2010年06月22日

『親身』

前回のブログ更新から早1週間が経過してしまいました^_^;私にとってこの1週間は毎日が新鮮でありまた激動の日々でもありましたが、3日前には母子共に健康に退院をする事ができ、ようやく一段落といった感があります(^.^)

赤ちゃんが誕生してからは、学生時代からの友人や、職場の先輩や同僚、選手や保護者の方々やマスターズの会員さん・・・・・関わってきた沢山の人たちからのお祝いの言葉が殺到でした!(^^)!

そしてみなさん気を使ってくれて、沢山のお祝いの品をプレゼントしてくれまして、そのどれもがセンス溢れるものばかりで、妻ともども感謝一杯です。ブログにコメントを寄せてくれていた方達も沢山居てくれて、この場を借りて「ありがとう」を言わせてもらいますm(__)m


『親思う心に勝る親心』 吉田松陰


これは、『子が親を思う気持よりも、子を思いやる親の気持ちの方がはるかに強く深いということ』を意味していて、親になった今だからこそ親が子供にかける思いの深さは自分の想像以上のものだと感じました。


自分の睡眠時間を削られてでも夜鳴きの度に赤ちゃんをあやしたりする妻を見て、【自分はどうなってもいいけどこの子は守る】という『自己犠牲』こそが親が持っている特別の愛情だと思います。



日曜日はスクールの記録会があり、その最後に選手みんなからもお祝いの品をもらいました。紙おむつやおしりふきなど今すぐに使える必要なものが入っていて、プレゼントを手渡してくれた選手達や保護者の方達を目の前にして、私はふと『親身』という言葉が頭をよぎり、思わず涙が出てきました。


今指導をしている選手達に対して、私ができることはそう多くはありません。ですができるだけのことはしてきたつもりでいます。結果が出る時も出ない時もあるのがスポーツですが、これからも『親身』になって接する人でありたいと思うとともに、選手達には親に感謝できる人として育って欲しい、そう強く感じた瞬間でした。


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育




posted by 日刊吉田 at 09:52| 北海道 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

『誕生』

ついに昨日、我が家に新たな家族が誕生しました\(^o^)/

前回のブログで出産の予定日に触れた記事を書き終わったまさにその30分後、お風呂から上がってきた妻に突然の陣痛が始まりました\(◎o◎)/!

間隔があまりに短いので計ってみるとなんと3分!翌日に大会で使うストップウォッチで陣痛時間を測定するとは思いもしませんでしたが^^;

即病院へ向かうと分娩室へ直行となったのですが、通っていた病院は『自然分娩』というのを推奨しており、分娩室は普通の洋室で、私は気付けば出産立会いをしていた訳なのです"^_^"

自分の好みの曲を流し、好きなアロマを炊いて、まるで家にいるかのような不思議な感覚でしたが、陣痛から4時間、ついに小さな小さな命の誕生の瞬間に立ち会うことができました(^.^)

体重が2390gと低体重だったのですが母子ともに健康で、『カンガルーケア』という方法で、へその緒がついたまま赤ちゃんをママの胸の上でだっこするのですが、泣いていた赤ちゃんがママの心音を聞いてすぐに泣き止む姿がとても神秘的でした。

しかし出産とは大変なもので、ママというのは本当にスゴイ!って改めて感じました。結局私は一睡もせずに大会に行ったのですが、大会では選手たちにレースの指導よりも先に、「君達、生んでくれたママに感謝しなさい!」と言っている自分はあまりにも単純なのかも知れませんね"^_^"

誕生日というのは、その子の誕生を祝う日と共に、生んでくれた母親に感謝する日だという事を忘れてはいけないのだと思います。妻への感謝をすると共に今日はこの言葉で。


『今日、私があるのは、すべて天使のような母親のおかげだ』 エイブラハム・リンカーン(アメリカ元大統領)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育








posted by 日刊吉田 at 11:23| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

『自分の経験=他人の知識』

「コーチ、お子さんの予定日はいつですか?」

ここ最近、出産のことを気にかけてくれる選手のお母さん達やマスターズの会員さんから予定日を聞かれることが増えています。予定日は6月15日なので、いよいよもうすぐですね(^.^)

「私の時は3週間も予定日より早かったのよ」

「破水があっても絶対あせっちゃ駄目よ!」

「ペットがやきもちを妬かないように気をつけてね」

私も正直初めての経験の為、妻に対してどう接していいのか不安な日々もあるのですが、お母さん達や会員さんたちの出産経験談を交えた励ましの言葉は、本当に温かく安心させてもらっています(^^♪


『いかなる人間の知識も、その人の経験を超えるものではない。』 ジョン・ロック(政治学者)


自分が直接体験した事というのは、他人の知識になり得ます。体験や経験が豊富な人は、やはり多くの人に影響をもたらす訳で、その経験というのは、大きさではなく深さなのだと思うんです。


今日の朝練で、女の子の選手たちからも

「ピアノは習わせた方がいいよ(^.^)」

「高校は東西南北ね(-。-)y-゜゜゜」

「あんまりベッタリしたら、反対に嫌われるよ^^;」

とアドバイスを頂きました"^_^"

極めつけは「お風呂最初に入ったら怒られたりして・・(^。^)」って言われました・・・・参考にします(-_-;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育




posted by 日刊吉田 at 20:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

『体験=共感』

ようやく仕事も一段落(-。-)y-゜゜゜

会社に2日も泊まり込み、なかなかハードな1週間でした"^_^"ブログも更新できないままでしたが、毎日多くの方からのアクセスがあり、日々のクリックをしてくれている事に、本当に心温まります(^^♪

そういえば先週の話になるのですが、『父親教室』というのに参加してきました。札幌市が実施する無料の講座で、赤ちゃんの抱き方やおむつの取り替え方、お風呂の入れ方を習ってきました"^_^"

参加者も40組位あり、みんな熱心に助産師さんのお手本を見ていました。私は結構簡単そうに見えたのですが、いざやってみるとこれがなかなか難しいもので、お風呂に入れたサンプル人形の赤ちゃんの頭をベビーバスにガンガン当てながら、身体を洗っていました(^_^;)

また、『妊婦体験』というのもあり、『妊婦ジャケット』という7kgの重さを身にまとい、階段の上り下り、寝起きの動作、落としたものを拾うなどをしました。

これがまた大変・・・こんな重りを背負って何ヶ月も生活している妊婦さんは本当にすごいと実感しました。ちなみに妊婦ジャケットを着ている自分の姿もなかなか笑えましたが"^_^"


『塩の辛さ、砂糖の甘さは学問では理解できない。だが、なめてみればすぐ分かる。』松下幸之助(松下電器産業創業者)


体験をした数の多さは共感できる多さに比例すると思います。頭で理解する7kgと体験して感じた7kgは、重さに対する認識が全く違いました。

きっと日常生活でも、体験して得た理解が『知識』となっているのだと思います。そして周りの人と分かち合う材料になるのだと実感しました。

読者の方も、2Lのペットボトルを4本お腹に抱えて前屈や屈伸などを是非体験してみて下さい。自分を生んでくれたお母さんに対して、子供を産んでくれた妻に対して、きっと感謝の気持ちに変化があると思います。


そして私は絶対に7kgも太ってしまったらいけないということも実感させられましたが(-_-;)



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



  
posted by 日刊吉田 at 00:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

『ごほうび』

こんにちは(^.^)今日は完全休日です。良く考えると先月のシンガポール遠征からずーっと休み無く過ごしていたので、約1ヶ月ぶりの休みでした\(◎o◎)/

ちょっと自分事を・・・

日本体育協会が公認する『公認水泳コーチ』という資格があり、私もこの資格を保有しています。ジュニアの国際遠征の派遣コーチとなるには必須で、国体の監督になるにも必要な結構重要な資格です。

そして、この資格には更に上の『上級コーチ』という資格があり、オリンピック等のナショナルチーム遠征のコーチになる為には、この資格が必要となります。

この上級コーチの受講資格を取得するためには、育成した選手が、日本選手権などの決められた全国大会で8位入賞し、かつ日本ランキング30位に相当する基準記録を突破しなくてはなりません。

そして今回のJOで、私が指導している選手が見事この基準をクリアしてくれたのです\(^o^)/

昇格申請をし、審査会で承認を受けた後に、講習・検定を受けることになるのですが、やはり難関は、この受講資格を得るということだと思います。

【いつかはオリンピック選手を育てたい】という思いを胸に、そしてオリンピック選手が出たときにはやはり一緒にオリンピックに行きたい一身で働いてきました。その為には上級コーチの資格取得はまさに第一歩であり、今回こういう選手を育成できて心から嬉しい訳なのです。



『努力の成果なんて目には見えない。しかし、紙一重の薄さも重なれば本の厚さになる。』君原健二(マラソン選手)


まさしくこの通りで、自分が置かれた立場の中で、できる事を実直にこなしていく。一見地味な作業ではありますが、方向が間違えていなければ成果は後に『ごほうび』のように現れてくるのだと思います。

私も今回の大会に【上級コーチの基準記録を突破させよう!】という思いで取り組んできませんでしたし、そんな目標を掲げて指導をしていたら、結果は変わっていたのかも知れません。

選手の為に取り組んだ事が、後に自分に返ってくる。この作用って本当に重要だな〜ってことを本当に実感することができました。


今日の休日は今までの忙しかった日々のごほうびとして『思いっきりのんびりと何もしない』ことをしようと思います^_^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育
posted by 日刊吉田 at 14:47| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

『名前』

私も6月には子供が生まれる予定なので、やっぱり子供の名前を考えたりします。

水泳のコーチをしていると、毎日沢山の生徒さんと接する訳ですが、最近は難しい呼び名が多く、名前を呼ぶ時にちょっと迷ってしまいます^_^;

いわゆる『当て字』が多いからかも知れませんが、出席を取る時に名前を呼ぶと、「先生違うよ!」と注意されたりします(-_-;)

突然ですが2009年の命名ランキングから問題です。

@ 5位 『蒼空』
A 24位 『陽向』
B 39位 『陽大』
C 45位 『琉生』
D 75位 『一颯』
E 89位 『蒼生』


答えは

@そら Aひなた Bはると Cるい Dいぶき Eあおい

どうですか?難しいと思いませんか"^_^"

ちなみに女子部門からも!

@ 18位 『心優』
A 29位 『心愛』
B 45位 『心春』
C 66位 『心咲』
D 95位 『心花』

全部『心』が付く名前ですが、

@みゆ Aここあ Bこはる Cみさき Dこのか

正直、私は全部わかりませんでした^_^;


『雑草という草はありません。草にはみんな名前があります。』昭和天皇


名前というのはその人を印象付ける大きな要素のひとつだと思います。親が想いを込めてつけてくれた名前がある限り、どんな人にだって存在価値があるわけです。まだ子供の名前の候補すら挙がっていませんが、少なくとも私が一発で読める名前にはしようと思います^_^;


先日の大会の時に、後輩に子供の名前を考えてもらいました。


後輩 「『吉田』って、平凡ですよね」

   「『吉田』って、インパクトないですよね」

   「『吉田』って、ありふれてるから・・」


と、苗字の事だけを言われているとは理解しつつも、何故か自分自身の事を言われているようで、後輩が一生懸命考えてくれる程に、不快感が増す私が居ました(-_-;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 23:29| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

『鏡』

日曜日の未明、妻の祖父が病気で亡くなってしまいました。

あまりに突然の訃報に、最初は状況を飲み込むまでに時間が掛かりましたが、時間が経つにつれ悲しみが増してきました。


通夜に参列し、お坊さんが説教でこんな事を言っていました。

「亡くなった方から自分は何をしてもらったか、亡くなった方に対して何をできたか。亡くなった方を通じて、自分がどういう人間であるか、またどういう人間でありたいかを自問自答することが大切です。」



『偲ぶ』という字は『人』+『思』からできています。この時の『人』とは亡くなった方だけではなく自分自身も対象となるのだと感じました。


『人間関係は鏡のようなものです。相手のあなたに対する態度は、あなたの相手に対する態度そのものなのです。』ジョセフ・マーフィー(牧師)


自分自身を知る事とは、相手が自分にどういう態度をしているかを知る事であり、人間関係の構築にはとても大切なことだと思いました。

もうおじいちゃんと話をする事はできなくなってしまいました。これからは仏壇に手を合わせるときはこう問いかけようと思います。

【今の私はどんな風に写っていますか?】


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 16:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

『好機』

日本水泳連盟がジュニアの強化策の一環として実施している、シンガポール遠征に当スクールの選手が代表選手として選出され、私も代表コーチとして引率する事が決まりました(^^♪

ナショナル合宿で一緒だったコーチ達から次々と連絡があり、「おめでとうございます!遠征頑張って下さいね」と励ましのエールを送られました。

どのコーチも、日本水泳連盟のホームページで知ったそうなので、確認してみると、なんと私の名前は『貴広』なのに『貴弘』となってしまっているではないですか\(◎o◎)/なんで私だけ・・ご愛嬌なのでしょうか^^;


来週に代表スタッフの事前ミーティングが東京であるらしいので、詳細はその時までまだ判らないのですが、とにかく私にとっては初の海外遠征ですので、沢山のいい経験を積んでこようと思います(^^♪


『人生において、多くのチャンスに恵まれる人もいれば、少ないチャンスしかない人もいるでしょう。でも大切なことは、多い少ないではない。いかにチャンスを逃さないかです。』 堀江謙一(海洋冒険家 )


チャンスに巡り会う為には、常に意識をしているかどうかだと思います。常に意識をしていれば、自分の周りにある情報からチャンスを見つけ出すことができるように感じます。

誰の言葉か忘れてしまいましたが、【嫌だ!】と思う時こそ【今だ!】と捉えることが重要だというのを何かで聞いた事があるのですが、こういったこともチャンスをたぐり寄せる大切な要素だと思います。


最近はブログ更新の頻度も向上しつつあり、ブログランキングも2位まで上がってきました。このチャンスを逃さないように、頑張りたいと思います(^_^)


これからも日々のクリックお願いします<(_ _)>


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育
posted by 日刊吉田 at 23:39| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

『朋友』

昨日は、友人が店長をしている居酒屋で、学生時代の仲間達と遅ればせながらの新年会を開きました(^^♪

みんな忙しい時間の中、日程を調整したらしく、サロマから飛行機で来た友人、仕事の合間を縫って顔を出してくれた友人、飲み会参加の為に札幌旅行を兼ねて、紋別から家族全員を引き連れてきた友人も居ました^_^;

体育の専門学校だったにも関わらず、居酒屋の店長、建設会社の常務、ケアマネージャーにグラフィックデザイナー・・・・・職種もとても様々で、会話は途切れることはありませんでした。

このブログを読んでくれている友人も多いらしく、私の性格とブログの文章のギャップに驚かれました(^_^;)

しかし19時から始まった会は気が付けば午前2時^_^;飲みっぷりは相変わらずでした(^_^;)

それぞれの道、それぞれの立場で過ごしている中で、視点や考え方というのは変化していきます。ですが友人達と話していると、まるで学生時代の時と同じような感覚に戻る自分がいる事が不思議です。

『朋友』とは広東語の『友達』という意味が語源です。

『朋』 数個の貝をひもでつらぬいて並べた形で、同等のものが並んだ意味を含み、のちに肩を並べた友人のこと。

『友』 かばうように曲げた手を組み合わせ、手でかばいあうことを意味して、仲よくかばいあう仲間。


上下関係を気にせず、変な気遣いもしないで、肩を並べて居れることが友人といて実感する『安心感』なのだと思います。


『友人とは、あなたについて全てのことを知っていて、それにもかかわらずあなたを好んでいる人のことである。』 アルバート・ハバード(作家)


皆さんにも大切な友人がいるでしょうし、これからも沢山の仲間とめぐり合うことになるでしょう。そんな友人に対して自分ができる事は、決して背伸びをするのではなく、肩を並べた『朋友』であり続ける事なのだとそう思いました。


最後は蕎麦屋で締めたのですが、みんなの体型を見て、ウエストサイズだけは少なくありたいと、心から思いました^_^;



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 11:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

『無邪気さ』

札幌は本格的に寒さが増してきました。なかなかブログを書けない日々が続いていますが、高いアクセス数を見て、温かい気持ちになります(^.^)

この前の授業中、幼稚園の女の子がこんな事を言ってきました。


「ワタシおっきくなったらモデルになりたいな(^.^)」


あまりに唐突だったのでびっくりでしたが、「すごいね!なれたらいいね!」と言い、将来の夢を屈託の無い笑顔で語る姿に新鮮さを感じてなりませんでした。

他の生徒にも聞いてみると、『警察官』や『野球選手』、『調理師』だったり『看護師』などみんな無邪気に話してくれました。


『子どもたちと暮らしていると、ぼくら大人の中身が変わって豊かになるのだ。まるで短期人間養成コースに入ったみたいで、人生の要になるような体験をとおして、いろいろなことがふだんより深く鮮明に見えてくる。美しさ、いとしさ、無邪気さ、遊び、苦しみ、死といったものが、新しい輝きを帯びてくる』 ピエーロ・フェルッチ(心理学者)

子供の無邪気さに触れると、自分自身の心が洗われる気持ちになります。大人になると年々自分の事を言えなくなっていくように思います。最近は更新頻度が低くなってしまっていますが、伝えたい事を素直に表現できるこのブログは、私にとって非常に貴重なツールなのだと再確認しています。

そして皆さんに報告ですが、私も来年6月に『パパ』というものになれそうです\(^o^)/

今はまだあまり実感はありませんが、授業で夢を語った子供のように「来年になったらいいお父さんになりたいな」と無邪気に言える自分でありたいと思います。

それとは別に、まずは来月のマスターズの忘年会で無邪気な自分が出せるように、余興の練習に励もうと思います^_^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 00:08| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

『体得』

ちょっと前の話となってしまいますが、今月の3日に日本水泳連盟の強化コーチ会議があり、私も参加してきました。全国各地から強化選手を担当しているコーチ達が出席し、総数100名以上は居たのではないでしょうか。

実はこの日は、2012年オリンピック開催地に東京が落選した翌日で、会議でもこの話題になりました。招致活動の賛否は様々あると思いますが、人生の中で1度は母国でのオリンピックを経験したいと思っている私としては非常に残念でなりません(T_T)

昨年は同じアジア圏の北京でオリンピックがあり、なおかつ東京は2回目。高いコンセプトがあったにしても正直今回の招致活動は厳しいだろうな〜と感じていました。


『何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。』 アルバート・アインシュタイン


2020年だとすれば13年後。私は49歳になっています\(◎o◎)/!やはりテレビで見るだけでは伝わらない生の雰囲気を体験する事は、人生にとって大きな財産になると思います。そしてその舞台で私が指導している選手達が戦っている事ができたらそれは素晴らしいことであり、目標でもある訳です。『百聞は一見にしかず』と言いますが、とにかく『観て感じて学ぶ事』こそが体得できる唯一の手段だと感じます。


東京が2020年の招致に関わるかどうかは現在未定だそうですが、新たに広島と長崎が共同開催で立候補するという報道がありました。オリンピック憲章では1都市開催が原則なので、共同開催は現状難しいのかもしれませんが、スポーツに関わる者の一人として、是非ともチャレンジしてもらいたいと切に願います。

気付けば既に0時を過ぎていました^_^;睡眠時間が少ないと次の日がキツイ事を年々体得しているので、そろそろ寝ようと思います(^_^;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育







posted by 日刊吉田 at 00:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

『あるがまま』

シルバーウィークと銘打たれた連休を利用して帰省しています(^^♪

約1年ぶりに帰ってきましたが、やはり都会とは違うゆっくりとした時間を感じることができます。

今日は家族と一緒にドライブに出かけ、世界遺産となった知床などを回り、北海道の大自然を満喫してきました!(^^)!

『花には人間のようなかけひきがないからいい
ただ咲いて ただ散ってゆくからいい
ただになれない 人間のわたし』 相田みつを


自然に触れて『あるがまま』という大切さをいつも感じます。今の自分を受け入れることが重要だと頭で理解しているつもりでも、なぜか他の誰かや何かと比較してしまう自分がいます。

今の自分自身を背伸びせずに受け入れる事こそが、自分を大切にするという事だと思います。そして自分を大切にした上でプラスを見出すことにこそ良き成長があるのだと感じます。


夜に空を見上げれば、子供の時に見た時と同じように無数の星が輝いていました。そんな空を見ながら【シルバーウィークが1ヶ月位続けばな〜】と考える私は『わがまま』なのかも知れません(^_^;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 02:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

『支えられる強さ』

今日ブログを開けてみると、アクセス数がついに100,000を突破してましたヽ(^。^)ノ

このブログを始めたのが2年前の9月21日ですので、もうすぐ丸2年となり、1日140名が観閲してくれている計算となります\(-o-)/

【我ながら良く続いているな〜】と思うと同時に、日々のブログチェックをしてくれている読者の支えをしみじみと実感しました。ここ最近はなかなかブログを更新する時間を持てなかった現状がありましたし、もらったコメントに返信すらできない日も多々ありました。

ですが、ブログランキングでは常時上位をキープでき、観閲数の減る日はありませんでした。皆さんの支えの積み重ねがアクセス数に現れるので、とても大きな励みとなっています(^^♪こうした協力があったからこそ、こうしてブログを続けていくことができているのだと思います。

『縁の下の力持ち』って本当にかっこいいって思います。生徒にとっての保護者の存在、友達やライバルの存在。夫にとっての妻の存在etc・・・

自分自身が弱くなった時、辛くなった時、諦めそうになった時、周りの支えがある事が『強さ』になります。ブログを続けてきて、また今のコーチという仕事をしてきて思う事です。


『今自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと、遠くの大きな目標は近づいてこない。』 イチロー(プロ野球選手)


これからも、飾らずに自分自身の言葉でブログを書いていこうと思いますし、続けるからにはやっぱり更新頻度を上げてブログランキング1位を目指して頑張っていこうと思います(^_^)v

今後も、日々のクリックどうぞお願い致します<(_ _)>


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 18:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

『歩み』

7月最初の更新です!早いもので今年も既に半年の時間が経過しました。そして私も実は先月30日に36歳の誕生日を迎えました!(^^)!

私の会社は毎月5週目は休校日となっていて、つまり6月30日は毎年休みなのです。会員さんからは「誕生日プレゼント渡したいのにプール休みだからな〜(^。^)y」と、心にも無い事を言われる訳ですが・・(-_-;)

ちなみに、中学1年生の選手からプレゼントに栄養ドリンクと手紙をもらいました。手紙を読むと、

「お誕生日おめでとうございます。これからも長生きして下さい」

と書いてありました(-_-;)

気付けば『アラ40』世代となりました^^;よく年々時間が過ぎるのが早く感じると言われますが、私もそれを肌で実感しています。

結局のところ、人は沢山の経験を知識として記憶していく中で、新しいことを覚える機会が減っていくことが要因なのだと思います。大人になると過去に記憶した経験則を基に生活をします。同じような繰り返しの毎日が時間の経過を早くしていると言えるのでしょう。

初めて通る道を歩くのには辿りつくまでに沢山のことを考えながら歩くため必然的に多くの時間を要します。反対に慣れた道であれば考えることも無くスタスタと歩けるようになることがいい例であり、これは『新鮮度』に比例するのだと思います。

また一方、とても面白い映画を観た2時間は、興味の無い講義を聴く1時間よりも圧倒的に短く感じる事がありますが、これは『興味度』や『集中力』に比例するのでしょう。

つまり、何も考えなくても泳げるくらいの経験を積み、かつ興味を持って集中することが記録を短縮させるポイントになるのかも知れませんね(^_^)

『人生は短いと言われる。しかしそれはわずかな時間しか生きられないからというよりも、人生を楽しむ時間をほとんど持たないからだ』 ルソー(思想家)

これは非常に深い言葉だと思うのですが、時間というのは自分の考え方ひとつで長くも短くもなり、何ごとも新鮮な気持ちで記憶に留めながら毎日を過ごすことが、充実した時間の使い方なのだと思います。

振り返ると、一気にどんどん歩いてきたように感じます。ですが、一歩一歩を大切に歩いてきたと思います。これからも自分の歩みを大切に日々を過ごしていこう、そんな風に思います。

ブログを書くときには、一語一句を大切にしすぎる傾向にあり、一歩一歩が遅いのですが、それでも読んでくれる人たちが私の歩みを応援してくれているのだと感じます。昨日もらった栄養ドリンクを飲みながら、今日からもまた頑張って長生きします"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育















posted by 日刊吉田 at 05:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

『陰の応援』

来年度の年間予算作成を仕上げなくてはならず、毎日午前様の日々でしたが、やっと確定し、この多忙な日々も一段落しました(^^♪

ブログもなかなか更新できず、ランキングが落ちているかもしれないという不安とともに恐る恐る開いて見ると、順位は変わらず、毎日のアクセス数も沢山ありました(^_^)

ブログを更新していなくても、毎日観閲してくれているというのは、私にとってはとても有り難い事です。


『私のこのヘタな文字、つたない文章も、見てくれる人のおかげで書かせていただけるんです。「おかげさん」でないものは、この世にひとつもありません。みんな「おかげさん」で成り立っているんです』相田みつを


この前の全国大会の予選会でもベストが出た選手・出なかった選手がいましたが、そこに一喜一憂してくれる友達だったり保護者だったり、勿論指導しているコーチだったり、陰のサポーターがいる事を理解し、感謝しなくてはいけないんだとつくづく思いました。


『目標の達成』×『共感してくれる人』=『自己の喜びの度合い』


前回の課長昇進の記事でも書きましたが、沢山の祝福の電話を貰いましたし、またこのブログにも嬉しいコメントがありました。改めて、この場を借りて御礼を書かせて頂きます。ありがとうございました<(_ _)>

この仕事をしていると、考えるのは人の事ばかりです。例えば当チームには70名の選手がいますが、やはり全員の事が気になります。平泳ぎが苦手なマスターズの生徒さんの事も考えますし、クロールのクイックターンができないジュニアの子を指導して、【どうしたら上手にできるだろう】と考えてしまいます。有り得ない事ですが、自分の身体と脳が2つか3つあったらいいな〜って思う事が多々あるんです(^_^;)

それでも自ら望んで行動に出るのは、私自身、心のどこかに【誰かの役に立ちたい】という思いが強くあるからだと思うんです。

明日は会議で大阪です。始発の飛行機なので、朝5:00には起きなくてはなりません(-_-;)乗り遅れて会議に出れなくなっては、本当に陰からしか応援できなくなってしまうので、そろそろ寝ようと思います(^_^;)

ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 23:57| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

『責任』

私事ですが・・・実は昇進して『課長』になりました!(^^)!

昨日晴れて昇格通達が届いたのですが、一昨日まで研修会と社長面接の為に東京に行ってました。面接を受ける機会って人生の中でほとんどない訳で、面接自体は問題無く終わったのですが、面接までのあの独特の緊張感っていうのはあまり味わいたくないものです(^_^;)

面接の中で「社員の心を高める管理職になって下さい」という社長の言葉がとても印象に残っています。


『すべては責任から始まる』 ドラッカー(経営学者)

惰性で取り組む事と責任を持って取り組む事。その後の成果は歴然でしょう。大事な事は『地位』ではなくて『責任』だと思います。責任ある存在になる為には真剣に取り組む事だと思い、今まで私は頑張ってきました。そしてまた更に強い責任感を持って働いていこうと強く思います。

昨日は、驚くほど沢山の人から祝福の電話をもらいました。自分の『真剣さ』に共感してくれる人がこんなにもいるんだという思いと、自分が人に恵まれているという思いを強く感じました。本当に嬉しいものです(^.^)

ただし・・・昨日は私が指導している選手やマスターズの方に冷やかし半分で言われた「ヨッ!課長!」の一言には困惑します(-_-;)

ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 10:29| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

『支え』

久しぶりに、妻と旅行に行っていました(^.^)

3日間で2日は神戸、1日は大阪観光をしてきました。昨年1年は仕事中心で生活し、家の事は全くといっていいほど何にもしてあげる事ができずに過ごしてきました(-_-;)

『花を支える枝
 枝を支える幹
 幹を支える根
 根は見えねんだなあー』 相田みつを


コーチという仕事は時間も不規則で、選手の朝練から時には会社に泊まってまで働くなんて事も結構あります。自分のプライベートを削ってまで仕事に打ち込む事ってなかなか理解されない部分が多いと思うのですが、だからこそ自分に理解を示してくれる人達の存在が、とても大きな支えとなっているのだと思うんです。

全国大会などでコーチの一生懸命な姿を見かけます。そしてコーチの多さに驚く事があります。きっと全国で頑張っているコーチ達も、その数以上の沢山の支えがあるんだろうな〜って感じます。

最近の新聞を見ると、派遣切りやリストラなど、働きたくても働けない人たちが増えてきています。私は仕事を通じ沢山の人と関わりながら沢山の夢や感動を貰える事をありがたく思います。

こんな私でも今年で結婚10年目を迎えます。私の仕事を理解して支えてくれた妻には、やはり『感謝』の一言に尽きます。その意味も込めて今回は思いっきり楽しんできました(^.^)

明日からまた休む暇もなく働く日々が続きますが、気分新たに頑張ろうと思います(^_^)勿論、仕事同様ブログ更新も頑張りますのでこれからも日々のクリックお願いします"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 11:59| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

『こだわり』

スタッフとの雑談の中で、好きなブランドについての話になって、私が自分のこだわりを話していたら、みんなからこだわり過ぎだと言われてしまいました^^;

例えば、ニューバランスのスニーカーを私は好んで履くのですが、メイドインUSAの『576』という型が既に廃盤になってしまったので、わざわざネットオークションで買った事とか、アディダスのオールドジャージは1970年代位のATP(プロテニス選手協会)モデルが好きで着ている話、リーバイスの『501』というジーンズは有名ですが、1966年の通称『66モデル』はボタンの裏に66と刻印されている話や、『501』のタブが『Levi's』と小文字なのに対し、ビンテージの『501XX』のタブは『LEVI'S』と大文字になっている事などの雑学を話たり・・・ここには書ききれない程の話題を提供したつもりなのですが、周りのみんなは、私の熱い口調と反比例するかの様に、ただただポカン(゜o゜)としていました"^_^"

よく人は「私は本気でやっている」「真剣に取り組んでいるのに理解してもらえない」という言葉を口にする。だが、結果の出ない本気や真剣さは本気でやっているとは言えない。鳥羽博道(ドトールコーヒー社長)

私は、何でもいいのですが、物に対してこだわりを持っていたいと考えています。

  『こだわりの強さ=認識度』

物に対してこだわりを持つ事はとても大切だと思います。『こだわり』は、【知りたい!】と思う欲求に繋がり、そしてその後の行動に移っていきます。つまり本気の度合いは、その事についての認識度、もしくは認識したいと思う強さで決まると思うんです。

私は何かにこだわりを持った人にとても惹かれます。こだわりを持っている人は、それだけの本気を持っていると思えるからです。それが例えば水泳だって同じだと思います。

「水泳が好きだから毎日練習に来る」
「水泳を通じて仲間と会って元気をもらう」

これだってとても素晴らしいこだわりだと思います。これが【上手になりたい】とか【みんなに会いたい】という気持ちに繋がって、純粋に行動に移る事ができるはずです。

他のスタッフに、「こだわりを持つ事は大切なことなんだぞ!」と語気を強めて熱く語ったのですが、一人の後輩から「でも吉田先生の場合はちょっとオタク的だと思うんですが(-_-;)」と反論されてしまいました・・・(~_~;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 23:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

『心地よい緊張』

ついに北海道も昨日は積雪しました。毎年この時期は一度雪が降り、冬の訪れを知らせてくれます。

この時期と言えば、明日からいよいよ全国大会が始まります(^_^)

昨年はリレーで優勝したりと、『飛躍』の年になりました。今年は更に個人でのレベルアップを図り、『飛翔』の年になってくれたらと思います。

そんな事を考えながら、昨年はどんな事を思っていたのかふと気になり、自分の記事を読み返してみました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

選手として練習する事はプレッシャーとの戦いなんだと改めて感じました。大会が近づくにつれ押し迫る重圧感や不安感。それに打ち勝つのはやはり練習で培った『体力』と『自信』なのでしょう。

私もコーチとしてプレッシャーが無いと言えば嘘になります。選手の事を考えて、夜眠れなくなる日もありましたし、順調に競技会を迎える事ができるかどうか不安に駆られる日もありました。

しかし彼らが全国の晴れ舞台で戦う姿と笑顔が見たくてそのプレッシャーを跳ね除けて頑張れるんだと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


自分の記事を読み返し、驚くことに今年も同じ気持ちがある事を実感しました。しかし今年は昨年の経験があるからだと思いますが、プレッシャーに押しつぶされそうになる事はありませんでした。

『現在というものは、過去のすべての生きた集大成である』トーマス・カーライル(思想家)


北海道に降る雪が当たり前のように、大会前に感じるプレッシャーも当然あるべき事で、むしろ【やっと来たか】という心地よい気分になれる位の経験を積む事って大切なんだと思います。

既に経験を積んだ選手、今年初めて経験を積む選手。沢山の思いを胸に私も沢山の経験を積んでこようと思います。

しかし、雪道を歩く経験を沢山積んでいるはずなのに、早速今日の朝に滑って転びそうになってしまいました^_^;まだまだ経験が足りないようです・・(ーー;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育









posted by 日刊吉田 at 07:15| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

『故郷2』

約1年ぶりに帰省しています。『故郷』にも書いているのでご存知の方も多いと思いますが、私の故郷は別海町という酪農の町です。人口は約20,000人ですが乳牛は10万頭(ー_ー)!!距離は札幌から片道なんと約500km弱で、車で約7時間!まさにこれぞ帰省です(^_^;)

札幌の中学生は修学旅行で青森や秋田等の道外に行けるそうなのですが、私達は札幌でした(-.-)先日もコーチ陣とこの話になり、周りからは失笑されてしまいました(^_^;)しかもその時のエピソードで、私はガイドブックを持ちながら狸小路を学ラン姿で歩きながら、『三越』を『マル越』だと信じていたのです・・それは三越のマークがガイドブックに『○の中に越』だったからです(-_-;)

ふるさとは遠きにありて思ふもの 室生犀星(詩人)

高校卒業後18歳で札幌に移り住み、気がつけば来年で18年目となり、ちょうど半分の月日が流れます。田舎の良い所も都会の良い所も自分なりに理解しています。

こうやって久しぶりに自分の故郷に戻り思うことは【自分の原点は故郷にあり】って事です。生まれ育つ場所は自分で決める事はできません。正直もっと都会に生まれたかったと思った時期があるのも事実です。しかしその場所に生まれた事実を受け入れて過ごした日々が今の自分を形成しているのです。ですから『故郷に錦を飾る』ではないですが、故郷の思いを深める為には自分自身を成長させ、この故郷に生まれてよかったと思えるように過ごす事が大切なんだと思います。

コーチと生徒の出会いも、これに近いものがあるのではないかと思います。マスターズの会員さん、ジュニアクラスの生徒、選手達・・みんな偶然出会ったメンバーです。【この偶然が素晴らしい】いつかこういう風に思える様に私は今の日々を過ごしているのかも知れません。

犬の散歩を兼ねて、通っていた小学校に行きました。我が町も少子化が進み、グラウンドにはたった7人しかいない野球部員がグラウンドを走っていました。そのグラウンドの大きさが、私が小さい時感じていた広さよりもずっとずっと小さく見えたのは、私が少なからず成長した証しだと信じたいと思いました。

P.S 私の目が細いから視野が狭くなったのでは・・というツッコミは必要ありませんから(ー_ー)!!


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


 




posted by 日刊吉田 at 22:33| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。