2012年04月08日

『表現』

今日でいよいよオリンピック選考会も最終日。1週間に及ぶ長い期間、本当に沢山の感動と歓喜、そして辛労辛苦・・・様々なドラマを見ることができました。この雰囲気を感じる事ができるのはまた4年後だと思うと、今回体験した事は私にとって非常に大きな財産になったという思いと、4年後はもっと高い目標を掲げて戻ってきたいという思いが交錯しています。

前回2冠の北島選手、今回メダルの期待がかかる入江選手や松田選手の存在。高校生でオリンピックを決めた萩野選手、渡部選手、大塚選手の若手の台頭。4年前の選考会で悔しい思いをした寺川選手や立石選手の奮起。

ベテラン勢のレースにも非常に熱いものを感じました。萩原選手はシドニーオリンピック以来のオリンピック出場を目指し、病気・手術を乗り越えて復帰後の自己ベストを更新していましたし、稲田選手も33歳という年齢で非常に素晴らしいレースを見せてくれました。そして昨日の200m平泳ぎで見せた川辺選手の積極的なレース・・・どれもオリンピック出場はなりませんでしたが、どのレースにも『魂』がこもっていたように感じます。

毎日テレビでも放映されているので、今回のレースを見て競泳の魅力を存分に感じ、ロンドンオリンピックに向けて新たなファンが増えてくれたら嬉しいですね。


『私は好きだから走っているんじゃない。マラソンは【只者では終わりたくない】という私の生き方を表現する私に一番合った手段なんです。マラソンはやればやっただけのものが出せる。その道に至るドラマや自分という人間を表現できる。私のマラソンは私の人生そのものを表しているんです。』 有森裕子(元マラソン選手)


      『人生』=『自己表現』


人は自分自身を表現できるものを探しながら生きているのではないかという事を今回のレースを通じ率直に感じさせられました。画家は自分の絵を通じて、歌手は自分の歌声を通じて、作家は文章を通じて・・周囲に対して自己表現をしています。その思いが伝わった時に『感動』が生まれるのだと思います。

ですから大会に懸ける思いや、今までの苦楽をレースを通じて表現した選手は本当の意味での『プロ』であり、水泳選手であるからには自分の泳ぎで自己表現ができるように普段からの練習に取り組む事が重要だと思うんです。

私も仕事を通じ何を表現していきたいのか。人と接しながら何を伝えたいのか。

この『何』という部分を探し続けることが自己表現の方法に繋がり、それが明確化された時に日々の生活を豊かにし楽しい人生を過ごす事になるのではないでしょうか。

そういえばテレビに何度か私が映ったそうです。こういうチャンスで何かを自己表現すれば良かったとちょっとした後悔の念があります・・・・・・"^_^"

最後は尾崎豊さんのこの曲で



『僕が僕であるために』 尾崎 豊

心すれちがう悲しい生き様にため息もらしていた
だけど この目に映る この街で僕はずっと
生きてゆかなければ
人を傷つける事に目を伏せるけど
優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで
僕は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる

別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ
こんなに愛していた
誰がいけないとゆう訳でもないけど

人は皆わがままだ
慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ
こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから

君が君であるために 勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで
君は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで
僕は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育
posted by 日刊吉田 at 09:17| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263089650

この記事へのトラックバック
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。