知れません。

私も早く、コーチとして『匠』であり『職人』になれるように、しっかりと取り組もうと思いました。

ちなみに『しょく』でも『食』が好きなのは間違いありませんが(-_-;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 23:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

『時の重さ』

年明け早々、選手の練習、特別教室の運営と朝から夜まで超ハードな毎日を過ごし、この連休では今年初めての遠征大会もあり、一日一日がとても充実しています(^.^)

なかなか更新されないブログを観閲させてしまう毎日だったと思いますが、日々のクリックには本当に感謝しています(^_^)

昨日は成人の日。ニュースでは各地の成人式の様子が映し出されていました。20歳を迎えた若者達はどんな夢や希望を抱いて成人式を迎えたことでしょう。

私が成人したのは1993年。この年はこんなことがありました。

・皇太子様が小和田雅子さんと結婚。
・曙が外国人初の横綱に昇進。
・Jリーグ開幕。
・細川連立内閣発足。
・北海道釧路沖地震、南西沖地震が起こる。
・田中角栄死去。
・ドーハの悲劇。

今現在も不況と呼ばれていますが、振り返ると私が20歳の時も、激動の年だったと思います。

私自身、専門学校を卒業したにも関わらず、就職も決まらないまま20歳を迎えました。【絶対に水泳のコーチになってやる】という志と、【このままでいいのだろうか】という不安の葛藤の中に居た事を今でもはっきりと思い出されます。

就職難であるこの時代に生きる若者達の抱く複雑な感情を、私にはちょっとわかるような気がします。

しかし今思えば、すんなりと就職できなくて良かったと感じています。この時期を経験したことで、『諦める』という選択肢を選ばないようになったと感じています。また自分が決めた道は絶対に叶えてやろうという信念を抱くようになりました。

私より1歳年上の魁皇が、千代の富士の幕内勝利数を越えて歴代1位になりました。横綱昇進には手が届かず、大関陥落の角番を何度も繰り返しながらも相撲を取り組む姿は、本当に感動ものです。

時間は誰でも同じように過ぎていきます。大切な事はその時間をどれだけの深さや重さを持って過ごしていくかなのだと思います。20歳の時の自分自身を振り返る事で、何となく背筋をピンと伸ばして明日からまた頑張れるような、そんな気がします。

今日の最後は、未来ある若者へのメッセージも込めて、私が20歳の時にベストセラーとなった『生きるヒント』の著書である五木寛之さんの言葉で締めたいと思います。

『楽しいことは長続きする。好きなことは長続きする。気持ちのいいことは長続きする。そうでないことは、どんなに強制されても結局は続かない。』五木寛之(小説家)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 23:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

『知識と知恵』

お正月休みも今日が最終日。なんだかあっと言う間だったように思います^^;

昨日は家電量販店に行き、両親の還暦祝いにテレビとブルーレイレコーダーを購入してきました。先日デジカメを購入する際も感じた事なのですが、数あるメーカー、主張する性能が多種多様で、電化製品の知識が乏しい私にとっては選定に非常に時間を要してしまいます。

そんな時は、迷わず店員に商品説明を受けるのですが、店員の説明もこれまた多種多様で、いい店員に当たると、まるで楽しい講義を受けているような感覚にさせられます(^.^)

『知識』 知ること。認識・理解すること。ある事柄などについて知っている内容。

『知恵』 物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。


一見同じようで、全く違う性質を持っていると思います。

知識=インプット
知恵=アウトプット


よく後輩コーチ達に言うことなのですが、水泳技術や指導テクニックをどれだけ習得したとしても、重要なのはそれを自分の中で消化して、相手の出方を見ながら、適切なタイミングで、適切な言葉を投げかける事に意味があるのです。つまり、溜め込んだ知識は対外的に放出してこそ初めて知恵となるのだと思います。


『最初から上手な人なんておりません。地味な練習の繰り返しのなかでキラリと光る持ち味を見つけだし、それを伸ばし育てる。』 羽田登喜男(友禅染織作家、人間国宝)

地味な作業かも知れませんが、今年も沢山の知識をインプットし、関わる人達に「わかった!」という言葉を貰えるように、そして「水泳が楽しい」と思ってもらえるような知恵を習得できるよう私自身頑張ろうと思います(^.^)

それにしても、今年最初の知識のアウトプットが、値引き交渉になるとは思いませんでしたが^_^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 03:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

『青』

新年明けましておめでとうございます<(_ _)>

札幌の元日の朝は天気予報とは裏腹でとても清々しい晴天でした(^^♪犬の散歩をしながら【こんな天気のように今年もいい年であったらいいな〜】って素朴に感じました。初夢はまったく記憶に残っていませんが^_^;

『青』=「生」+「丼」

以前の記事『すみきった心』でも書いたのですが、『青』は【きよらか、すみきった】という意味が込められています。

『生』は大地から出る草木を表している文字であり、『丼』は井戸の中の水を表していて、『月』はそれが変化したものだそうです。

大地から生える草木、井戸の中の水、どちらも澄み切ったものであり、その字を組み合わせたものが『青』なのです。とても素晴らしい漢字だと思います。

昨年は、私にとって思いで深き一年でした。

・課長という責任ある役職に就いた事。
・JOでの優勝者育成と大会新記録の樹立。
・自身の優秀コーチ賞の樹立。
・グループ全国大会でのリレーでの優勝と優秀選手の育成。
・国体選手の育成と国体参加。
・ナショナル選手の育成とナショナル合宿参加。
・マスターズニュースに当スクールが紹介された事。
・妻が妊娠した事。

周りからは「まだ無理だよ」と言われたりすることもありました。しかし私自身は【いつかきっと】と願っていた事柄ばかりです。そして羅列したその全てが、私の想いに共感し、協力してくれた人達が居たからこそ成し得たものばかりです。


『成果=願い×強さ+協力者』

だということを年々実感させられます。心から強く願い、そしてそれを素直に受け止めてくれる人達に支えられて今がある。心からそう思います。


2010年最初のタイトルを『青』としたのは、【何事も疑うことからではなく信じることから始められるように】また、【偏った見方ではなく素直な澄み切った感情を持てるように】との願掛けの意味からです。

私も今年は37歳。『青年』とは呼ばれない歳になってきましたが、少なくとも心だけは澄み切っていたいものです"^_^"

しかし、親せきの子供に対し『お兄さん』と呼ばせることを強要する私の心は決して澄み切っているとは思えませんが^^;


今年も一年どうか『日刊吉田』をご愛読下さいますようお願い致します<(_ _)>


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 04:34| 🌀| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。