2010年05月28日

『力添え』

おはようございます!・・・って元気にいきたいところでしたが、今週は体調不良で、夜になると咳が止まらず、睡眠も間々ならない毎日が続きました(-_-;)

一昨日くらいから咳も止まり始め、調子も上向いてきたので一安心です(^.^)

1週間ぶりの更新となりましたが、この間の土曜、日曜は選手の大会があり、私は競技役員として参加しました。

競技役員では『招集員』という担当にあたり、選手を組順に並べレースに送り出す仕事がメインで、招集の運営が機能しないと競技時間にも影響するので、結構重要な業務なのです。

「1組1コース○○さん・・2コース○○さん・・・」という感じて選手に点呼するのですが、あと5分でレースが始まるのにまだ集合していない選手が居たりしてダッシュで更衣室に呼びに行ったり、まだ女子のレースの招集なのに、何故か男の子が来て不思議顔をしていたり・・・経験が少ない選手も沢山いるので、円滑に競技を進めるには気力も体力も使うんです^^;

招集所に来る選手たちはそれぞれの想いを胸に集合し、待っている間の表情や仕草も本当に様々です。招集員は、これからまさにレースをするという選手たちと話をすることができるので私にとっては非常に好きなポジションです。


【全国大会に行きたい!】
【あの子には負けたくない】
【緊張する・・・】
【いい記録がでるだろうか・・】
【駄目かも知れない・・】


普段はコーチで大会に参加しているので、我がチームの選手のみに目がいきますが、招集員は参加する全ての選手に対して声がけすることができます。


招集所にきた一人の選手が「泳げるかな・・・」と聞いてきました。


違うチームの選手なのですが、聞くと初めて長水路(50m)プールで泳ぐ事に不安を抱えていて、「大丈夫!ターンも無いからスタートさえ失敗しなければ後は練習の泳ぎをするだけだから!」と言って送り出しました。


泳ぎ終えて、荷物を取りに来たその選手は「ありがとう!大丈夫だった!」と清々しい笑顔で戻っていってました(^.^)


『不安もプレッシャーもありますが、それをはねのけられるのは、納得できる練習しかないんです。』 谷亮子(女子柔道家)


『練習の成果を出す事』

これが選手にとって全てであり、コーチも保護者もそのサポート役な訳で、競技役員も少なからずその役割を負っているのだと感じます。


招集所でかけられた一言で、緊張が和らいだり、勇気が湧いたりする選手も沢山いるようで、私も「いいレース期待しているよ!」と沢山の選手を送り出しました。

普段の生活でも自分が誰かにかけた何気ない一言が、ひょっとしたら少なからずの『力添え』になっているかもしれません。反対に何気ない一言でやる気をなくしてしまうことだってあり得ます。だからこそ言葉は重要なんだということをこの2日間で実感しました。


さあ体調も良くなったので、今日の夜はビールでも飲んでのんびりしようと思います。つまみには何を添えようかを今から考えます"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 10:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151343356

この記事へのトラックバック
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。