2012年09月24日

『想像力』

今日は久しぶりの休み(^。^)8月に引っ越してきたというのに、家の整理がままならない日々を過ごしていたので、今日は思いっきり家事に従事しようと思います。

それはさておき、先日ふとテレビを点けてみるとNHKで『課外授業 ようこそ先輩』という番組が放送しれていました。著名人が母校の小学校を訪れ授業をするという内容で、久本雅美さんの回でした。


『アカンと思えるどんな個性でも必ずええでに変えられる』


久本さんは小学生の頃に、自分のおしゃべりな部分を全校生徒の前で叱られたりした事がよくあり、でもそれを【元気な証拠】だと前向きに発想した経験が今の仕事に活きている。また非常に心配症だったコンプレックスを【気配りができる】と言われて短所は長所に変えられたという経験をとても分かりやく話していました。

確かに、久本さんはあのおしゃべりな部分がお笑いの仕事、気配りができる部分が司会などの仕事に絶対に役立っていると感じます。


授業を受けた小学生にも自分のアカンを書き出して、それをええでに変えるという課題を出し、お母さんと考えてくるように宿題にしていました。食事をゆっくり食べることをお母さんから食べるのが遅いと言われていた生徒は、ゆっくり食べる事でお母さんの食事をしっかり味わうことができるという発想に転換していました。おせっかいでいつも余計な事を言ってしまう生徒が、それは他人と関わりたい気持ちを持っているからという発想に転換していました。久本さんと話している子供たちの表情がみるみると変わっていく姿を見て【なるほどな〜】との感心を超えて凄さすら感じました。


こちらに勤務して、新たなスタッフや選手達と過ごしながら感じる事は『想像力』の大切さです。職員の業務の欠点探しではなく、その仕事がどのように会社に役立っているか。欠点だと思っている部分の中にどれだけの長所が隠されているか。スタッフの意識向上に私の想像力が寄与できたら、これは本当にうれしい事だと思い日々働いています。


『ひとつの出来事に対してあらゆることを考えてみる。それを想像力と言う。』


これはドラマで金八先生が言っていたことです。確かに選手に対しても同様で、欠点を指摘するのは簡単ですがその欠点を長所に変えられる想像力がコーチングだと感じています。しかもその想像力の豊富さが選手が前向きに努力できるアドバイスとなったり、次のレースでのチャレンジに繋がったりする訳で。

『難しさ』と『面白さ』の二極性を私はきっと感じながら勉強と経験を重ねていく。その中で沢山の想像力を養いながら過ごしていくのだと、いや過ごしていかなくてなならないのだと感じました。

さてさて、4ヵ月ぶりに更新したブログですが、さすがに『アカン』でしょう^^;でも次のいい記事をかける為の充電期間だったと言えるようになればいいのでしょうから、更新頑張ります!

記事が『ええで』と思えたら、ブログランキングに参加しているので下のクリックをお願いします<(_ _)>(ずうずうしい・・)

最後はこの言葉で。

『苦しんだ人ほど、愛が深いものです。それは他者への想像力が働くからです。』瀬戸内寂聴(天台宗の尼僧)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育




posted by 日刊吉田 at 12:07| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

『つながり』

お久しぶりです(^.^)

前回の記事で「ブログランキング1位を狙ってみます!」と締めてから1ヶ月半も更新できずにいました^_^;

年度末の多忙業務とJOに向けた選手活動、新年度の体制作りetc・・・また予防接種をしていたにも関わらず当スタッフに次々とインフルエンザの連鎖が襲い、it's so busy な毎日を過ごしていました"^_^"

そして今は4年に一度のオリンピック選考会の為、東京に滞在中です(^.^)

その種目の決勝競技で2位以内に入りかつ日本水泳連盟が定めた派遣標準記録を突破すれば晴れて日本代表としてオリンピックの出場権を得ることができます。

予選・準決勝・決勝までパフォーマンスを落とさずに、なおかつ決勝の一発勝負で記録も順位も求められる為、シンプルであるが故に心身ともに充実していなくては、この過酷なレースを勝ち抜くことができないのだということをレースを見ながら感じてなりません。

今日の決勝も非常に楽しみです(^.^)

それはそうと、最近『Face book』を始めました(^_^)

これは本当に面白いです。小学時代の友人や地元の友人、今まで担当していた選手達など、つながるつながる\(◎o◎)/!「友達100人出来るかな(^^♪」って歌っている場合ではなく本当に今までの知り合いとの関係が広がりあっという間に100名以上の方と友人登録をしました(^_^)

Facebookをしていて、私は仕事柄沢山の年代・職種の人達との出会いをし、つながりを広げている事を実感させられます。昨年は『絆』という事について考えさせられた年でありましたが、今年度は『繋がり』という事を大切にして邁進していこうと考えています。

『この世で一番大きな苦しみは一人ぼっちで、誰からも必要とされず、愛されていない人々の苦しみです。また、温かい真の人間同士のつながりとはどういうものかも忘れてしまい、家庭や友人を持たないが故に愛されることの意味さえ忘れてしまった人の苦しみであって、これはこの世で最大の苦しみと言えるでしょう。』 マザー・テレサ(インドの修道女、ノーベル平和賞受賞)

今年度はどんな出会いがあり、どんな繋がりを持つ事ができるのでしょう。非常に楽しみです。あっ、スタッフ間で連鎖したインフルエンザだけはつながらないように気をつけます"^_^"

ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 16:48| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

『失敗の向こうに』

昨日、一昨日と全国JOの予選会が開催されました(^_^)

全国どこでもこの時期は毎週のように大会が続く為、ジュニアを指導しているコーチ達は非常に神経をすり減らす日々を過ごす事となります。(それと比例して体重が減りはしませんが"^_^")

ここ最近の傾向としてJOの標準記録が非常に高くなっていて、種目によっては日本選手権よりも高かったり、全国大会の決勝ラインとほぼ同じ位のタイムが標準記録として設定されていて、本当にJOがレベルの高いものとなっているように思います。

JOにはタイムトライアルというのがあり、予選会で全国標準にあと一歩届かなかった選手達を対象に、もう一度チャンスを与えるいわゆるチャレンジレースがあります。これがまた非常に盛り上がります(^^♪

当スクールからも昨日は3名の選手がタイムトライアルに出場し、2名の選手がJO標準を突破してくれました(^^)vあと1名は高校生男子で50mは今期最後のチャンスだったのですが0.14秒届かず、私が声をかけると顔を両手で覆い立ち尽くしていました。

私は選手が強くなる為にはこういう悔しい経験や失敗をするべきだと思います。時には記録が伸びずに葛藤する辛い時期も必要だと思います。失敗をせずに成功を収めた人なんてこの世にはいません。ちなみに今回のトライアルで標準を突破した選手は昨年夏・今年の春と2回もチャレンジして切れずにいて、今回3回目のチャレンジでようやく標準突破をしました。

記録が速い選手は沢山います。ですが最終的に最後に残るのは強い選手であり、それは悔しさや辛さを乗り越えた回数に比例するのだと思います。ですから私はこういう挫折や失敗を経験した選手のその後の行動や言動に非常に興味があり、【さあ、この逆境をどう乗り越えてくれるのかな?】という期待が出てきます。

何か映像で伝えられるものがないか色々調べたら、you tubeに素晴らしいのがあったのでアップしておきます。





この中の最後のチャーチルのこの言葉、心に残ります。

『成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである。』ウィンストン・チャーチル(イギリス元首相、ノーベル文学賞受賞)

風は常に追い風が吹くわけがありません。風が吹かない時もあるでしょうし、自分が向きを変えてあえて風に向かう時もあるでしょう。その経験を積みながら成功する為の具体的な向きと具体的な歩み方を学んでいるのだと思うのです。

0.1秒の辛さを経験をした選手やまた記録が伸び悩み、試行錯誤を繰り返している生徒も沢山居るでしょう。でもその経験を積んだ人が0.1秒記録が上がった時に感じる想いというのは本当に深いものがあるのでしょう。

さあ今週はインターハイ予選。私が今年第1ピークとして考えいてる大一番です。どんな結果になろうとも、成功目指して頑張るのみですね(^。^)

最後は、同じチャーチルのこの言葉で。


『屈服してはならぬ。
負けてはならぬ。
譲ってはならぬ。』



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育




posted by 日刊吉田 at 21:04| 北海道 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

『初節句に思う事』

昨日3月3日の桃の節句、いわゆる『ひな祭り』でした(^_^)
例年普通の日と同様に過ごしてきた私ですが、今年は娘の初節句ですのでやはり感慨深い一日になりました。

しかしながら、何故ひな人形を飾りお祝いをするのかという素朴な理由すら恥ずかしながら理解していなかったので^^;ちょっと調べてみました。

さかのぼること江戸時代。祝日は


人日(じんじつ)〜1月7日、七草
上巳(じょうし)〜3月3日、桃の節句、雛祭り
端午(たんご) 〜5月5日、菖蒲の節句
七夕(たなばた)〜7月7日、たなばた、星祭り
重陽(ちょうよう)〜9月9日、菊の節句


があり、『五節句』といわれる幕府が定めた公的な祝日だそうで、昨日はその1つだったという訳です。

この『ひな祭り』はおひな様を飾ってお祝いをするのですが、なんでも『女の子が病気や怪我に見舞わせそうな時におひな様が身代わりになってくれる』ということを信じられていたそうで、つまりおひな様は女の子にとっての『お守り』っていうことになりますね。

女の子がお守りであるおひな様を大切に飾って楽しむというこの風習は、いかにも日本的で美しいものだと実感させられました。

我が家も妻が子供の時から飾っていた雛人形を和室に飾ったのですが、こういう風習を知ると、【日本人っていいな〜】と素直に感じた次第です(^^♪

私は家を不在にする事も多くなかなか子供と接する時間を取れていないので、あまりいいパパにはなれていないのかも知れませんが、こういう行事にはできるだけ関わってあげたいという思いでいます。

マスターズの会員さんや選手から『くららグッズ』を頂いたり、「くららちゃん大きくなった?」と聞かれたりする度に、【気に留めてくれている】という事実に感動する訳で、このブログの読者には女の子も多いと思いますが、ひな人形を見ながらこの日は家族の人達が【自分の事を気に留めていてくれている】ということに対して感謝できる日であって欲しいと切に願います。

ちなみに3月3日は『耳の日』でもあるそうです。「最近ブログ更新遅くない(?_?)」と言われる事に耳をふさいでしまう私が居ました^^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 11:23| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

『試行錯誤』

今日は久しぶりの完全OFFだったので、紅葉を眺めにドライブに行きました(^^♪

我が娘もようやく4ヶ月目に入り、すくすくと成長してくれているのですが、ここ最近はぐずり具合がひどくて、妻は一日中だっこ生活という日が続いたようだったので、途中雨模様の空の時もありましたが、道中に描かれた赤黄緑の様々なコントラストを見て、心身ともにリフレッシュしていたようです(^^)v・・・くららはず〜っと寝ていましたが"^_^"

子育てというのは本当に『試行錯誤』の連続だと実感しています。


【何でこんなに泣いているんだろう?】
【体重の増え方は大丈夫なのか?】
【お風呂の入れ方は間違っていないだろうか?】


職場でお母さん達に子育てのアドバイスを伺うと、やはり同じような経験をしているので、とても親身に色々な事を教えて貰えます。


選手育成も同様で、泳法は日進月歩で日々進化していますし、指導する子供は千差万別ですから『これが正解!』という答えのない日々を過ごしていきます。だからこそ自分自身も日進月歩進化していく事が必要であり、学ぶことを辞めては成長は止まってしまうと常々考えています。



『考えてみてください。
全く自分の予測通りに人生が進んだとしたら、こんなにつまらないことはないでしょう。
予定通りに結婚して予定通りに子供が二人生まれる。
予定通りに出世して、最後は予定通りに死ぬ。
それが幸福な人生と言えるでしょうか。』 玄侑宗久(芥川賞作家、臨済宗の僧侶)



昨日は11月分の練習メニューをじっくりと考えました。予想通りに進まない人生だからこそ、自分の予想通りになった時に味わう感動が大きい訳で、だからこそ人は試行錯誤を繰り返すのだと思います。私のメニューも絶対に正解な訳ではありません。ですが予定通りに行くように選手と共に試行錯誤を繰り返していこうと思います。


今日の最後は相田みつをさんのこの言葉で。



『一生勉強、一生青春』 相田みつを



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 23:17| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

『力添え』

おはようございます!・・・って元気にいきたいところでしたが、今週は体調不良で、夜になると咳が止まらず、睡眠も間々ならない毎日が続きました(-_-;)

一昨日くらいから咳も止まり始め、調子も上向いてきたので一安心です(^.^)

1週間ぶりの更新となりましたが、この間の土曜、日曜は選手の大会があり、私は競技役員として参加しました。

競技役員では『招集員』という担当にあたり、選手を組順に並べレースに送り出す仕事がメインで、招集の運営が機能しないと競技時間にも影響するので、結構重要な業務なのです。

「1組1コース○○さん・・2コース○○さん・・・」という感じて選手に点呼するのですが、あと5分でレースが始まるのにまだ集合していない選手が居たりしてダッシュで更衣室に呼びに行ったり、まだ女子のレースの招集なのに、何故か男の子が来て不思議顔をしていたり・・・経験が少ない選手も沢山いるので、円滑に競技を進めるには気力も体力も使うんです^^;

招集所に来る選手たちはそれぞれの想いを胸に集合し、待っている間の表情や仕草も本当に様々です。招集員は、これからまさにレースをするという選手たちと話をすることができるので私にとっては非常に好きなポジションです。


【全国大会に行きたい!】
【あの子には負けたくない】
【緊張する・・・】
【いい記録がでるだろうか・・】
【駄目かも知れない・・】


普段はコーチで大会に参加しているので、我がチームの選手のみに目がいきますが、招集員は参加する全ての選手に対して声がけすることができます。


招集所にきた一人の選手が「泳げるかな・・・」と聞いてきました。


違うチームの選手なのですが、聞くと初めて長水路(50m)プールで泳ぐ事に不安を抱えていて、「大丈夫!ターンも無いからスタートさえ失敗しなければ後は練習の泳ぎをするだけだから!」と言って送り出しました。


泳ぎ終えて、荷物を取りに来たその選手は「ありがとう!大丈夫だった!」と清々しい笑顔で戻っていってました(^.^)


『不安もプレッシャーもありますが、それをはねのけられるのは、納得できる練習しかないんです。』 谷亮子(女子柔道家)


『練習の成果を出す事』

これが選手にとって全てであり、コーチも保護者もそのサポート役な訳で、競技役員も少なからずその役割を負っているのだと感じます。


招集所でかけられた一言で、緊張が和らいだり、勇気が湧いたりする選手も沢山いるようで、私も「いいレース期待しているよ!」と沢山の選手を送り出しました。

普段の生活でも自分が誰かにかけた何気ない一言が、ひょっとしたら少なからずの『力添え』になっているかもしれません。反対に何気ない一言でやる気をなくしてしまうことだってあり得ます。だからこそ言葉は重要なんだということをこの2日間で実感しました。


さあ体調も良くなったので、今日の夜はビールでも飲んでのんびりしようと思います。つまみには何を添えようかを今から考えます"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 10:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

『希望』

今日は久しぶりの休日です。ゴールデンウィークは何処にも出かけることが出来なかったので、ドライブも兼ねて三井アウトレットパークに行ってきました(^^♪

平日だったので駐車場の混雑も無く、ゆっくりと店舗を見ることができました。

家に帰ってブログを確認すると、大学進学で北海道を離れた選手からコメントが来ていました(^.^)

コメントには「大阪に来てもう1ヵ月が経ちますが、未だに北海道に帰りたいと思う事が少なくありません。」と書いてあり、進学の為、誰も知らない札幌の土地に来た当時の自分と重ね合わせてしまいました。

【いつか立派な水泳コーチになりたい】という夢を抱き、意気揚々と田舎を後にしてきましたが、友達も知り合いも居ない、土地勘も全く分からない中での生活で感じたなんともいえない不安を今でも鮮明に記憶しています。


『とかく人間の感情というものは、うまくいけば有頂天になるが、悪くなったら悲観する。これは人間の一つの弱い面だが、それをなるべく少なくして、いつの場合でも淡々とやる。信念を持っていつも希望を失わないでやることだ。』 松下幸之助(松下電器創業者)



『希望』という意味を調べると、あることの実現をのぞみ願うこと。将来に対する期待と明るい見通し。 とありました。


『希』 【メ+メ+巾(ぬの)】

『メ』は巾(ぬの)にある折り目を表し、その折り目の隙間から見えるものが『希』である訳です。

『望』 【壬(立ち上がっている人)+亡(L字の囲い)+月】

遠く見えない月をつま先立ちになって見ようとする様が『望』という字を形成しています。


つまり希望とは決して明るい道を進むわけではなく、先が見えない遠い道のりを手探りで歩いていくという隠れた意味があるのだと感じます。


コメントには「だけど、それこそ自分で決めた道なので最後まで頑張りたいなと思っています。」と続いていました。


このブログで書く私のこのつたない文章も、誰かの希望という道に少なからずの明かりを灯せるのなら、それは本当に素晴らしい事なのでしょう。私も希望を胸に田舎から出てきた当時のような初心を思い出し、明日からまた頑張ろうと思います。


最後は日本人大リーグ選手の道を開拓した野茂選手の言葉で。


『やっぱりスポーツ選手は世界に出なきゃいけないとつくづく思いました。行かなきゃ何もわからないんです。』 野茂英雄(元メジャーリーグ選手)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育
posted by 日刊吉田 at 00:03| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

『接続詞』

今日で無事にJOが終了しました(^_^)

我がチームのリレーは決勝進出できると想定していたのですが、結果は12位と、惜しくも予選敗退となりました(T_T)/~~~

戻ってきた選手は、悔しさをあらわにして私の元に戻ってきました。

「悔しいか?」と問いかけると、みんな一斉に「はい・・」と言っていました。

『うまくいかなくても、それをどう反省して 次につなげていくかが大事』 中村俊輔(サッカー選手)


【結果が良かった】→『だから』→【明日からまた頑張ろう】

【結果が悪かった】→『だけど』→【明日からまた頑張ろう】


結果が良かったときは順接を、結果が悪かったときは逆接の接続詞を選択することで、その後の文脈が前向きになります。

今回の大会ではベストが出た選手も出なかった選手も居ましたが、この経験をよりよいものにする為には、接続詞の選び方が非常に重要だと言えるでしょう。


明日は会議が控えているのに、もう既に1時を回ってしまいました(-_-;)『だから』そろそろ寝ようと思います^_^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 00:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

『証』

JOも今日で3日目が終わりました(^_^)

さすがに全国大会だけあって、レベルの高い競技が日々繰り返されています。

我がチームの選手たちも、とてもいいレースをしてくれていて、私自身頼もしく思えるくらいですし、またナショナル合宿やシンガポール遠征で共にした選手達やコーチ達が、私の姿を見つけて声を掛けてくれ、いつもよりも新鮮な気持ちで毎日を過ごしています(^.^)


そして・・・今回4年生の女の子が、50m背泳ぎで見事に優勝してくれました\(^o^)/しかも大会新記録というおまけつき!本当にシビレるレースでした(^^♪

私のチームの選手たちは、年度初めに目標ノートを記入し、自分が1年間でどうなりたいか、またその為には何をしなければいけないのかを、小学生から高校生まで全員が、それぞれ考えます。

ちなみにこの選手は『春のJOで優勝する』と1年前から目標に置いて毎日の練習に取り組んでいました。



『ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし誰かと見る夢は現実だ。』 オノ・ヨーコ



目標を見失いそうになる時、諦めそうになった時、不安に駆られた時など、彼女にとって今日までの道のりは決して順調だった訳ではありませんでした。

私にとっても同様でしたが、その逆境を他のコーチの助言や、父兄の協力などの一つ一つが解決をしてくれました。この一年を振り返ると、なんとも言えない深い充実感を感じます。


私には支えるべき選手たちが沢山居ます。ですがその私を支えてくれる沢山の人達が回りに居ます。私がこうして大会に来ている時には、スクールで授業をカバーしてくれるスタッフが居ます。本当に一人だけでは何もできないことを実感し、でも自分は一人ではないことに感謝な訳なのです。

人は毎日何かの『証』を残して生活をしています。【自分ができることなんて・・・】とか【どうせ僕なんて・・・】みたいなことを思うことって、とても多いと思いますし、私もそういう日々の繰り返しです。ですが、【きっと何かの証を残しているのかも】と思えることで、日々の生活がポジティブになるように感じます。

ちなみに自分の顔を見てみると、いつもよりも目が充血していました。きっと寝不足の証なのかも知れません^_^;

明日はいよいよ最終日。チーム力が試されるリレーが待っています。今日は、何年か前に公共広告機構のCMで流れていたこのフレーズで締めて、寝ようと思います。

『くじけそうなのは、あなたが進んでいる証。
 しかられたのは、あなたが愛されている証。
 つらいのは、あなたがあきらめていない証。』



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育
posted by 日刊吉田 at 23:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

『模範』

いや〜ブログを更新しようと思ったら、「メンテナンスの為・・・・」との文字が2日間も続いてしまいました(^_^;)毎日チェックしてくれている皆様にもご心配おかけしましたが、今は順調に観閲できているようですので、ご安心下さい(^.^)

さて、この前の日曜日にマスターズの大会があり、当スクールで練習をしている会員さんが、なんとマスターズ日本記録を樹立しました(^^♪

マスターズは5歳刻みで区分が分かれているのですが、この会員さんは今年で80歳。80〜84歳の区分に上がり、最初の大会での快挙でした!

200m自由形をそれまでの日本記録を15秒も上回る3分36秒で泳いだのですが、これは50mを54秒平均なわけで、80歳でこの記録は本当に凄いことです\(◎o◎)/!

でも良く考えたら、私の授業は1時間30分で約3,000mのメニューで実施し、泳ぐ人は4,000mを越えています^_^;このメニューを80歳で淡々とこなしていること自体が凄いと改めて感じたのと、こんな事をさせている私は『鬼』と思われているのではないかと、いささか疑念を抱いた次第です(^_^;)

『人を動かす唯一の方法は、みずから模範を示すことです。』アルベルト・アインシュタイン(理論物理学者)

50歳を過ぎてから水泳を始めたという経歴があるこの会員さん。通常考えれば不可能だと思われるようなことでも続けている事で可能にした、とてもいい模範だと思います。

毎日一生懸命に練習をしている選手達や、仲間と楽しみながら練習に参加するマスターズの会員さん。自分自身では気付いていないかも知れませんが、毎日ひたむきに練習をしている姿は、きっと見ている誰かに対しての模範となっているのだと思うんです。

大会後、練習に来たその会員さんに「おめでとうございます!凄いですね」と話したら、「風邪ひいて体調はちょっと悪かったんですけど、なんとか持ちました」と言っていました。

【体調が良かったら一体どうなっていたんだ(-_-;)】そんな思いにさせられたのでした"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 22:44| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

『卒啄同時』

先週体験レッスンを受講された一人の女性の方が、今日入会手続きに来ました(^_^)

実はその方は体験レッスンを受講した後、疲労感が強くて、練習についていけるか不安になり、入会するかどうかを非常に悩んでいたそうです。

体験レッスンを担当したコーチが何日か経ってから電話を掛けたのが、ちょうどそのタイミングの時だったようで、コーチと話をする中で安心感が生まれ、入会する事を決心したそうです。

「本当にコーチから電話貰ってなかったら、入会していたかどうか今でも迷っていたかも知れません。宜しくお伝え下さい(^.^)」

その後、担当コーチに入会した事を伝えると、非常に喜んでいました。


ヒナ鳥はいざ生まれ出ようとする時に、内側から懸命に殻をつつきます。その音を聞いた親鳥は外側から殻をつつき、ヒナ鳥を助けます。

ヒナ鳥が内側からつつくことを「卒」と言い、親鳥が外側からつつくことを「啄」と言うそうで、これを同時に行なうことによって殻が破れて中からヒナ鳥が出てくる事を禅の言葉では『卒啄同時』というそうです。


何気ない一本の電話が、その会員さんにとっては絶好のタイミングだった訳で、遅すぎても、また早すぎても殻を割ることはできなかったかも知れません。選手指導をしていて実感する事ですが、言葉がけのタイミングというものがその選手に合致すると、とんでもない程の成長を見せてくれる時があります。

コーチと選手、上司と部下、親と子etc・・・

求められたニーズに対して、必要な内容を、必要な量だけ与えてあげる事こそ、指導や教育に欠かせない大切なポイントなのだと思います。


マラソンの監督である小出義雄氏が「褒め方もタイミングです」と言っていた事を思い出し、ベストのタイミングでベストの言葉をチョイスできるコーチ能力を磨く重要性を改めて感じさせられる今日の出来事でした。


ちなみにタイトルを打つときに《そったくどうじ》と入力したら、『反った工藤時』と変換されたのには失笑してしまいましたが^_^;


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 01:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

『時の重さ』

年明け早々、選手の練習、特別教室の運営と朝から夜まで超ハードな毎日を過ごし、この連休では今年初めての遠征大会もあり、一日一日がとても充実しています(^.^)

なかなか更新されないブログを観閲させてしまう毎日だったと思いますが、日々のクリックには本当に感謝しています(^_^)

昨日は成人の日。ニュースでは各地の成人式の様子が映し出されていました。20歳を迎えた若者達はどんな夢や希望を抱いて成人式を迎えたことでしょう。

私が成人したのは1993年。この年はこんなことがありました。

・皇太子様が小和田雅子さんと結婚。
・曙が外国人初の横綱に昇進。
・Jリーグ開幕。
・細川連立内閣発足。
・北海道釧路沖地震、南西沖地震が起こる。
・田中角栄死去。
・ドーハの悲劇。

今現在も不況と呼ばれていますが、振り返ると私が20歳の時も、激動の年だったと思います。

私自身、専門学校を卒業したにも関わらず、就職も決まらないまま20歳を迎えました。【絶対に水泳のコーチになってやる】という志と、【このままでいいのだろうか】という不安の葛藤の中に居た事を今でもはっきりと思い出されます。

就職難であるこの時代に生きる若者達の抱く複雑な感情を、私にはちょっとわかるような気がします。

しかし今思えば、すんなりと就職できなくて良かったと感じています。この時期を経験したことで、『諦める』という選択肢を選ばないようになったと感じています。また自分が決めた道は絶対に叶えてやろうという信念を抱くようになりました。

私より1歳年上の魁皇が、千代の富士の幕内勝利数を越えて歴代1位になりました。横綱昇進には手が届かず、大関陥落の角番を何度も繰り返しながらも相撲を取り組む姿は、本当に感動ものです。

時間は誰でも同じように過ぎていきます。大切な事はその時間をどれだけの深さや重さを持って過ごしていくかなのだと思います。20歳の時の自分自身を振り返る事で、何となく背筋をピンと伸ばして明日からまた頑張れるような、そんな気がします。

今日の最後は、未来ある若者へのメッセージも込めて、私が20歳の時にベストセラーとなった『生きるヒント』の著書である五木寛之さんの言葉で締めたいと思います。

『楽しいことは長続きする。好きなことは長続きする。気持ちのいいことは長続きする。そうでないことは、どんなに強制されても結局は続かない。』五木寛之(小説家)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 23:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

『青』

新年明けましておめでとうございます<(_ _)>

札幌の元日の朝は天気予報とは裏腹でとても清々しい晴天でした(^^♪犬の散歩をしながら【こんな天気のように今年もいい年であったらいいな〜】って素朴に感じました。初夢はまったく記憶に残っていませんが^_^;

『青』=「生」+「丼」

以前の記事『すみきった心』でも書いたのですが、『青』は【きよらか、すみきった】という意味が込められています。

『生』は大地から出る草木を表している文字であり、『丼』は井戸の中の水を表していて、『月』はそれが変化したものだそうです。

大地から生える草木、井戸の中の水、どちらも澄み切ったものであり、その字を組み合わせたものが『青』なのです。とても素晴らしい漢字だと思います。

昨年は、私にとって思いで深き一年でした。

・課長という責任ある役職に就いた事。
・JOでの優勝者育成と大会新記録の樹立。
・自身の優秀コーチ賞の樹立。
・グループ全国大会でのリレーでの優勝と優秀選手の育成。
・国体選手の育成と国体参加。
・ナショナル選手の育成とナショナル合宿参加。
・マスターズニュースに当スクールが紹介された事。
・妻が妊娠した事。

周りからは「まだ無理だよ」と言われたりすることもありました。しかし私自身は【いつかきっと】と願っていた事柄ばかりです。そして羅列したその全てが、私の想いに共感し、協力してくれた人達が居たからこそ成し得たものばかりです。


『成果=願い×強さ+協力者』

だということを年々実感させられます。心から強く願い、そしてそれを素直に受け止めてくれる人達に支えられて今がある。心からそう思います。


2010年最初のタイトルを『青』としたのは、【何事も疑うことからではなく信じることから始められるように】また、【偏った見方ではなく素直な澄み切った感情を持てるように】との願掛けの意味からです。

私も今年は37歳。『青年』とは呼ばれない歳になってきましたが、少なくとも心だけは澄み切っていたいものです"^_^"

しかし、親せきの子供に対し『お兄さん』と呼ばせることを強要する私の心は決して澄み切っているとは思えませんが^^;


今年も一年どうか『日刊吉田』をご愛読下さいますようお願い致します<(_ _)>


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 04:34| 🌀| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

『夢叶うとき』

3日間のグループの全国大会が無事終了しました。非常にレベルの高い白熱としたレースの毎日で、1日が本当にあっという間に過ぎていきました(^.^)

予想以上の成果を出し驚いていた選手、狙った記録や順位に届かず悔しい思いをした選手。結果の良し悪しとは別に、『夢』に向かって一生懸命に戦っていたと思います。

そして、私自身この大会で大きな目標に掲げていたのは、中学生のメドレーリレーでの優勝でした。

私には持論があって、『ひとりだけが信じる夢は決して叶わない。』という事です。夢を持ったのなら、それを語り合える仲間が必要であり、支えてくれたり協力してくれる人が必要です。また自分と同じ位、必ず叶うと信じてくれる仲間が必要だと思っています。

ですから今年の春からリレーメンバーにも他のスタッフにも「リレーで優勝するぞ」と何度も何度も言い続け、きっと選手達には呪文を唱えられているかのような気持ちになったかも知れません(~_~;)

事実、春先では優勝の目標記録まで12秒以上もあり、半年で100m約3秒も一人ひとりが縮めなくてはいけませんから、【また吉田コーチ無謀な事言ってるよ】と最初は思われていたと思います"^_^"

しかし夢を語ると、不思議なことに実現へ向けての具体的な思考にシフトしていきます。私も全国のチームの選手のベスト記録を調べ、どのチームがライバルとなるのかを調べたりして優勝予想タイムを推測し、それが出るかの可能性をメンバーみんなで考えます。

それからの半年間、順調に個人の記録が上がり、9月頃には【ひょっとしていけるかも・・】だったのが、10月頃には【優勝できる!】に変化していました。リレーに出ない選手達や他のコーチ達も自然に応援してくれるようになっていました。

そしてレース当日。唯一ライバルとなりそうなチームは一つ前の組で泳ぎ、予想の記録よりも下回っていました。【いける!】そう確信し、レースに備える選手達の所へ駆け寄ると、「絶対に勝つ!」と強い返事をくれました。

背泳ぎ、平泳ぎと引継ぎ、バタフライの段階ではダントツの1位でした。最後の自由形の選手が更に他チームを引き離す圧倒的なレースを私は涙なしには見ることができませんでした。

電光掲示板に目をやると、大会記録には1秒及ばなかったのですが、北海道中学記録を5秒も更新する素晴らしい記録での優勝でした(^_^)v

表彰台のてっぺんから見える彼らの景色がどんなものだったのか、私には見ることはできませんが、応援してくれたチームの選手、保護者、協力してくれた他のスタッフみんなで叶えた夢である事に間違いありません。


『自分には、自分に与えられた道がある。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあれば、くだりもある。思案にあまる時もあろう。しかし、心を定め希望を持って歩むならば必ず道は開けてくる。深い喜びもそこから生まれてくる。』 松下幸之助(松下電工創業者)


自分が周りにできる事。きっと大きな事はできないと自負しています。ですが、もしも周りに夢を持つ人がいたときに、その夢を語り合い、信じてあげる事ができる人間にはなりたいと思います。そうする事で物事がプラスに進むような気がするのです。

帰りの飛行機の中では、景色も見ずにあっという間に夢の中でした"^_^"物事がプラスに進む事を願いつつも、起きたときにはマイナス1℃の札幌に到着していました(~_~;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 02:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

『充電』

先日のマスターズ大会で「最近ブログ更新してないけど忙しいの?」と沢山の方に言われる位、忙しい毎日でした^^;それでも今日の休みはゆっくりと過ごす事ができ、充電完了って感じです。

実は、今月から一人の元選手がまた水泳を始めました。今は大学3年生で、高校卒業とともに引退したので、丸々2年ぶりのプールでの練習に、ブランクを肌で感じていたようです。

折角なので、久しぶりに会った彼を飲みに連れて行きました。小学4年の時から知っているので、既に10年の月日が流れています。2人で思い出話に花を咲かせ、気付けば閉店時間となってしまいました^_^;

彼は私がコーチになってから出会った初めてのJO優勝者であり、常に全国トップレベルの成績を出し続けてきた素晴らしい選手で、私のコーチ経験にとって、欠かすことの出来ない存在です。

「本当はもっと早く泳ぎたかったんだけど、なんか戻りにくくって・・・でも俺やっぱり、もう一回頑張ってみたいんです。」

一度引退を決意した選手がもう一度、プールに戻るのは結構勇気がいるのだと思います。自分の信念を曲げるように思われるのではないかという、変なプライドが邪魔をし、行動に移せない事って誰にでもある事なのではないでしょうか。


『心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない』 本田宗一郎(ホンダ創業者)


「それ良くわかるぞ。でも引退せずに続けていたら自分が水泳を好きだったことに気付かなかったんじゃないか?だからそれが理解できる為に必要な時間だったんだとコーチは思うよ。自分にとっての『充電期間』だったと思えばいいんだから。」


今までの経験が確かなものであれば、やり直すということは決して0からのスタートではないはずです。むしろやり直す時のほうが、精神面ではプラスからスタートできると思います。

2年間の充電期間を終えた彼が、また目標を持って取り組む姿に、なんとも感慨深いものがありました。そんな彼にこんな質問をしました。


私「ところで、コーチやっぱり老けた?」

A君「・・・・・(;一_一)」

私「あっ、やっぱりいいわ^_^;」


無言である事が全ての答えを物語ってました(^_^メ)



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 11:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

『試す事の大切さ』

先日の大会で、100m自由形に出場した選手が、なんと約30mもの距離を無呼吸で泳ぎました。50mのラップはベストタイム。しかし後半は力尽きラスト10m位で失速してしまいました。残念ながらベスト記録は出ませんでした。

レースを終えた選手がしばらくして、落ち込んで帰ってきました。

私  「レースどうだった?」

A君 「よく覚えてないんだけど・・とにかく前半を思いっきり入ろうと思って(-_-;)」

私  「そうか、積極的に行ったんだ。だけど後半落ちちゃったな。」

A君 「もう腕が上がんなくなっちゃった^^;」

私  「じゃあ次回はどうするの?」

A君 「次も積極的にレースするけど、もう少し呼吸に気をつける!」

私  「そうか、じゃあ練習で意識してみてごらん(^.^)」


『人生は見たり、聞いたり、試したりの3つの知恵でまとまっているが、多くの人は見たり聞いたりばかりで一番重要な“試したり”をほとんどしない。ありふれたことだが失敗と成功は裏腹になっている。みんな失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。』 本田宗一郎(本田技研工業創始者)

起業家や創始者の言葉を私はよくブログで引用するのですが、成功者の多くがとてつもない失敗を経験していて、だけどそれを糧に『試す』事を続け、その後の成功に繋がっています。つまり失敗した後に諦めるのか続けるのかの選択次第で、成功度合いが変わるのでしょう。

日本ハムファイターズ元ヘッドコーチの白井一幸氏の講演を受けた時に、「成功した時にはgood job!失敗した時はnice try!」というお話があり、この言葉がとても印象深く残っています。

『試合』とは当て字だそうですが、字のごとく練習の成果を試し合う事なのだと思うんです。試合は勝つ事、成果を出す事が一番重要です。ですがそれは『試した結果』である事が大切だと思うんです。そして試した結果、失敗したとして、それは悪い事では無く成功へのヒントを貰えたという事なのでしょう。

この選手も、きっと次は今より成長したレースをしてくれると思いますし、彼の失敗を責めては絶対にいけないのでしょう。

SMAPの草gさんが、泥酔の為公然わいせつ罪で捕まり、釈放後の記者会見で謝罪を繰り返していました。この失敗を糧に、彼はどんな事を今後試すのか。非常に興味深いです。

しかしながら、逮捕当日のニュースを受けて、私はスタッフは勿論、マスターズの会員さんから、「コーチも気をつけてね^^;」と言われてしまいました"^_^"

全裸になるという事は言語道断でしょうし、私は気をつけていますが、なんとなく草gさんの心情に理解を示している自分は、本当に気をつけなくてはならないのでしょう(-_-;)


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育
posted by 日刊吉田 at 00:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

『会者定離』

『厄日物語』を読んでくれた方から、「面白かったよ(^^♪」との感想を沢山頂きました。なんとも複雑な気分ですが・・・"^_^"

3月に入り、明日に迫る来年度予算ヒアリング会議の準備に追われ、ブログ更新もままならない日々が続きました^^;

年度を感慨深く振り返る事、誰かと別れる寂しさ、春の到来を心待ちする高揚感・・・年度末は様々な感情が交錯します。

『人間、自分ひとりでできることには限界がある。だけど、人と力を合わせると、不思議なことに不可能も可能に、夢も現実になっていく。だから出会う人を大切にするんだよ。』 衣笠祥雄(プロ野球選手)

先日の親睦会では20名以上のスタッフ達と、とても楽しい時間を過ごしました。現スクールに着任し丸6年が経過しますが、私が自信を持てるのは、協力的なスタッフが居てくれるからこそで、それは年々強固になっている事を実感しています。

選手チームも同様で、私の意図する事を感じてくれる選手が居てくれる事、協力的に支えてくれる他のコーチや保護者。私一人では今のチームは出来なかったでしょうし、選手も個人では今までの成績を上げる事はできないと思います。つまり、チームとは協力的な人達の絶対数と共通認識度合に比例して、良くまとまっていくのだと思います。


『会者定離』とは、会った者は必ず別れる運命にあるという、人の世のはかなさを意味した四字熟語なのですが、私も心の何処かでこの事を感じて生きているように思います。

【いつか別れるかもしれない】

この感情が、自分のできる事は協力しようとする気持ちに繋がり、また支えてくれる人達が居る事に感謝できるのだと思うんです。

親睦会の終わりの乾杯挨拶では、スタッフみんなの顔を見ながら話していると、なんとなく感慨無量になってしまい、込み上げる感情を抑える事ができませんでした。また選手担当コーチ一同から、昇進祝いを貰い、中を開けてみると私が欲しかったストップウォッチが入っていました。私にとって一生の宝物となるでしょう。

全国大会もあと3週間後に迫っています。これからも自分ができる事を精一杯、頑張ろうと思います。

ちなみに・・・・後輩にウォッチを貰う際、「吉田コーチ、すぐ物を紛失するから、このウォッチは失くさないで下さいよ(-_-;)」と念を押されました^^;

ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育







posted by 日刊吉田 at 13:55| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

『今だからわかる事』

インフルエンザで寝込んでいる間、あまりにもする事が無かった為、会員さんがお勧めしてしてくれた1冊の本を読破しました。

《カリスマ体育教師の常勝教育》

原田隆史さんという体育教師が書いた本なのですが、ごく普通の公立中学校の陸上部監督として7年間で13名もの日本一選手を育て、現在は大学講師やビジネス講師として活躍している『カリスマ』なのです。

会員さんは私のブログ記事を読んで、原田さんと相通ずる事が沢山あると紹介してくれたのですが、実は教えてもらうまで私は全く知りませんでした"^_^"


・靴を揃える
・挨拶をしっかりする
・身の回りを掃除する
・奉仕活動に取り組む
・何事も常に全力で挑む



本には、陸上の技術面ではなく、沢山の生活指導についての実践が書かれていました。生活指導を徹底していく事が、結果としてスポーツで『日本一』にまで辿り着く秘訣だと書いています。そして陸上を通じて社会に出た時に『自立型人間』として活躍して欲しいという強い願いも書かれてありました。

とても面白い本で、確かに私も水泳指導を通じて伝えたい共通する部分が沢山ありました。違う点は私が『カリスマ』ではないという所ですが(~_~;)

『帰ったら靴を揃える、自分のものだけではなしに家族のものも揃える、よそへ行っても揃えることです』 鍵山秀三郎(イエローハット創設者)


原田氏も鍵山氏も共通しているのは『靴を揃える』という単純作業の事ではなくて、当たり前の事を当たり前の様にやるという『凡事徹底』という事でしょう。

小さいときは気付かなかったけど大人になってから理解できる事って結構あります。こういう『躾』については特にそうだと最近感じるようになりました。

『○○と思うな人生と思え!』原田隆史(教師)


例えば子供なら勉強、例えばお父さんだったら仕事、お母さんなら家事など、当たり前のように過ごす単調な作業も、やはり戻ることができない人生な訳です。何十年か経って振り返った後、【あの時がんばっていて良かったな〜】って思える様にする為には、どんな些細な事でも何かの意味を持たせ、全力で取り組むべきなんだと思います。

寝る前にふと玄関を見ると、不ぞろいの私の靴がありました(~_~;)イソイソと靴を揃えながら、まだまだ未熟だという事がわかりました(-_-;)

ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育
posted by 日刊吉田 at 02:33| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

『憶えるとは』

冬休みの期間中は、特別教室を実施し、通常プールで泳いでいない子供達が習いにきます。

一年を通して、水泳を習ってくれる事が私にとっての理想ですが、他の習い事との兼ね合い、時間的な事や交通手段の理由がある訳で、こういった休みの期間を利用して水泳を習いに来てくれる子供達が居てくれる事もとても嬉しいのです(^_^)

通常習っているジュニアクラスの生徒達と一緒に練習し、たった4日間という短い期間の中で、とても楽しそうに上達する姿を見ると、指導している私も充実感で一杯になります。

期間終了後、習っていた兄弟の生徒さんから手紙を貰いました(^_^)

「今回はとてもいっぱい教えてくれてありがとうございます!わかりやすくて、らくに泳ぐことができるようになりました。とてもたのしかったです!また教えて下さい。」

子供って『好奇心=向上心』なんだと思います。つまり【上手になれるかな】という興味が【上手になりたい】という気持ちになる訳で、そこに『努力』が加わり、ひとつのいい結果が出る事で新たな好奇心が生まれるのだと思います。

  『憶』 (意+心) 

『意』は音と心を組み合わせた文字で、神への祈りに対して、神は小さな音で神意を表し、その小さな音の意味を心でおしはかる事なのだそうです。

小さな音で答えを出すという事は結局の所『ヒント』なのだと思うんです。そのヒントを自分の心で前向きな答えとして捉える事が『意』であって、それを心の中に留めて置く事が『憶』なのです。

日常での出来事を、いいイメージで記憶する事が、毎日を充実させる為のちょっとした工夫なのかも知れません。

最近はちょっと身体が重いので、ビールを飲むのを控えていますが、お風呂上りの一杯がとっても美味しい事は私の記憶から離れていません(~_~;)

ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 10:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

『命の重さ』

実は専門学校の友人が急病の為、元旦に亡くなってしまいました。

風邪のウィルスが脳に回り、急性脳症という病名で亡くなったのですが、スノーボードでは日本トップレベルの実力があり、全日本大会で活躍し、またホノルルマラソンに参加したりする等、本当に活発で明るい女性でした。

通夜では、泣き崩れるお母さんに言葉をかける事ができませんでした。ただただ35歳という若い死を、未だ信じられない心境でいます。

『命』 口(神への祝詞を入れた器)+令(儀式用の帽子を被り、ひざまずいて御告げを受ける人)


世間では、とても惨殺な事件や、自ら命を絶ってしまうニュースで溢れています。神へ祝詞を唱えて祈り、神様から与えられたものこそが『命』という字の成り立ちであり、つまり与えられた命だからこそ、生かされている自分には何かの意味があるはずなのです。


『身近な人の死に逢うたびに 私は人間の命のはかなさにガクゼンとします。この世に人間として生きている尊さを骨身にしみて感じる時、私には仕事への闘志が湧いてきます。』 相田みつを


私よりも、ずっとずっと沢山の可能性があった友人でした。未だ現実を受け入れる事はできませんが、友人の事を一生忘れずに、自分自身に与えられた命を大切に生きていく事が私ができる事だろうって思うんです。

面識のある方は勿論会った事の無い方も、【ブログを読んでくれるかけがえのない人達】です。皆様には心から健康でいて欲しいという願いと、『命の重さ』についての私の思いが伝わってくれたら、そんな風に思います。


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票

こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 16:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。