2011年06月27日

『分かち合い』

おはようございます!猛烈の忙しさで、ブログ更新どころかブログのチェックすら間々ならない日々が続きました^_^;

昨日は北海道ブロックのコーチが一同に会し、コーチ研修会が実施されました。様々のタイプの選手の泳ぎをみんなでチェックしながら、泳法についてのディスカッションをし、泳ぎがどう良化されていくかを観察していくという勉強会を3ヶ月に1度の頻度で実施しています。

泳法というのはまさに生き物のようだと思います。ちょっとした変化で良くもなり、また悪くもなるので、練習中に


【あれ?昨日は出来ていたのに、今日は出来ない】

【先月はあまり感じなかったのに、最近なんか進むように感じる】


こういう感覚を感じる事はよくある事で、これを繰り返しながら練習を進めていきます。

ですから、コーチというのは一人ひとりの泳ぎを本当にしっかりとチェックする重要性を理解しなくてはいけないと常々感じています。ちょっとした一言やヒントやアドバイスが泳ぎの良化・悪化に繋がっていくので、水泳というのは本当に奥が深いということを勉強会の度に感じます。

私は選手クラスでもマスターズクラスでも、多くのドリルを入れたり、フォーム練習でテーマを持たせるようにメニュー作成には心がけています。泳ぎというのは正解があるわけではありませし、泳法は日進月歩進化していくわけです。つまり、なるべく多くのテーマを与え、同じ練習の中で自分が感じる【あっこれいいな】というものを取り入れ、【これを意識すると進まないな】と感じるものを排除していきながらフォーム作りをしてくれればいいと思っています。



『うばい合えば足らぬ 分け合えばあまる】 相田みつを



私の大好きな言葉のひとつですが、例えば何人かで食事に行って、一つの皿に盛り付けられた料理を食べる時、必ず最後に1つ残りますよね。これが早い者勝ちだといって奪いあうと絶対に人数分確保できないと思います。


ちなみに昨日の夜に軽く打ち上げをしたのですが、皿にあまった最後の一つは確実に私の胃袋に収まっていきましたが・・・^_^;



この相田みつをさんに言葉は


うばい合えば争い 分け合えば安らぎ
うばい合えば憎しみ 分け合えば喜び
うばい合えば不満 分け合えば感謝
うばい合えば戦争 分け合えば平和
うばい合えば地獄 分け合えば極楽


と続きます。

水泳では1コースの中で何人もの生徒が泳いでいます。泳速・泳力の違いがある中で、スピードを調節しながら本当に見事に練習を消化していきます。これは分かち合い精神そのもので、自分勝手に求めだしたら、最終的には一人1コースでしか練習できなくなってしまいます。

こういう集団練習の中で、自分のテーマを持ちつつ泳ぎの変化をチェックして、良化している部分をコーチと生徒が分かち合うということがひょっとしたら『本質』なのかも知れないと最近思うようになりました。

私に与えられた時間は1日24時間です。最近は確かに忙しい日々が続いていますが、時間の使い方を求めすぎていて、結局のところ足りなくなってしまっているのではないかと感じています。どんなに求めても24時間以上にはなりません。ですから分かち合い精神で、睡眠・仕事・家庭・ブログをなるべく分かち合うようにしようと考えた結果、『朝ブログ』というテーマを見つけ、今日がその1日目です(^.^)

明日以降はどうなるのか、皆さん私の変化を楽しみにブログチェックを宜しくお願いします"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育




posted by 日刊吉田 at 07:59| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212048185

この記事へのトラックバック
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。