2011年07月22日

『積み木』

この前の月曜日は海の日で祝日でしたが、久しぶりのドライブで小樽に行きました(^_^)

女子サッカーW杯を見て、そのまま朝練に向かったので睡眠不足もあったのですが、道路沿いから垣間見れる海が心を和ませてくれました。

小樽に到着後、子供向けの木のおもちゃを販売しているお店があるとのことで早速立ち寄りました。小さなお店でしたが、国内外様々な木の温もりあるおもちゃが所狭しと陳列されており、2階にはカフェスペースと木のおもちゃで実際に遊べるキッズスペースがありました。

キッズスペースは30分は無料とのことだったので、自然溢れるおもちゃでくらら以上に楽しんでいる自分が居て、あっという間に時間がきてしまいました^_^;

他にも何人かのお子さん達が遊んでいて、ある男の子が積み木を積み上げては崩し、また積み上げては崩して遊んでいました。この『積み上げては崩す』という作業は指導においても非常に重要だと私は考えていて、ここからは指導論の備忘録とする意味も込め、ちょっと深く長くなってしまいますがどうぞご了承下さい<(_ _)>

私はコーチとして必要な事は、『積み上げ』と『再構築』の2点だと考えています。そのスパンが小学生低学年であれば1ヶ月単位、小学生高学年では3ヶ月単位、中学生では6ヶ月単位、高校生では1年単位・・・選手のピークサイクルをこのように考えています。オリンピックを狙っているシニア年代の人達は2年単位だったりひょっとしたら4年単位なのかも知れません。

選手達が小さい頃は泳げばベストを出していき、その頻度と度合が年を追う毎に減っていく訳ですが、これは全員が通る道であり、積み木で例えると、積み上げる積み木が2個だったら時間が掛かりませんが成長と共に積み上げる積み木の数が20個になり30個になっていくようなことだと思います。

積み木を積み上げていくと、【あれっちょっとこれ以上はヤバイかも】みたいな感じでひずみや傾きが出たり、更に積み上げていけば今度は土台が安定していないと高さに限界がきてしまいます。

子供も大人も、何ごとも努力は必要です。ですが努力や頑張りは限界があります。これ以上頑張れなくなった時、更に『頑張れ』という積み木を載せてしまっては耐え切れず崩れてしまいます。


つまり育成とは、心も身体もただ積み上げ続けるのではなく、ある程度の高さになったら一度崩して土台を大きくしたり崩れそうな部分を修正したりという作業をし、再度積み上げることが大切なのだと指導をしていて実感しています。

『常にベスト記録を更新する』→『このタイミングでベストを更新する』

成長の段階で、選手自身もコーチ自身もこういう観点にシフトする必要が出てきます。

先日のインターハイ予選で、私が指導している選手がベスト記録を更新し、しかもそれが北海道高校記録を樹立し、インターハイでも上位にランキングされる記録で泳いでくれました。それに要した時間は1年でした。

私は小さい頃、砂場で大きな山を作った時、きれいに作る喜びと同じ位に一気に壊すことにも楽しさを感じていました。時間をかけて丁寧に作った山を跡形もなく崩してしまう・・一瞬寂しさもあるのかも知れませんが、一度作った山はまた作れるという自信があるからこその行動なのかも知れません。


『積み上げたものぶっ壊して 身につけたもの取っ払って幾重に重なり合う描いた夢への放物線』

これはスキマスイッチの『全力少年』の歌詞にあるワンフレーズです。積み上げては崩し、進んでは戻り、前後上下にしているように見えても、描いている方向に目線を変えたりさえしなければいいってことなのだと思います。

ナショナル合宿で知り合いになったコーチから「吉田コーチは夏には必ず選手を仕上げてきますね。」と言われたことがありますが、きっと私自身の指導ピークサイクルも8月を頂点にするようにしているのでしょう。さあ、もうこれからは積み上げていくだけです。しっかりとした新たな土台の上であと何個の積み木を重ねてくれるのか、私にとってはもう期待感しかありません。

ちなみに最近、ちょっと痩せてきていますが8月をピークにして体重をこれ以上積み上げないように努力をしたいと思います^_^;

最後は水前寺清子さんが歌うこの歌詞で締めたいと思います。


『幸せは歩いてこない だから歩いて行くんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで二歩さがる』 365歩のマーチより抜粋



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育




posted by 日刊吉田 at 11:22| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

『この時の為に』

女子W杯で日本代表が見事優勝をしてくれました〜!!\(^o^)/!!

準決勝では相手の失点シーンしか見れなかったので(;一_一)今回はその教訓を活かし、早めに就寝し朝3:30からPKが終わる最後までしっかりとテレビの前でワクワクハラハラしておりました"^_^"

延長後半の澤選手のあのヒールキックは本当に『ビューティフル』としか形容できません。冷静でかつ大胆というのはあのようなプレーの事を言うのではないでしょうか。

備忘録としてハイライトを貼り付けておこうと思います(^_^)



今日のタイトルは私にとっても永遠のテーマです。選手育成をしていると、本当に毎回がプレッシャーの連続です。それは選手に対してでもあり、応援してくれている保護者の方であったり、会社を空けた時にサポートをしてくれているスタッフにであったり・・・

澤選手は「想像もできなかったし、実感がない。みんながあきらめなかった結果です。ここまでの道のりは長かった。若い力が育っていることも頼もしく感じる。」と別のインタビューで語っていましたが、ワールドカップ5回目の出場、日本女子サッカー30年の歴史のうち17年間もの時間を費やしてきた彼女が掴んだ【この時の為に】という実感をこれからゆっくりと噛み締めていくのでしょう。



『この銀メダルは結果だけに対してさずけられたわけではなく、むしろ、20年間、暗中模索しながら、あきらめることなく、ひるむことなく、努力を続けて歩んでこられた、そのプロセスに対して、いただいたもののような気がするのです。』山本博(アテネオリンピック・アーチェリー男子個人銀メダリスト)


スポーツに限ったことではなく、人にはそれぞれの【この時の為に】を抱いていると思います。失敗もあるでしょうし、人からは無謀だといわれる事もあるかも知れません。ですがこうやって思いを結実させた事例を目の当たりにすると、最終的には『あきらめなければチャンスあり』ってことなのだとつくづく感じさせられました。

私がは不安な時こそ【できる・大丈夫・絶対あきらめない】って自己暗示をほぼ毎日のようにかけるようにしています。それを繰り返すと本当に【できるかも】と自信が生まれるから不思議なものです。(私が単に単純なだけなのかも知れませんが"^_^")

なでしこジャパンの勝利の余韻に浸りつつ、今日は久しぶりにビールを飲んでいますが、一口のんだ瞬間に【この時の為に頑張っているな〜】と実感させられるのでした(^_^;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育








posted by 日刊吉田 at 22:39| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

『確認』

いや〜女子W杯、なでしこジャパン見事決勝進出を決めましたが、本当に素晴らしい結果だと思います(^_^)ちなみに私は目覚ましをかけてテレビをつけたのにも関わらず、相手の1点目の記憶しか残っていません"^_^"

朝起きて、3-1で勝利したのをニュースで見た時は、何とも複雑な心境でした(;一_一)

実は昨日は選手からレースのDVDを預かり、レース分析をしていました。フォームの確認、スタート・ターンの確認、ストローク数やテンポの確認・・・・たった1レースを繰り返し繰り返しチェックをしました。

気づいた時には、1時間以上も時間を費やしていました(^_^;)

『まず悪い点を確認する。次になぜ、そうなっているか考える。さらに原因がわかったらすぐに直す。最後に直したら本当に直っているか、もう一度自分の眼で確認する。』  張富士夫(トヨタ自動車会長)

水泳指導では『これが絶対』という答えは無いと思っています。それが水泳の奥深さであり、またコーチの楽しさでもあります。

【これでいいのだろうか・・】

確かにそういう不安にかられる時もあるのは事実であり、だからこそ確認作業の徹底は非常に重要だと思っています。

そして重要なことは『自分の眼を信じて確認をする』ということだと思います。周囲に流されずに自分自身で考えた結果が大会でシビアに判定されてしまいます。ですので成功しても失敗したとしても後悔だけはしないように自分の眼で確認することが非常に大切になってくると思います。

さあいよいよ明後日はインターハイの予選会(^_^)です。選手達は決して後悔しない、いいレースをしてくれる事に期待し、今日は寝ようと思います。

ちなみに、寝る前にしっかりと『体重』を確認しておきます^_^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育








posted by 日刊吉田 at 23:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

『失敗の向こうに』

昨日、一昨日と全国JOの予選会が開催されました(^_^)

全国どこでもこの時期は毎週のように大会が続く為、ジュニアを指導しているコーチ達は非常に神経をすり減らす日々を過ごす事となります。(それと比例して体重が減りはしませんが"^_^")

ここ最近の傾向としてJOの標準記録が非常に高くなっていて、種目によっては日本選手権よりも高かったり、全国大会の決勝ラインとほぼ同じ位のタイムが標準記録として設定されていて、本当にJOがレベルの高いものとなっているように思います。

JOにはタイムトライアルというのがあり、予選会で全国標準にあと一歩届かなかった選手達を対象に、もう一度チャンスを与えるいわゆるチャレンジレースがあります。これがまた非常に盛り上がります(^^♪

当スクールからも昨日は3名の選手がタイムトライアルに出場し、2名の選手がJO標準を突破してくれました(^^)vあと1名は高校生男子で50mは今期最後のチャンスだったのですが0.14秒届かず、私が声をかけると顔を両手で覆い立ち尽くしていました。

私は選手が強くなる為にはこういう悔しい経験や失敗をするべきだと思います。時には記録が伸びずに葛藤する辛い時期も必要だと思います。失敗をせずに成功を収めた人なんてこの世にはいません。ちなみに今回のトライアルで標準を突破した選手は昨年夏・今年の春と2回もチャレンジして切れずにいて、今回3回目のチャレンジでようやく標準突破をしました。

記録が速い選手は沢山います。ですが最終的に最後に残るのは強い選手であり、それは悔しさや辛さを乗り越えた回数に比例するのだと思います。ですから私はこういう挫折や失敗を経験した選手のその後の行動や言動に非常に興味があり、【さあ、この逆境をどう乗り越えてくれるのかな?】という期待が出てきます。

何か映像で伝えられるものがないか色々調べたら、you tubeに素晴らしいのがあったのでアップしておきます。





この中の最後のチャーチルのこの言葉、心に残ります。

『成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである。』ウィンストン・チャーチル(イギリス元首相、ノーベル文学賞受賞)

風は常に追い風が吹くわけがありません。風が吹かない時もあるでしょうし、自分が向きを変えてあえて風に向かう時もあるでしょう。その経験を積みながら成功する為の具体的な向きと具体的な歩み方を学んでいるのだと思うのです。

0.1秒の辛さを経験をした選手やまた記録が伸び悩み、試行錯誤を繰り返している生徒も沢山居るでしょう。でもその経験を積んだ人が0.1秒記録が上がった時に感じる想いというのは本当に深いものがあるのでしょう。

さあ今週はインターハイ予選。私が今年第1ピークとして考えいてる大一番です。どんな結果になろうとも、成功目指して頑張るのみですね(^。^)

最後は、同じチャーチルのこの言葉で。


『屈服してはならぬ。
負けてはならぬ。
譲ってはならぬ。』



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育




posted by 日刊吉田 at 21:04| 北海道 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

『知行合一』

昨日は七夕でしたね。北海道では新暦に変わった時に旧暦7月7日である8月7日を七夕としている地域もあり、テレビ等のメディアでは7月7日も8月7日も七夕として扱っているので、不思議な事に北海道では七夕を1年に2回も楽しめるという現象が起こります"^_^"

七夕の由来については昨年の7月7日に『星に願いを』に書いてあるので、一度ご覧下さいね(^_^)

それはさておき、私が担当しているマスターズクラスで、6月位からプルを大きく泳げるようにするメニューを多く組み入れてきました。約1ヶ月が経過しFRの泳ぎが良くなってきたので今月はBAでも実施してみた所、何人かの生徒さんから

「わースゴイ、今までより泳ぎやすい(^^♪」

「楽に泳げるようになった(^_^)」

「リズムが取りやすくなった(^。^)」

という嬉しい反応がありました。

練習内容は勿論秘密です"^_^"・・・と言ってもドリルとしては良く実施するメニューなのですが、1ヶ月前からのFRでしっかりと下準備をした事が理解を深めた要因なのは間違いないと思います。ちょっと長いスパンでの練習計画で取り組む事で体得できる好事例だと感じました。


『知行合一』とは中国の明の時代に王陽明が唱えた需学の思想で知(知識)と行(行動)は合一(合致)していなければならないと言う考えによるものだそうです。知っていても行動が伴わなくては本当に知ったとは言えないということです。

私の解釈としては『実行に移すことで得られる知識だってある』という事で、正直に言うと行動を起こすことで更に知識を深めた経験も多々ありました。つまり『迷ったら行動あるのみ』という訳です(^^♪

私が作成した練習メニューに対し1人ではなく多人数が練習を実施します。結果、それが『はまる』場合もありますし逆に『?』を増やす場合だってあります。これを例えば10人が10人絶対に理解できるメニューでなくては実施できないのであれば、メニュー作成の段階で行き詰ってしまいます"^_^"

つまり体得できない人も勿論居ると言う前提の中、とにかくそれでも実践し、体得できる人の割合を少しづつ増やしていくという作業を長いスパンで実施していくというのが私の指導パターンなのかも知れません。



『「知る」とは、単に知識によって理解するのではなく、体得してはじめて知ったことになる。』 松下幸之助(松下電器産業創業者)



やはり必要なのは行動力。サマージャンボを買うかどうか迷っていた私ですが、このブログを書きながら購買する事を決意しました<`〜´>・・・・(決意ってほどの事でもありませんが"^_^")



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育











posted by 日刊吉田 at 08:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

『立志』

おはようございます(^_^)

今日は久しぶりの休日なので、いつもより早起きをしてみたのですが、北海道の天気は私の休みに合わせるかのように久しぶりの大雨です・・・・(^_^;)

先月6月30日は私の38歳の誕生で、本当に沢山の方からオメデトウメールが届きました(^_^)返信をまだできていない人も居るのですが、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました<(_ _)>

しかし、私もいわゆる『アラフォー』という年代に入りましたが、年相応以上の沢山の経験を積みながらこれからも頑張っていこうと7月を迎えました(^_^)・・・あっ、ちなみに外見と気持ちだけは年相応以下を目指しておりますが"^_^"

それはさておき昨日までの2日間、北海道選手権が開催されました。国体の予選会を兼ね、また北海道1位を決める大会でもあるので、私も選手も気合を入れてこの大会に挑みました。

8月のメインに向けて4月、5月、6月と準備を重ねた成果をどのように発揮してくれるのか、本当に7月は重要な月だと考えていて、そういった意味で全体的に非常に順調に記録を上げてきていると思います。

狙い通りに記録を上げた選手も居ましたし、思ったほどの成果が出なかった選手も居ましたが、その一人ひとりと話をしたのですが、自分なりにしっかりとその反省が出来ていたので、今週も来週も今月末も全国大会の予選会が続きますが、本当に楽しみになってきて今からワクワクしてきます。

『立志』 志を立てること。将来の目的を定めて、これを成し遂げようとすること。

最初にも書きましたが、この大会は国体選考も兼ねていて、当チームには国体出場を目指し、この大会のみに懸けていた成年女子の選手が居ます。この選手は、小学生・中学生とJOや全国中学でとても華やかしい成績を出し、海外遠征や日本選手権なども早い段階から経験し、将来有望株の一人でした。

高校は北海道を離れ練習に励んできたのですが、故障などもあり思うような成績を上げることができませんでした。そして今年の3月彼女の高校競泳人生は、『震災の為JO中止』という幕切れとなってしまいました。

北海道の専門学校に進学を決めたので、卒業後は当チームで練習を再開し、彼女の練習を見てきたのですが、彼女の【国体に出たい!】という強い志を感じてきた4ヶ月だったように思います。その思いの強さを感じたので、練習メニューについても極力彼女の意向を最大限尊重するように努めてきました。


『何事によらず、志を立てて事を始めたら、少々うまくいかないとか、失敗したというようなことで簡単に諦めてしまってはいけないと思う。一度や二度の失敗でくじけたり諦めるというような心弱いことでは、ほんとうに物事を成し遂げていくことはできない。』 松下幸之助(松下電器産業創業者)


国体に選ばれて現役生活が伸びたとしても北海道で泳ぐのはこれが最後となるので、実は大会前に1通の手紙を書き私なりの思いを伝えました。(勿論内容はここには書けない位の『クサイ』内容でしたが"^_^")

その中にこんなフレーズを書きました。

「1コースに10人も入り波も激しいごちゃごちゃした練習環境の中、君は本当に前向きに練習をしてくれました。決していい練習環境ではなかったと思うけど、そのごちゃごちゃと一緒に泳いできたチームメイト全員が君を応援しています。君は決して一人じゃないんだぞ」


彼女の北海道最後のレース、ベスト記録に0.09秒及ばなかったのですが、見事優勝という結果で締め括ってくれました\(^o^)/

その日の夜にメールが来て、私やチームメイトへの感謝一杯の内容と、実は手紙を試合会場に持っていっていたという裏話が書いてありました(^_^)


選手として最終的に強さを発揮するのは強い志であり、強い決意であり、強い願いだと思います。例えば学生が進路を選ぶ事も同様でしょうし、就職先を選ぶのもそうでしょう。最後の最後は『自分がどうなりたいのか』という思いの勝負だと思います。私は選手と水泳を通じ、競泳を通じ、出会った生徒達へ、このことを学んで欲しいと常々思っています。

その中で失敗もあるでしょうし、不安や苛立ちもあるかも知れません。ですが何かの選択肢を迫られた時に、楽な方へ進んだり、また目標も持たずに選択したり、誰かの決断に流され、頼ったり・・そうではなく、時には苦しい道へ、志を強く、自分の意思で行動を取ってくれる人間になって欲しいと強く願っています。

そういった意味で、この成年女子の選手はとても大きな成長を遂げたと思っています。さあ、今月も忙しい毎日が続きますが、アラフォー魂炸裂で頑張りたいと思います。最後は金八先生のこのセリフで締めたいと思います。



『どんな状況の中でも、自分の頭で考え、自分から動き、活路を切り開いていける子を、今こそ育て上げる時代だとは思わないか?』




ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育






posted by 日刊吉田 at 09:05| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。