2011年10月31日

『1秒』

後期シーズンも始まり、今日は久しぶりの短水路での大会がありました(^^♪

研修会やら出張やらでなかなか選手の様子を見れなかった中での大会だったので、正直どんな記録が出るのかといつもよりもドキドキ感満載でした(^_^)

ベスト記録を更新できた選手が大部分でしたが、ベストには届かなかった選手も居ましたし、もっと記録が出てもいい選手も居ました。どちらにせよ、課題を見つけそれを克服できるようにまた一歩前へ進んでいくことが大事ですよね。

今日はその中でも、約1年ぶりにベストを更新した選手が居て、それが本当に嬉しかったです(^.^)

人には必ずスランプがあり、身体面、精神面、技術面・・・様々な要因があるのですが、この子の場合も本当に色々な事が重なって小学生の記録が中学でも更新できない日々が続いていました。スランプ時は選手もコーチも悪い面ばかりが眼についてしまうのですが、わたしは練習で見せるいい面のみを見るように心がけています。

【練習で見せるプラス面は必ずレースで現れる】

こう信じて練習をしていきます。結果その時間は長くなる場合もありますが記録として必ず反映されている経験が私をそうさせているのかも知れません。しかしそれを選手自身が同じように感じてくれなくてはならない為、この選手は本当によく辛抱してくれたな〜と感じてしまうのです。


ここ数年で感じることなのですが、私達は人生で1秒1秒の積み重ねを生きている訳で、私が今現在身を置いているのはその1秒、いや0.01秒を競うというスポーツの世界な訳で、また忙しい日々を過ごすと1秒という時間の重みを感じたり。なんか『時間』というものに対して特別の感情を抱くようになっています。



『人生に挑戦するのに、年齢なんて関係ない。そもそもこの世に時間などない。それは人間が勝手に作ったものだ。』 フランク・ミュラー(時計技師)


フランク・ミュラーと言えば、あまりにも有名なスイスの時計ですよね。時を計る機械を作る人が「この世に時間などない」と言い切ったこの名言は私にとっては非常に心を打たれました。だってコーチの立場から言ったら「水泳にタイムなんて関係ない!」って言っているようなものですものね。


私の勝手な解釈ですが、この言葉の意味は時間は重要だがそれに縛られ過ぎてはいけないってことだと思います。チャレンジすることに年齢的な制限をつけたり、失敗した過去を恐れて次へ進めないなど当ての無い『前』を見すぎたり、戻れない『後ろ』を振り返り過ぎたりして一番大切な『今』という大切な時間を無下にしてしまってはいけないんだと思うんです。


松尾芭蕉の『奥の細道』の有名な『月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。』という文章。つまり月日というのは永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人であるという意味で、『時間=旅人』であるという訳です。

ベストが出なかったりするとその現実のみにとらわれ過ぎて、次のチャンスを失ってしまう場合が多々あります。【もう一生記録がでないんじゃないか】とか【またベストがでなかったらどうしよう】【どうせ次もベスト出せない】という時間を過ごすのではなくて、今の現実を受け入れて日々の練習を取り組み続ける時間を優先することが重要であり、話を戻すと1年ぶりにベストが出た選手は結果的にかけがえの無い時間を過ごしたと思います。

このブログを読んでくれている人はきっと水泳関係者、つまり時間と関わりを持っている人達が主だと思います。1日、1分、1秒を大事に過ごし、しかしその時間に束縛されず場合によっては流れに任せてみる。この時間軸の考え方に共感してくれる人はきっと多いのではないでしょうか。

あ〜っ、夜中に文章を書くと長文になる傾向にあるのか書き始めてから2時間以上も経過しているではないですか(^_^;)時間を大切に使う為にも、早急に寝ることとします(-_-)zzz

最後はこの曲で。




『オワリはじまり』 かりゆし58


もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい  
親友と語り合ったかい 燃えるような恋をしたかい 
一生忘れないような出来事に出会えたかい 
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい

夕飯時 町 人いきれ 「ただいま」と「おかえり」の色 
せわしない木漏れ日  花びら「おはよう」と「さよなら」の音
ありふれた日々が君や僕の胸に積もって光る
今 動きはじめたものや  もう二度と動かないもの 
今 灯り出した光や  静かに消えていく光

この夜の向こうで新しい朝が世界に降り始めている
旅立ちの時はいつだって少し怖いけど 
これも希望のかたちだってちゃんと分かっている 
思い出に変わるのはきっと最後の最後さ 
笑って「さよなら」と言えたらいいな

またすぐ明日に変わる  忘れてしまっていないかい 
残された日々の短さ 過ぎ行く時の早さを 一生なんて一瞬さ 
命を燃やしているかい  かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい

もうすぐ今日が終わる もうすぐ今日が終わる 
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 03:20| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
常に生産性のある日々を。
ある漫画での言葉です。

ベストという結果が出るまでのみちのりも、かけがえのない時間だと思うと、楽しめそうに思います。
今というときを大事にしていきたいと、この記事を読んで思いました。

ありがとうございます!
また読みにきます(^^)
Posted by taku at 2011年10月31日 23:00
takuさん、コメントありがとうございます。

『常に生産性のある日々を』・・・素晴らしい言葉ですね(^^)

こういう事ができる選手やコーチにこそ『可能性』が訪れ、広がりを持たせるのだと思います。

これからもご愛読よろしくお願いいたします<(_ _)>
Posted by 日刊吉田 at 2011年11月01日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232878545

この記事へのトラックバック
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。