2010年12月31日

『無茶=無知』

おはようございます!

今日でいよいよ2010年も終了ですね。ナショナル合宿が終わってからは、残っていた仕事の整理に日々追われ、結局営業最終日まで時間を費やしてしまいました^_^;

実はナショナル合宿最中に、私は選手達と一緒にドライランド(陸上トレーニング)にトライし、ちょっとした若作りを心がけていたのですが、多分その際、肋骨(通称あばら骨)にヒビを入れてしまいました(;一_一)

合宿中はそんなに痛みも無かったので、戻ってきてからも普通にプールで指導もし、選手の指導の際には大きな掛け声も出していたのですが、日に日に痛みが増してきて・・

気になったので病院で診察を受けに行くと、年末だからなのか3時間待ち\(◎o◎)/!

レントゲンには骨に一本の線がくっきりと映し出され、


先生「一体なにやったの?」

私 「選手と一緒に陸トレを・・」

先生「どんな事やったの?」

私 「床でジャンプとか・・」

先生「・・・まあ無理はしないで下さい」


こんな会話が続き、痛みが取れるまで2週間はかかるそうで、湿布とサポーターと飲み薬が出ると言われた際、私が最後に聞いたのは

私 「プールで声を張り上げたりするのですが、大丈夫ですか?」

先生「・・・まあ無理はしないで下さい」

私 「あっ!あと年末なのでお酒は飲みます!いいですよね!」

先生「・・・・まあ無理はしないで下さい(-_-)」



こんな感じのやりとりで終わりました^_^;


『無茶というのは無知から出るものだったりする。知らないのにやってしまうのが無茶。
ということはつまり、無茶しないで済むようになるためには、いろいろなことを知ることだと思う。
知れば知るほど、無茶をする可能性は少なくなる。』 鈴木亜久里(元F1ドライバー)


自分の年齢を知らなくてはいけないですね^^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育




posted by 日刊吉田 at 09:37| 北海道 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

『本質』

ナショナル合宿も残すところ後1日となってしまいました(T_T)

毎日ブログ更新を目指していましたが、なかなかそう上手くはいきませんでしたが、皆さんの日々のクリックのお陰で、当初は5位くらいだったランキングが1位になっていたのには思っていた以上で驚きました!ありがとうございます<(_ _)>

さて、合宿中のデイリーミーティングの中で10分程度の時間を利用し、合宿に参加したコーチから選手に対して話をする時間を設けてあり、一昨日は私が担当でした。

私が話をしたテーマは、

『明日もしも競泳選手として水泳ができなくなったら・・・』

でした。


もしその状況になったらどう思う?と質問をしたら、

「とても悲しい」
「辛い」

と言う選手の返答がありました。


また、何人かの選手に自分がこの状況になるとしたら?と質問をしたら、


「怪我や故障をしてしまい水泳ができなくなる」
「家庭の事情で水泳が続けられなくなる。」

と回答してくれました。


私の指導歴の中で出会った一人の選手を例に挙げ話をしました。

北海道の選手は例えばJOに出場する為には、飛行機代を含む交通費が往復約50,000円、宿泊が1泊10,000円で4日宿泊なら40,000円、その他の雑費を含むと合計約10万円の遠征代が発生します。つまり北海道だけではなく地方の選手というのは、全国大会に出場するのには、並々ならぬ気持ちを持って参加しているのです。

これが兄弟なら約20万の参加料が半年に1回必要となる為、家計としては非常に大きな出費となるわけです。

その選手は、小学2年生で選手クラスに上がり、私が出会った中で一番才能があったと言っても過言でない位のセンスがあり、本当に将来が楽しみな選手でした。しかしある時、経済的理由で水泳を続ける事ができなくなってしまい、お母さんから水泳を辞めることになったと伝えられました。

コーチとしては非常に辛い部分もあるのですが、こればかりはどうしようもありません。その選手が辞めるときに、泣きながら抱きついてきたのを今でも忘れられません。



合宿の期間、選手の疲労も精神的な緊張感もピークにありつつあったのを感じたので、原点に戻るというか、本質の部分を考えてくれたらいいな〜と思いこの話をしました。選手達が、自分自身の頑張りが無くては勿論あり得ないのですが、水泳ができる環境下に自分が置かれているからこそ、このナショナル合宿にも参加できていて、それがいかに有り難いことなのかを理解して欲しかった訳です。

ですから怪我をしないように自分自身でストレッチをする事、支えてくれる家族の方に感謝する事、練習で全力を尽くす事・・・・水泳が続けたかったら、あたり前に実行すべき事だと思うんです。


『今の時間を大事にできない人は、未来の時間もきっと大事にはできない。
ここで自分らしく生きることができない人には、次なる道は開けない。』平尾誠二(元ラグビー日本代表監督)



栄養学で食事の摂り方についての講習がありましたが、私としては、毎日お母さんが真心込めて作ってくれる食事をしっかり食べてからこそだと思いますし、その食事がどれだけ栄養価が高いかを認識しなくてはならないと思います。

選手もコーチ達も、この本質であるテーマについてとても真剣に考えてくれていて、日本代表にもなっているある選手からは【とてもいい話でした(^_^)】と言われました。

いよいよあと1回の練習で終了です。ちょっと長くなりましたが、今日はこのへんでおやすみなさい"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 02:29| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

『不立文字』

合宿も前半が終了し、昨日は午前中に体力測定と栄養講習があっただけで、午後は完全OFF日でした(^_^)

私は溜まっていた仕事の整理と、溜まった衣類の洗濯で時間を費やしてしまいました"^_^"

選手達はハードな練習を繰り返す中で、日に日にその練習内容に適応していっています。私も毎日5時40分起床の毎日に適応しつつありますが"^_^"


今日のタイトルである『不立文字(ふりゅうもんじ)』とは、文字を用いずに教えを授けること。悟りは言葉で書けるものではないから、言葉や文字にとらわれてはいけない、言葉によらず心で悟るべきだという禅宗の考え方を意味しています。

つまり、何かを教える時には、最後の最後では言葉や文字を越えて体験させる事が重要であると解釈できると思います。


私もブログを通じ、文字を媒体として情報伝達していますが、『百聞は一見に如かず』というように例えば毎日見える富士山の綺麗な景色を何とか伝えたいと思っていても、やはり一度その景色を直接見たほうが、はるかに心に響かせる事ができると思います。勿論私の文章力が長けていれば別ですが"^_^"

私がこの合宿に来ている期間、所属で練習に励んでいる選手達が居るわけで、私はその選手達を残して今こうして合宿に来ているのには、ナショナル合宿の凄さや素晴らしさを文字や文章だけでなく、実際に参加した体験として戻った後に直に伝える事ができる大きなメリットが生じるからです。

私自身が経験を積むことで、伝わる度合いは格段に上がると思います。だからこそ、本当にこの体験をまず第一に、私が居ない間も練習を頑張ってくれた所属の選手に伝えたいと考えています。


体験をする事の素晴らしさを感じながら残りの期間も頑張ろうと思います。最後は松ちゃんのこの言葉で。


『それがあったからこそ、いまがある』 松本一志(芸人)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育














posted by 日刊吉田 at 22:04| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

『挨拶の大切さ』

合宿も今日で3日目。朝夕2回のハードなトレーニングを前向きに練習する選手達の姿勢に、【さすがトップレベルの選手だな〜】とただただ感心するばかりです(^_^)

どの位ハードかと言うと・・・例えば、

  100m×30t on 1:20
  100m×20t on 1:15
  100m×10t on 1:10

と100mを60回、つまり6000mを短いインターバルで泳いだり、

  50m×16t on 0:50 speed
  50m×16t on 1:00 speed
  50m×16t on 1:10 speed

と2400mを全てハードで泳いだり・・・・(;一_一)

このブログを見ている方には選手の人もいると思いますが、きっとこれを見たらチョット驚くと思います(^_^;)

日本水泳連盟のホームページに練習メニューをアップする予定だそうなので、今度チェックしてみるのもいいかも知れませんね。

その合宿のミーティングで、コーチの一人の方がトップ選手として、周りの人達に応援される人間になる必要性があるという事について話をしていたのですが、その中で大切な事は『挨拶』であると言っていました。


『あ』〜明るく
『い』〜いつでも
『さ』〜先に
『つ』〜続ける



今回はこのスローガンをテーマに合宿を過ごそうという事になり、選手達は毎日実践しています。


『挨拶といっても、黙礼だけの挨拶では意味がない。ちゃんと顔を上げて、声を出すことが肝心なのだ。』 小出義雄(マラソン指導者)


私達人間は一人では生きていけません。社会の中で人との関わり合いの中でお互いに助け合い、支えあい、励ましあいの大切さを感じながら生活をしていきます。その中で時には周囲を傷つけたりすることがあっても、普段から気持ちのいい挨拶さえきちんとできていたら、大概の人間関係は円満にいくと思うのです。

小出監督が伝えたい事はつまり、挨拶というのは相手に対して心が伝われなければいけないという事なのでしょう。


昨日のブログの観閲数はなんと700を越えていました\(◎o◎)/本当に嬉しいばかりです(^_^)やっぱりこうやって私の記事を読んでくれる人が沢山居てくれると、記事を書くのも楽しい訳です(^.^)

あっもう1時30分を過ぎました・・・あと5時間後には起床です"^_^"しっかりと挨拶をして寝ようと思います。


「おやすみなさい(-_-)zzz」


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育






posted by 日刊吉田 at 01:33| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

『ゆとり』

皆様本当にお久しぶりです(^。^)

12月に入り、大会、記録会、忘年会・・・『会』のイベントが目白押しで、その準備に追われ、日々ただただ忙しくしておりました(^_^;)

一番忙しかったのは、忘年会の余興で踊る『AKB48』を習得することでしたが^_^;

忘年会の次の日は朝から登別で大会があった為に、忘年会ではお酒をほんのわずかしか飲めなかったので、ちょっと物足りなかったのですが、踊りのキレは抜群だったと思います(?_?)

さて仕事が一段落した私は、実は昨日から『日本水泳連盟オリンピック準強化(ナショナル)合宿』にコーチとして静岡入りしているのです(^^)v

今年で私は2回目の参加となり、昨年は鈴鹿で行なわれたのですが、今年は男子と女子で分かれて開催され、女子が鈴鹿、男子が富士山の麓^_^;で8泊9日の合宿をします。

今は2日目の午前練習が終わり、午後練までの休憩時間ですが、これをチャンスとばかりにブログを更新している訳です(^。^)

『階段に踊り場があるように、人生にゆとりを持て。そして自分をよく見つめ直す事が大切だ。』 本明寛(心理学者)


『忘』と『忙』という字はどちらも『心+亡』で構成されています。本当に忙しい時というのは、自分を忘れてしまうような感覚を抱かされます。何かを判断するとき、方向性を定めるとき・・・人は心にゆとりが無いと、時に誤った判断をすることがあると思います。

こじつけっぽい感もありますが、水泳のフォームなんかもそうだと思います。ゆとりを持ったフォームで泳いでいる時ほど、フォームの修正点や水を捕らえる感覚が分かりやすく、反対に焦ったゆとりの無い泳ぎは、何を修正し、どう改善すべきかを分からないままになってしまうのと同様だと思います。


私はこのブログを綴ることで、自己分析を兼ねた『ゆとり』の時間を作っているように思います。ブログを更新できる時は、比較的自分自身にもその他の出来事についても客観的に見つめることができます。

ですから今日までのブログを更新できずに居た日々を今からじっくりと振り返りながら、できるだけ今回の合宿期間中、『毎日更新』を目指して頑張りますので、ちょっと期待していて下さい!・・・でも更新していなくても、皆様もゆとりを忘れずに温かく見守って下さいね"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 13:43| 北海道 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

『意見交換』

札幌は今日は雨と風で一日が終わりました"^_^"

そんな札幌では来春には市長選挙が行なわれます。自民党が本間奈々氏を擁立し立候補を表明し、現市長の上田文雄氏が3選出馬を固めたそうです。

なんでこんな話をするかと言うと、『ふらっとホーム〜市民と市長の2時間談議〜』という市長と市民との座談会が先月にあり、なんと区民代表として私が参加してきたからなのです。

これは現市長の上田氏が、各区の住民の人とテーマを決めてじっくりと意見を聞き、市政に生かしていこうという試みから始まったもので、毎年各区で開催されているそうです。

無作為で市民アンケート対象者として選ばれた1万人の中からアンケートの意見を参考にして各区10名を選考するそうで、なんで私が選ばれたかというと・・・・・・『たまたま』です^_^;

ただ、市長との対話のテーマが『子どもを生み育てやすく、健やかにはぐくむ街』』と『高齢者・障がい者へのぬくもりあふれる街』で、私はアンケートに水泳を通じて子供から高齢者まで様々な年代の方と関わっているという事を書いたので、選考対象になったのかも知れません。


座談会に参加し、市長さんが市民の方の沢山の意見を真剣に聴き、内容についてはまた別の機会にでもお話しようと思いますが、みんなの提案をその都度深く考えている姿がとても印象的でした。


『意』  「音+心」 心中に考えめぐらし、おもいを胸中に含んで外に出さないことを示す。


つまり、心の中で考えていただけでは『意』のままで、それが周囲に見えたときに初めて『意見』となる訳です。何もなければ意見も出ませんが、こういう機会を設ける事で、今まで見えなかった内容をより多く引き出すことができ、多くの意見が多くの考え方を生むと思います。


『新しい発想を得ようと思うなら、まず誰かに話を聞くこと。』 本田宗一郎(本田技研工業創業者)


『経営に教科書は要らない。大切なのは人々の意見に耳を傾け、問題を見つけ出すこと。』 カルロス・ゴーン(日産自動車・ルノー最高経営責任者)


優れた経営者は、様々な意見を聞く事で新たな展望や解決の糸口を探しだし、最終的には自分で判断するのでしょうが、他人の意見の重要性を人一倍理解しているのだと思います。


来春は上田市長は再選できるかは私には判りませんが、市長が変わっても市民の声を拾い上げる機会は今後も続いていって欲しいものです。


『意味』『意外』『意中』『注意』・・・『意』の付く熟語は結構ありますが、語源を知ると内容がより深く理解できますよね。ちなみに私は最近飲みすぎなのか、食べすぎなのか、口の中にも周りにもできものができ『胃』が荒れているようです"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。