2010年11月30日

『笑顔』

当スクールでは毎年この時期、赤ちゃんクラスと幼稚園児クラスを対象に、ちょっと早いクリスマス会を開催しています(^^)v

サンタさんとの記念撮影やゲーム等、子供だけではなくお母さんやお父さん、お姉ちゃんやお兄ちゃんもプールで楽しみ、とても盛況だったと思います(^_^)

実は今回私は、企画者ではなく見学者としてこのクリスマス会を見て来ました。愛娘ももうすぐ6ヶ月になり、ベビークラスに入れるようになるので、クラスの雰囲気を味わえるいい機会でした。

自分のスクールであるにも関わらず、家族連れで参加すると、不思議なもので親御目線になっている自分がいます。

そうすると、当スクールのコーチ達の明るい接し方、楽しそうに遊んでいる子供達、それを見て微笑んでいるおじいちゃんやおばあちゃんetc・・・

プール内外に溢れる笑顔、笑顔、笑顔。

とても楽しそうな雰囲気が伝わり、授業をしているコーチ達を見ながら自分でいうのも変かも知れませんが、【本当に素晴らしいスタッフ達だな〜】と実感させられた次第であります。


この日を迎えるにあたって相当な準備がありました。アルバイトのコーチ達も空き時間を使ってクリスマスプレゼントのラッピングの手伝いや手作りのクリスマスカードの作成、誰が言うでもなくサポートしてくれる協力体制は、決して簡単に出来るものではありません。


『笑顔は、人の心をおだやかにする。なごませる。幸福な気持ちにする。これは、立派に人に喜びを与える行為であり、またもっとも手軽にできる行為でもある。』 植西聰(心理カウンセラー)


笑顔が持つパワーって言葉では言い表せないほどの力があると思います。私も家に帰って子供が見せてくれるふとした笑顔にどれだけ心を和ませてもらっているか。カーネギーの言葉で、『笑顔は一ドルの元手もいらないが、百万ドルの価値を生み出す。』 というのがあるのですが、これは本当だと思います。

きっとスタッフ達にとっても、楽しそうに参加してくれた子供達や父兄の方達の笑顔をもらえた事が充実感として残ったのではないでしょうか。そんな風に思いました。


笑顔が溢れるスタッフが笑顔溢れるスクールを作っていく訳で、私自身、もっともっと笑顔ある授業をできるようになる事が大切なんだと思います。まずは再来週にあるマスターズの方達との忘年会で、笑顔を通り越して大爆笑が巻き起こるように頑張りたいと思います"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育






posted by 日刊吉田 at 12:56| 北海道 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

『それぞれの物語』

今日まで3日間で行なわれたグループでの全国大会。北海道からは111名の大所帯を率いて参加し、今年も非常に好結果で終了する事ができました(^^)v

当チームは今回『中学生団体区分3位入賞』という目標を立て、今大会に挑みましたが、結果としては5位となりました。しかし4位とは7点差、3位とは20点差と、あと一歩の所まできていたので、ちょっと残念でした(T_T)

結果として目標には到達できませんでしたが、昨年と比較すると大幅な得点アップだったので、この悔しい思いを来年、再来年へと新たな目標としてまた頑張ろうという気持ちになりました。


ベスト記録を出して目標を達成した選手、決勝に残れず悔し涙を流した選手、体調不良で存分に実力を発揮できなかった選手・・・・一人ひとり、1種目1種目毎に沢山のドラマがあり、選手が主役であるのならば、ライバルの選手や保護者、コーチが脇役として支えている訳です。


映画の『海の上のピアニスト』で主人公のセリフに「何かいい物語があって、語る相手がいる限り、人生捨てたもんじゃない。」というのがあるのですが、自分が努力する事で、関わっている人達とその思いを共有できる素晴らしさがスポーツにはあると思います。

『自分の人生の主役は自分。主役がイキイキしてなければ人生という舞台はつまらなくなるばかりです』 仲代達矢(俳優)


コーチとして選手に対して『名脇役』になる為には、主役の選手達が伸び伸びとレースをできるようにするのは勿論のこと、関わっている人達に『ありがとうございます』というセリフをより多く出してもらえるようにする事だと私は思います。


今回競技会の期間中、ライバルの選手達や小学生合宿に参加した選手達、当スクールから移籍した選手達などが私の元に駆け寄ってきてくれて、またその保護者の方達も直接声をかけてくれたりという機会が沢山あり、関わった人達からもらう感謝の言葉というのは、非常に温かく嬉しいものです(^_^)


私もこのブログでは主役としてセリフを発信していますが、読者の名脇役の方々に『大根役者』と言われないように、またもう少しセリフを多く発するように頑張りたいと思いますので応援宜しくお願いしますね"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 01:10| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

『分析力』

みなさん世界バレー見ましたか?

なんと日本チームが32年ぶりにメダル獲得の3位入賞となりました\(^o^)/

強豪相手に善戦はするものの、あと少しの所でいつも負けている印象があったので、【今日もまた同じように負けてしまうのかな〜】という思いを胸にドキドキしながら試合を見ていました(^_^;)

現代のバレーボールはITバレーと言われる位、コートの外では情報戦略の戦いが繰り広げられています。『アナリスト』と呼ばれるスタッフが、コンピューターを駆使して相手選手やチームの戦略を分析し、瞬時に監督へデータ情報を送り、監督はそのデータをベースに戦略を立てるという作業が試合の間絶えず続きます。真鍋監督の手には『iPad』が常にありましたよね。

もう既にスポーツの域を超えている部分も多く、現代のIT化されたバレー界でのメダル獲得というのはチームとしての成熟度が高まっている証拠だと言えます。



『彼を知り己を知れば百戦あやうからず』 孫子(中国の兵法の書物)


『孫子』とは2500年もの歴史ある書物なのですが、現代にも充分に役立つことが書かれています。ちなみにこの文章は『彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず敗る』と続きます。

つまり、相手と自分を知れば何度戦っても勝つ事ができ、相手だけを知り自分を知らなければ、勝ったり負けたりが繰り返される。相手も自分も知らなければ戦う度に必ず負けてしまうという意味であり、まさに現代バレーには欠かせない言葉だと言えますね。

こんな事を書くのは、実は私も分析好きで、全国大会等で戦う相手の事は事前に調べておき、どんな作戦でレースに挑むかを準備するようにします。インターネットは本当に便利で、現在は全国各地で行なわれている競技会の結果やラップタイムをパソコン一台、もしくは携帯電話一つで調べれるようになりました。

水泳は個人競技ですので、相手選手がどんな特徴を持っていて、どういったレース展開をするのかを知り、自分が担当する選手のタイプごとにレースプランを立てます。

「相手は前半から積極的に飛ばすが必ず最後はバテてスピードが落ちるから、君は前半を抑えて、後半勝負だ!」


こういう作戦が見事にはまった時は、コーチ冥利に尽きる瞬間ですね。時には明け方まで調べたりして、なんとか選手が一つでも順位を上げられるように影の努力をしている訳です(^^)v

こういう事は別に私だけがしている訳ではなく、全国各地で活躍しているコーチ達って選手の為には自分の時間を削ってでも勝負できるように準備している人が沢山います。だからこそ勝負って面白いと思います。

さあ来週はいよいよグループの全国大会が始まります。この1週間でライバルの分析をして万全の状態で向かおうと思っています・・・・あっ、もう既に2時になってしまいました\(◎o◎)/分析は万全でも私の体調が万全ではなくなりそうですので、今日はこの辺で(ToT)/~~~

ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 02:21| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

『流行』

一週間ぶりの更新です"^_^"ようやく仕事も一段落といった感じですので、これからはもう少し更新回数が増えると思いますので、(あくまで予測ですが^_^;・・)ご期待下さいね(^^)v

さて、今日はちょっと時事ネタを・・・

『ユーキャン新語・流行語大賞』って皆さんご存知ですか?私は毎年この流行語大賞と日本漢字能力検定協会の『今年の漢字』を予想するのが好きなのですが、今年の流行語大賞の候補語が発表されました。


1.『iPad』            31.『リア充』   
2.『(クロス)カップリング』     32.『ルーピー』
3.『無縁社会』            33.『一兵卒』
4.『3D』              34.『岡ちゃん、ごめんね』
5.『AKB48』           35.『壊し屋』
6.『K‐POP』           36.『検察審査会』
7.『〜なう』             37.『見える化(可視化)』
8.『いい質問ですねえ!』       38.『・・ぜよ!』
9.『名ばかり高齢者』         39.『剛腕』
10.『イクメン』           40.『国技を潰す気か』
11.『家庭内野党』          41.『酷暑』
12.『ガラパゴス(ガラケー)』    42.『最小不幸社会』
13.『ゲゲゲの〜』          43.『山ガール』
14.『白戸次郎もよろしく』      44.『終活』
15.『生物多様性』          45.『女子会』
16.『ダダ漏れ』           46.『食べるラー油』
17.『ととのいました!』       47.『生きもの会議』
18.『どや顔』            48.『待機老人』
19.『なんで一段一段なんだろう』   49.『脱小沢/親小沢/反小沢』
20.『ネトゲ廃人』          50.『断捨離』
21.『バイクコンシャスライフ』    51.『東京スカイツリー』
22.『パウル君』           52.『年金パラサイト』
23.『はやぶさ』           53.『買い物難民』
24.『パワースポット』        54.『ゴルコン』
25.『フェニックス』         55.『本田△(ほんださんかっけー)』
26.『ブブゼラ』           56.『アジェンダ』
27.『ホメオパシー』         57.『33人の奇跡』
28.『もしドラ』           58.『(W杯)ベスト16』
29.『もってる』           59.『イラ菅/ダメ菅/○○菅』
30.『モテキ』            60.『2位じゃダメなんですか』


今年はやはりワールドカップのネタが多いですね。ワールドカップ前に岡田監督を批判したサポーター達がベスト16になった時に言った『岡ちゃん、ごめんね』や、バンクーバーオリンピックで4位となり惜しくもメダルを逃した上村愛子選手の『なんで一段一段なんだろう』っていうのが個人的には好きです(^.^)

言葉のインパクトがあるのはやっぱり事業仕分けで仕分け人の蓮舫議員が発した『2位じゃダメなんですか』っていうのが一番で、『ととのいました!』っていうのも流行語としては面白いと思いますし、個人的には『食べるラー油』にはまりつつあります^_^;

さて皆さんも予想してみてはいかがでしょうか?発表は来月1日だそうですよ。私はちなみに『33人の奇跡』が流行語としてはちょっと?な部分もありますが、今年の一番強烈な話題だったので、これにしようと思います。

私個人としては、『イクメン』になれたらいいな〜と思いつつも、忘年会ではきっと『AKB48』になっているのだと思いますが(^_^;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 21:09| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

『仲間』

ついに11月の突入ですね。一年は本当に早く、今年ももう残すところ2ヶ月を切ってしまいました^_^;

今月初めてのブログ更新となりましたが、先日のドラフト会議で、あの『ハンカチ王子』こと斉藤佑樹選手が、我らが北海道日本ハムファイターズに1位指名されました(^^)v

駒大苫小牧と早稲田実業の伝説の再試合。田中将大との壮絶な投げ合いを本当に今でも鮮明に覚えています。その当時は勿論田中投手を応援していましたが、もしも斉藤選手が日ハムに入団し、楽天で田中投手との対戦があったのなら・・・・やはりマー君より王子を応援してしまうと思う私はミーハーですね^_^;

プロではどれほど活躍できるかは、まだ未知数の部分も多いとは思いますが、早稲田の100代主将を務め、50年ぶりの慶応との優勝決定戦を制し、彼は記録にも記憶にも残る選手になるだけの何かを持っていると思えてなりません。そして大学生とは思えない、優勝後のコメント。本当に素晴らしいと思います。


「斉藤は何か持っているとよく言われていたが、今日『何を持っているのか』を確信しました・・・それは『仲間』です。応援してくれている仲間が居て、慶応という素晴らしいライバルが居て、ここまで成長できたと思います」





一昨日に職場の後輩の結婚式があり、久しぶりに再開した元同僚達と思い出話に花を咲かせました。一人の後輩が「吉田コーチと働いてきた時間は本当に今でも役立っていますよ」と言ってくれました。これって結構嬉しいものです。

また、1ヶ月前に移籍をしてきた選手達が先日の大会でベスト記録を出してくれて、指導をしている私も一安心だったのですが、そこには練習に集中できる環境を作ってくれた他の選手達のサポートが非常に大きいのだと思っています。


仲間と築きあげる信頼関係というのは、生涯自分の財産に成りえます。一度きりの人生です。色々な人に出会い、時には喧嘩もするかもしれませんが、沢山の仲間を作り、時間を共有することの大切を、斉藤投手のコメントに身をもって教わったように思います。

斉藤投手も日ハムで新たな仲間と共に素晴らしい活躍をしてくれる事を期待しています。そしてもしも結果がすぐに出なくても、今後の成長をきっと温かく見守ってくれる北海道のファンの方達が一番の仲間になってくれるでしょう。


明日は、これまた職場の後輩の送別会があります。職場のスタッフと一緒に『お酒』という仲間と共に長〜い時間を過ごそうと思います"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 00:12| 北海道 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。