2009年11月27日

『夢叶うとき』

3日間のグループの全国大会が無事終了しました。非常にレベルの高い白熱としたレースの毎日で、1日が本当にあっという間に過ぎていきました(^.^)

予想以上の成果を出し驚いていた選手、狙った記録や順位に届かず悔しい思いをした選手。結果の良し悪しとは別に、『夢』に向かって一生懸命に戦っていたと思います。

そして、私自身この大会で大きな目標に掲げていたのは、中学生のメドレーリレーでの優勝でした。

私には持論があって、『ひとりだけが信じる夢は決して叶わない。』という事です。夢を持ったのなら、それを語り合える仲間が必要であり、支えてくれたり協力してくれる人が必要です。また自分と同じ位、必ず叶うと信じてくれる仲間が必要だと思っています。

ですから今年の春からリレーメンバーにも他のスタッフにも「リレーで優勝するぞ」と何度も何度も言い続け、きっと選手達には呪文を唱えられているかのような気持ちになったかも知れません(~_~;)

事実、春先では優勝の目標記録まで12秒以上もあり、半年で100m約3秒も一人ひとりが縮めなくてはいけませんから、【また吉田コーチ無謀な事言ってるよ】と最初は思われていたと思います"^_^"

しかし夢を語ると、不思議なことに実現へ向けての具体的な思考にシフトしていきます。私も全国のチームの選手のベスト記録を調べ、どのチームがライバルとなるのかを調べたりして優勝予想タイムを推測し、それが出るかの可能性をメンバーみんなで考えます。

それからの半年間、順調に個人の記録が上がり、9月頃には【ひょっとしていけるかも・・】だったのが、10月頃には【優勝できる!】に変化していました。リレーに出ない選手達や他のコーチ達も自然に応援してくれるようになっていました。

そしてレース当日。唯一ライバルとなりそうなチームは一つ前の組で泳ぎ、予想の記録よりも下回っていました。【いける!】そう確信し、レースに備える選手達の所へ駆け寄ると、「絶対に勝つ!」と強い返事をくれました。

背泳ぎ、平泳ぎと引継ぎ、バタフライの段階ではダントツの1位でした。最後の自由形の選手が更に他チームを引き離す圧倒的なレースを私は涙なしには見ることができませんでした。

電光掲示板に目をやると、大会記録には1秒及ばなかったのですが、北海道中学記録を5秒も更新する素晴らしい記録での優勝でした(^_^)v

表彰台のてっぺんから見える彼らの景色がどんなものだったのか、私には見ることはできませんが、応援してくれたチームの選手、保護者、協力してくれた他のスタッフみんなで叶えた夢である事に間違いありません。


『自分には、自分に与えられた道がある。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあれば、くだりもある。思案にあまる時もあろう。しかし、心を定め希望を持って歩むならば必ず道は開けてくる。深い喜びもそこから生まれてくる。』 松下幸之助(松下電工創業者)


自分が周りにできる事。きっと大きな事はできないと自負しています。ですが、もしも周りに夢を持つ人がいたときに、その夢を語り合い、信じてあげる事ができる人間にはなりたいと思います。そうする事で物事がプラスに進むような気がするのです。

帰りの飛行機の中では、景色も見ずにあっという間に夢の中でした"^_^"物事がプラスに進む事を願いつつも、起きたときにはマイナス1℃の札幌に到着していました(~_~;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 02:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうございますexclamation×2うちは個人種目の目標は中々実現出来ませんでしたが、リレーで表彰台に上がれたことは春に繋がると思います。
お互いに頑張りましょうわーい(嬉しい顔)次は余興の練習ですね(笑)
Posted by KENTA at 2009年11月27日 11:53
コメントありがとう!お互い余興の練習頑張りましょう^_^;
Posted by 『日刊吉田』 at 2009年11月27日 13:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134017264

この記事へのトラックバック
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。