2011年07月08日

『知行合一』

昨日は七夕でしたね。北海道では新暦に変わった時に旧暦7月7日である8月7日を七夕としている地域もあり、テレビ等のメディアでは7月7日も8月7日も七夕として扱っているので、不思議な事に北海道では七夕を1年に2回も楽しめるという現象が起こります"^_^"

七夕の由来については昨年の7月7日に『星に願いを』に書いてあるので、一度ご覧下さいね(^_^)

それはさておき、私が担当しているマスターズクラスで、6月位からプルを大きく泳げるようにするメニューを多く組み入れてきました。約1ヶ月が経過しFRの泳ぎが良くなってきたので今月はBAでも実施してみた所、何人かの生徒さんから

「わースゴイ、今までより泳ぎやすい(^^♪」

「楽に泳げるようになった(^_^)」

「リズムが取りやすくなった(^。^)」

という嬉しい反応がありました。

練習内容は勿論秘密です"^_^"・・・と言ってもドリルとしては良く実施するメニューなのですが、1ヶ月前からのFRでしっかりと下準備をした事が理解を深めた要因なのは間違いないと思います。ちょっと長いスパンでの練習計画で取り組む事で体得できる好事例だと感じました。


『知行合一』とは中国の明の時代に王陽明が唱えた需学の思想で知(知識)と行(行動)は合一(合致)していなければならないと言う考えによるものだそうです。知っていても行動が伴わなくては本当に知ったとは言えないということです。

私の解釈としては『実行に移すことで得られる知識だってある』という事で、正直に言うと行動を起こすことで更に知識を深めた経験も多々ありました。つまり『迷ったら行動あるのみ』という訳です(^^♪

私が作成した練習メニューに対し1人ではなく多人数が練習を実施します。結果、それが『はまる』場合もありますし逆に『?』を増やす場合だってあります。これを例えば10人が10人絶対に理解できるメニューでなくては実施できないのであれば、メニュー作成の段階で行き詰ってしまいます"^_^"

つまり体得できない人も勿論居ると言う前提の中、とにかくそれでも実践し、体得できる人の割合を少しづつ増やしていくという作業を長いスパンで実施していくというのが私の指導パターンなのかも知れません。



『「知る」とは、単に知識によって理解するのではなく、体得してはじめて知ったことになる。』 松下幸之助(松下電器産業創業者)



やはり必要なのは行動力。サマージャンボを買うかどうか迷っていた私ですが、このブログを書きながら購買する事を決意しました<`〜´>・・・・(決意ってほどの事でもありませんが"^_^")



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育











posted by 日刊吉田 at 08:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213814864

この記事へのトラックバック
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。