2012年02月07日

『存在価値』

Hello(^_^) my name is nikkanyoshida!
I write a blog after a long time(^_^;)

みなさんお久しぶりです。もはや『日刊』ではなく『月刊』となりつつありますが・・久しぶりの更新です(^^♪

先月17日に3週間の海外遠征から日本に無事に帰ってくる事ができました<(_ _)>その後は上級コーチの課題レポートの作成が残っていて、まるで締め切りに迫られた作家のように仕事の合間を縫ってパソコンに向かう日々を過ごしておりました^_^;

1月30日の締め切りギリギリまで掛かりましたが、こちらも無事に完成することができました。ただレポート、巷の情報によると1回での合格率がなんと驚きの30%\(◎o◎)/!一体どうなることやら乞うご期待ですね(^_^;)

遠征の話題は沢山あるのですが、一昨年にシンガポール遠征に行った時よりもはるかに私の英語力が上達していた事に自分自身驚きました。スピードラーニング様々ですね!


しかし戻ってきて一番感じた事は、みんなが無事にいつも通りに過ごしてくれていたことへの感謝です。普通、3週間も責任者が会社を空けるなんて不安や心配がつきものですが、私が何故できるかというとこの言葉に尽きるのです。



『リーダーというものは下に対して「俺を信頼せよ」と言うのではなく、自らが下を信頼すること。総てはそこから始まるのである。』 塚本幸一(ワコール創業者)


これは私が今の立場になった時に、期待も込めて色紙一枚に筆ペンで雑ではあるけど心を込めて書いたのを今でもはっきりと覚えています。

相手に100の信頼をされたいのであれば自分自身が100の信頼をできるかどうかにかかっているというのが私の持論です。

今のチームのスタッフや会員さん、選手や保護者の方々は正直不安等もあったと思います。ですが私は100の信頼を置いていたからこそ、こうやって3週間という長い期間もいつも通りに過ごしてくれていたのだと思います。

以前読んだ本の中に誰の言葉か忘れてしまったのですが、

『良きリーダーとは、前中後に生きることのできる人です。』

というフレーズがあり、私の目標とするリーダー論として心に残っています。


つまり、最初は集団の前に立ってみんなを引っ張っていき、自分の意思が浸透していく中で、段々とみんなの目線に立つようにし、そして最終的にはチームの後でみんなに仕え、縁の下の力持ちに徹するようにする。

私の考える理想ですが『存在価値』というのはどれだけ近くに居るのではなくて、どれだけその人の心の中に居るのかということだと思っているのです。

【こうやったらきっとコーチはこう思うだろうな】

みたいに、そこの存在しなくても意思が伝わることが私にとっての究極の存在価値だと思います。その為には、自分が近くで存在している時にどれだけの思いを伝えるかが非常に重要なのだと考えさせられます。

お土産はあまりにもベタな『コアラ』の人形を130匹分も準備しましたが、意外にも好評を得て全て居なくなりました・・・・と言いつつちゃっかり自分の分に1匹分をキープしていたのですが、やはり自分の心ではなく身近に存在して欲しいという表れなのかも知れません"^_^"

さてさて次はいつの更新になるのやら・・気長にお待ち下さいませ<(_ _)>



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育






posted by 日刊吉田 at 00:39| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。