2011年07月18日

『この時の為に』

女子W杯で日本代表が見事優勝をしてくれました〜!!\(^o^)/!!

準決勝では相手の失点シーンしか見れなかったので(;一_一)今回はその教訓を活かし、早めに就寝し朝3:30からPKが終わる最後までしっかりとテレビの前でワクワクハラハラしておりました"^_^"

延長後半の澤選手のあのヒールキックは本当に『ビューティフル』としか形容できません。冷静でかつ大胆というのはあのようなプレーの事を言うのではないでしょうか。

備忘録としてハイライトを貼り付けておこうと思います(^_^)



今日のタイトルは私にとっても永遠のテーマです。選手育成をしていると、本当に毎回がプレッシャーの連続です。それは選手に対してでもあり、応援してくれている保護者の方であったり、会社を空けた時にサポートをしてくれているスタッフにであったり・・・

澤選手は「想像もできなかったし、実感がない。みんながあきらめなかった結果です。ここまでの道のりは長かった。若い力が育っていることも頼もしく感じる。」と別のインタビューで語っていましたが、ワールドカップ5回目の出場、日本女子サッカー30年の歴史のうち17年間もの時間を費やしてきた彼女が掴んだ【この時の為に】という実感をこれからゆっくりと噛み締めていくのでしょう。



『この銀メダルは結果だけに対してさずけられたわけではなく、むしろ、20年間、暗中模索しながら、あきらめることなく、ひるむことなく、努力を続けて歩んでこられた、そのプロセスに対して、いただいたもののような気がするのです。』山本博(アテネオリンピック・アーチェリー男子個人銀メダリスト)


スポーツに限ったことではなく、人にはそれぞれの【この時の為に】を抱いていると思います。失敗もあるでしょうし、人からは無謀だといわれる事もあるかも知れません。ですがこうやって思いを結実させた事例を目の当たりにすると、最終的には『あきらめなければチャンスあり』ってことなのだとつくづく感じさせられました。

私がは不安な時こそ【できる・大丈夫・絶対あきらめない】って自己暗示をほぼ毎日のようにかけるようにしています。それを繰り返すと本当に【できるかも】と自信が生まれるから不思議なものです。(私が単に単純なだけなのかも知れませんが"^_^")

なでしこジャパンの勝利の余韻に浸りつつ、今日は久しぶりにビールを飲んでいますが、一口のんだ瞬間に【この時の為に頑張っているな〜】と実感させられるのでした(^_^;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育








posted by 日刊吉田 at 22:39| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。