2012年04月16日

『世は相持ち』

「コーチ大変\(◎o◎)/!館内水浸しになってますよ!!」

昨日の選手の時間の出来事です。仕事を終え帰ったはずのスタッフさんが慌てて戻ってきました。

当スクールはホテルのテナントとして地下1階にあるのですが、急いで見に行ってみると、1階の階段から滝のように水が流れてきているではありませんか!!そして1階に上がってみると2階の階段からもこれまた滝のように水が流れてきてました\(>_<)/

足のくるぶし程まで水が溜まっている床の中2階に上がり、ホテルのフロントの人に話を聞くと、ホテルの配管が劣化の為破裂したのが原因で、凄い勢いで水が溢れきたそうです。

応急処置をし止水に成功したのですが、それまでに溢れた水の量は半端ない位多く、また2階には排水槽が無い為に全ての水が下階に流れてきたという訳です(;一_一)

水切り棒で床の水を外に出したり、タオルで床を拭いては絞りを繰り返したり、約1時間30分もの時間を排水作業に要しましした。多分タオルは2階も合わせたら100枚くらいは使ったと思います"^_^"

そして、この作業に約20名弱の選手の保護者の方々が頼まれてもいないのに率先してお手伝いしてくれました。スタッフのみの作業だったらきっと倍以上の時間を要したでしょう。膝までズボンの裾をまくり上げ、一生懸命私達スタッフと共に・・・いやそれ以上に保護者の方は頑張ってくれたと思います。本当に感謝ですね<(_ _)>

ことわざに『片手で錐(きり)は揉めぬ』というのがあります。錐(きり)をもむ時は片手では使えません。ものごとは人が力を合わせて協力することが大切だという意味になり、また同様に一人では何も出来ないという意味もあります。

今日のタイトルもことわざなのですが、この世は人と人が助け合えば何ごとも上手くいくという意味と、自分だけが得するような生き方ではなく相手も得するように生きることを諭しています。

こういう突然の出来事が起こった時にまとまった行動が取れるって改めて凄いことだと感じました。やっぱり人は一人では生きてはいけないという事を実感した次第であるのです。

作業が終了し、心ばかりの御礼としてペットボトルのドリンクを皆さんに渡して一息つきながら「今日は本当にありがとうございました。この御恩は一生忘れません<(_ _)>」と挨拶したところ、【本当かな〜】という疑心の笑みと共に「それじゃぁ・・身体で返してもらおうかしら(^ム^)」という危険な言葉も貰いました(^_^;)

さてさて、私のブログもランキングを徐々に上げてきました!これも私の力だけではどうしようもできませんので皆さんの愛情ある『クリック』をお願いします<(_ _)>

ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 17:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/264875581

この記事へのトラックバック
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。