2011年05月29日

『適応力』

気が付けばあっと言う間に5月が過ぎ去ろうとしています。学生や社会人などは新年度が始まりようやくその環境に慣れてくる頃でしょうか。

最近読んだ本で、仕事でも生活でも『適応力』のある人が強いという記事がありました。

進学・転勤・転職・引越し・一人暮らしetc・・・

生活する中で環境の変化というものは誰にでも訪れるもので、私も毎年毎年同じようなサイクルで一年を過ごしている訳ですが、やはりその年その年で大なり小なりの変化があり、その都度その変化に適応していかなくてはなりません。

ですから適応力がある人はどんなに環境が変化しても、それを良化と捉え徐々に能力を発揮していき安心や希望が湧き、反対に適応力が無い人は環境の変化に耐えられず不安や不満が募っていくというのです。

確かに【なるほどな〜】って思いました。私も忙しい時や自分の思い通りに事が進まなかったりする時は、【何でこんなに忙しいんだ】とか【なんで自分だけが・・】みたいな感情になりそうになる事が多々あります。

ですが、そうは思っていてもその感情を表情や態度には絶対に出さないようにしようとは常に心がけています。何故かというと、その不満や不安を口にする事で適応力がないように周りに思われそうだからです。

振り返ると辛い環境やその状態になった時こそ着丈に振る舞い、前向きにな言葉を使うようにしていくと本当にその後が好転していったように感じます。逆にその環境に対して自分を適応できなければ事態は何も変化しないと思います。

『変化に早く適応すること。遅れれば適応できなくなるかもしれない。最大の障害は自分自身の中にある。自分が変わらなければ好転しない。』 スペンサー・ジョンソン(アメリカの医学博士)

皆さんも逆境になるほど能力を発揮したり、力強さを感じたりする人が周りにいませんか?そういう人って自分だったら【無理だろう・・】って感じることに対して【よーしやってやるか!】って感じで行動に出ますよね。きっと変化を適応力を試すチャンスと捉えていて、私もそういう困難や変化を前向きに捉えることができるよう日々を過ごしていきたいと感じています。

被災地では現在も過酷な環境下の中で生活している被災者が大勢いる訳で、その中で必死に適応しようとする姿をテレビで拝見しています。皆さんも環境の変化や困難に立ち向かっている事で心が折れそうな時は【適応力を試されている時だ】という思いを行動や言動にできたら、ひょっとして新たな強い自分に出会えるのかも知れません。

明日はマスターズの大会です・・・っていうか既に0時を回っているではないですか^^;
そろそろ寝て明日に備えないと、眠気に対して適応力があるのかを試す一日となってしまいますね"^_^"

今日の最後は、私が困難に出会い勇気が欲しい時に聞くこの曲で締めたいと思います。





『何度でも』 DREAM COME TRUE

こみ上げてくる涙を何階拭いたら 伝えたい言葉は届くだろう?
誰かや何かに怒っても 出口はないから

何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ きみの名前 声が涸れるまで
悔しくて苦しくて がんばってもどうしようもない時も きみ思い出すよ

10000回だめで へとへとになっても 10001回目は何か変わるかもしれない

口にする度 本当に伝えたい言葉は ぽろぽろとこぼれて逃げていく
悲しみに支配させてただ 潰されるのなら

何度でも何度でも何度でも 立ち上がり呼ぶよ きみの名前 声が涸れるまで
悔しくて苦しくて がんばってもどうしようもない時も きみ思い出すよ

10000回だめで かっこ悪くても 10001回目は何か変わるかもしれない

前を向いてしがみついて胸掻きむしってあきらめないで叫べ!

何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ きみの名前 声が涸れるまで
悔しくて苦しくて がんばってもどうしようもない時も きみの歌を思い出すよ

この先も躓いて傷ついて傷つけて終わりのないやり場のない怒りさえ
もどかしく抱きながらどうしてわからないんだ?伝わらないんだ? 
喘ぎ嘆きながら自分と戦ってみるよ

10000回だめで 望みなくなっても 10001回目は来る

君を呼ぶ声 力にしていくよ何度も 明日がその10001回目かもしれない・・・



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育








posted by 日刊吉田 at 00:38| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

『大丈夫』

今日は朝練が終わった後に、JOに出るはずだった選手達を連れてボウリングとビュッフェに行きました(^_^)v

JOが中止となったので、選手達をリフレッシュさせる為に何か方法が無いかな〜と考え急遽企画したのですが、ボウリングではいつもと違う選手達の楽しそうな表情が見え、ビュッフェではこれまた凄い食べっぷりを見せてもらいました"^_^"

ちなみに私はボウリングで過去最高となる『212』というスコアをたたき出し、みんなから「おとな気な〜い(-_-メ)」と言われましたが、そんな事は耳には入らず一人喜ぶのでしたヽ(^。^)ノ

この子達のレースする姿を本当であれば来週見れたのかと思うと、やはりちょっと寂しい気持ちもありますが、今日の最後にみんなで撮ったプリクラの表情はとても晴れやかで、『TEAM吉田黒ハートとペイントされた文字を見ながら私自身も気分を変えて頑張ろうと思った次第です(^.^)

そして、私の教え子に北海道を離れ本州の高校に進学する中学3年生の選手がいるのですが今日が最後の1日でした。

彼との思い出は本当に深く、思えば色々な事がありましたが、今まで良く私を信じて頑張ってくれた事、いつも心の何処かで【吉田コーチの為に】とか【チームの為に】などの思いを持ってレースに挑んでくれた事に今は感謝の気持ちしか浮かんできません。

思い返せば、彼が小学2年生でスクール生として平泳ぎクラスに在籍していた頃、通常のシフトの担当コーチが体調を崩し、たまたま私が代行で指導に入ったレッスンに、休んだ分の振替としてこれまた偶然に彼が授業に参加してきたのが初めての出会いでした。

授業中の彼の目が本当にキラキラと耀いていたのを今でもはっきりと記憶していますが、私が「君、とっても上手だから選手になってみないか?」とその授業で声を掛けたのが彼が選手になったきっかけとなりました。

今思うと偶然が重なっているので不思議ですが、それよりなにより本人が私の言葉を素直に受け止めていたことが非常に重要だったと思います。

「選手にならないか?」と言われて

【え〜自分には無理だ】

【えっ本当?じゃあやってみる】

両者のその後の行動は全く変わってきます。正直この頃の私は、選手クラスの増員を目標に取り組んでいたので、平泳ぎまで出来る小学1-2年生に片っ端から声がけしていたのも事実で、結局その時の問い合わせは彼一人だけでした。つまり前者の思考であれば選手にならずに終わっていたのかも知れませんが、彼は私の言葉を『素直』に受け入れた事が、今につながっているのだと思います。


『心が変われば行動が変わる
 行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
 人格が変われば運命が変わる』 ウィリアム・ジェームス(心理学者) 



チャンスというのは誰の前にもあるはずです。そのチャンスを掴むのはやはり『素直に受け入れる』というのは非常に大きなポイントだと思います。今の自分を変えることが後の運命すら変えることだって可能なわけです。

今回、高校の進路については家族ぐるみで本当に沢山の時間を費やして悩んできました。最終的には彼の気持ちを第一優先とし決断に至ったのですが、これが彼のチャンスの掴み方であり、小学2年生からずっと変わらない『素直さ』を持っている彼だからこそ私は心の底から温かく送り出してあげられます。

春のJOでは【北海道の為に】と【お世話になった人達の為に】の2つの思いを持ってレースに臨むはずだったので中止という決定には無念な思いもあるでしょう。昨日選手全員の前であいさつをさせたのですが、「どんなに辛い練習も素直に取り組まなくなったら駄目だと思います。コーチや親に感謝の気持ちを持って頑張って下さい」と言っていた彼の言葉が印象的でした。


今日のタイトルである『大丈夫』という言葉は、昔の中国の周の時代、周の1尺が170cm位だそうで、成人になった基準は身長が一尺に達した時としていたそうです。つまり一尺(丈)になった男性(夫)を『丈夫』と呼び、その中でも優秀な存在を『大丈夫』と読んでいたのが由来だそうです。

以前、彼から「コーチに大丈夫って言われたら本当にそんな風に思えるから不思議だ」と言われたことがあるのですが、彼にとっては私からの『大丈夫』という言葉が心強く思えたことがあったのでしょう。

今日の解散の時に彼と握手をしたら、思いっきり泣き出しそうになったので、「お前は大丈夫だからな!」と言ってその場を去りました。

日々の生活の中で、辛いこと、悲しいこと、悩むこと・・・思い通りにいかない時に、誰かの『大丈夫だよ』に救われた経験は沢山あります。だからこそ私も周りの人に対してこの言葉を贈り続けていきたいと思います。



『大丈夫』 jimama

どれだけの道のりを 君と乗り越えて来たんだろう
喜びや悲しみも 今は穏やかな風が包む

うまく言葉に出来ないけれど
傍にいて その笑顔 守りたくて

君の手を握り締め 大丈夫 大丈夫 そう呟いた
僕の大切な人 時を紡いで 生きてゆこう

ねぇ何度選んできた 右と左の分れ道
遠回りしてまた出会う そんな気がするよ 運命なら

忘れかけていた夢 気付かせてくれた
僕が君に出来ること なんだろうか

君と結んだこころ ありがとう ありがとう 信じているよ
僕の大切な人 未来の扉を ともに開こう

すれ違ったり誤解もあったけど
時が僕らを育てたね だから笑っていたいよ

どれだけの道のりを 君と乗り越えて来たんだろう
喜びや悲しみも 今は穏やかな風が包む


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育




posted by 日刊吉田 at 00:59| 北海道 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 好きな歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

『出発点』

いよいよ今日から10月、後期のシーズンスタートとなります(^.^)早速今週末は大会があり、どのような結果がでるのか今から楽しみにしています(^^♪

私事の話となりますが、実は昨日は10回目の結婚記念日でした(^^)v

10年という月日は長いようで短いようで・・・なんだか実感は沸いてこないのですが、家族が一人増えた事もあり『絆』は確実に深まっている事を年々感じる次第であります。

家族でもチームでも共通することは育った環境が全く違う個性の集団だという事です。考え方、行動の仕方、言葉の伝え方や伝わり方etc・・・・人によって性格は様々であり、そういう個性が一つになろうとする時に重要なのは『相互理解度』だと私は思っています。

誰にでもある長所と短所。時にはぶつかりあう事もありながらも尊重しあおうとすることの繰り返しが家族やチームを成熟させていき、やがてそれは団体の個性として際立っていくのではないでしょうか?

振り返れば、私のスイミングのスタッフ、選手クラスやマスターズクラスは本当に仲良しで、これはお互いの事を理解しようとする仲間同士の『思いやり』の深さなのだと感じています。



『今こそ出発点』

人生とは毎日が訓練である。
わたくし自身の訓練の場である。
失敗もできる訓練の場である。
生きているを喜ぶ訓練の場である。

今この幸せを喜ぶこともなく、いつどこで幸せになれるか。
この喜びをもとに全力で進めよう。
わたくし自身の将来は、今この瞬間ここにある。
今ここで頑張らずにいつ頑張る。

尾関宗園(大徳寺大仙院の住職)




『現在』というのは『過去』の積み重ねであり、『未来』は『現在』を積み重ねていくことな訳で、つまりこれからの未来はまさに『今をどう過ごしていくのか』という事に尽きるのでしょう。結婚10年という節目の時に、今を大事に過ごす重要性を教えられ、新たなスタートラインに立ったようなそんな気がしています。

今日の最後は自分にエールを込める意味も込めて、この歌で。


『スタートライン』   作詞:作曲 馬場俊英

もうダメさこれ以上前には進めないそんな日が誰にだってある
だけど雨でも晴れてもなんでもいつでも
その気になりゃ何度でもやり直せる何度でも

これからのことを思うと負けそうになる
心配なことがあってしゃがみそうになる
あと少しだけもう少しだけ強くならなくちゃ
でも大切なことはいつも誰も教えてくれない

だからそうだよくじけそうな時こそ遠くを見るんだよ
チャンスは何度でも君のそばに

この道の先に何が待ってるのかなんてわかるわけない
答えがあっても無くてもYesでもNoでも
決めた道を行くしかないさあるだろ?そんな時

青春と呼べた時代は過ぎたのに
今でも心の奥に風が吹き抜ける
優しい人にばかり悲しみが降りかかる
報われないことがここには多すぎる

だけどそうだよどんな時も信じることをやめないで
きっとチャンスは何度でも君のそばに

だからそうだよくじけそうな時こそ遠くを見るんだよ
見えないこのスタートラインからまたここから

きっとそうだよいつかきっと真心が何かに変わるんだよ
そうさチャンスは何度でもいつも君のそばに





ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育









posted by 日刊吉田 at 02:37| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きな歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

『前を向いて』

早いものでもう7月。ワールドカップもいよいよ今日から準々決勝が始まりますねヽ(^。^)ノ

しかし日本VSパラグアイ戦は白熱した試合で、0時を回り誕生日を迎えたのにも関わらず、試合に釘付けでした"^_^"

PK戦で惜しくも負けてしまいましたが、本当によく健闘したと思いますし、ベスト16に入ったことは誇りに思うべきでしょう。試合終了後、あんなに選手達が涙を流していた日本代表の姿は見たことがありません。それだけ本気で戦っていたことを物語っているように感じました。

その中でもPKを失敗した駒野選手は試合終了後ずっと下を向いて涙していた姿は非常に印象深く残っています。



『もし冬がなかったら、春の訪れはそんなに喜ばれないだろう。もし私達が逆境を乗り越えなければ、成功もそれほどうれしく感じないだろう。』 アン・ブラッドストリート(作家)


私たちは生活をしていく中で成功体験のみで過ごしていくというのはありえません。失敗を糧に次はどのように飛躍できるのか、そしてその時にどのような仲間と過ごしているのかが非常に重要だと思います。

苦しい経験から抜け出したときの成長は、成功したとき以上の成長を見せる事はよくあります。誰にも良いときもあれば、悪い時もある訳で、その時だけを考えると苦しいかもしれないけれど、長期的な視点で考えることも必要だと思います。

株価を例に上げると、日々の上下変動のみに一喜一憂されるのではなく、長期的展望を持って動向を見つめるということが重要だと言われているそうです。

一時的には上下変動していても、長期的には上昇しているイメージを描くことができれば、前向きな毎日を送る事ができるのだと思います。


敗戦後の夜は落ち込みのあまり一睡もできなかったそうです。しかし、日本に帰ってきてからの会見で駒野選手は「ずっと下を向いていたが、メンバーに励まされた。上を向いて帰って来られた」と言っていたのを聞き、本当にいいチームだったんだな〜としみじみ思いました。

いよいよ夏本番!我が選手達も全国大会に向けて大切なメインシーズンとなります。大会で良い結果を出すことが一番の目標ですが、失敗したときに前向きになれる素直な心と、その時に励ましあえるチームであることが重要だと改めて実感させられました。

元EXILEのボーカルである清木場 俊介さんの前向きになれるこの歌で締めたいと思います・・・あっそういえば誕生日プレゼントは来年の6月29日まで受付中です"^_^"


『今』 清木場 俊介

もしも生きる事に疲れたら 少しだけ休んでもいい?
それでもまだ立ち直れないなら 貴方の優しさを分けて下さい

誰も皆、本当は弱いから 現実から瞳をそむけるの
「一人じゃない」分かっていてもなお あふれ出る涙が止められなくて・・・

前を向いて歩いて行こう 何かに心がくずれそうでも
前を向いて唄ってゆくよ たった一つでも信じる事が
明日を生きる勇気に変わるから あきらめずに今を生きよう
 
深い悲しみの果てにまだ僕は さまよって出口を探す
「いつまでも挫けていないで」 貴方がそっと背中、押してくれた

前を向いて歩いてゆくよ 大切な何かを失っても
前を向いて僕は唄うよ たった一つでも信じることが
心を元気にさせてくれるから 今日も僕は唄を唄う

唄を唄おう貴方に届く様に 大切な何かを取り戻そう
だから唄うよ君に唄うよ たった一度のあやまちなんかで
本当の自分を失わぬ様に
前を向いて歩こう 前を向いて歩こう





ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育







posted by 日刊吉田 at 15:54| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

『集団の力』

「ヤッター\(^o^)/」

昨日の朝5:30の私の感情です!そう、W杯の日本代表戦を3時からしっかりと応援させてもらいました(^。^)

それにしても、開催前の強化試合であれだけ不安視されていたチームが本戦に入ってからは、非常にまとまりが出てきたように感じます。ニュースで強化試合後、選手が自主的にミーティングを重ね、時に激しく自分達の意見をぶつけながら意思統一を図ってきたという記事を読んだのですが、これがきっと大きな要因になっているのではないでしょうか?

チームの結束力がどれほど重要か。前回優勝国のイタリア、準優勝国のフランスの予選敗退がそれをよく物語っていると思います。

個人が集団から受ける影響は非常に大きいものがあります。私もあまり深い知識は無いのですが、社会心理学では集団が持つ魅力の事を『凝集性』と呼ぶそうです。

『対人的凝集性』〜メンバーたちが互いに好意をもつことに生じるもの。

『課題達成的凝集性』〜目標を達成できることにより生じるもの。


簡単にいうと対人的凝集性はチームの仲良し度や協力度、課題達成的凝集性はチームでの目標統一度と達成度のことを示します。つまりこの2つがバランスよく併せ持つチームが魅力のある集団だと言えます。

『○○JAPAN』・・・トルシエJAPAN、ジーコJAPAN、オシムJAPAN、岡田JAPAN・・・

サッカーの日本代表は常に監督の名前がチーム名についていますが、その監督の戦術に合わせることに選手が従事しすぎる傾向にあったと思います。つまりその監督の下、仲良しチームは出来上がるのですが、個の主張が見えにくく、選手自身が目標に向かってまとまるという『課題達成的凝集性』が足りなかったのだと思うのです。


「今チームが一つにまとまっている」
「監督・選手・スタッフみんなで戦っている」


選手のコメントは『岡田JAPAN』から純粋な『JAPAN』になりつつあるのではないかと思います。


『チームの強さとは、一人一人のメンバーなんだ。
一人一人のメンバーの強さとは、チームなんだ。』
フィル・ジャクソン(米国NBAの元選手・監督)



私たちは『家族』という小さな集団から、『会社』『地域』など大きさは違えど様々な集団の中で生活しています。そういった意味で、属する集団の中で自分がどう関わりあっていくのか、また凝集性の高いチーム作りに自分が寄与しているのかを、考えてみるのもいいのかも知れませんね。

ちなみに6月25日はマイケルジャクソンの一周忌です。世界を一つの集団としてまとまる事を強く望んだ彼のこの歌で締めようと思います。




ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育

posted by 日刊吉田 at 01:32| 北海道 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 好きな歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

『決心の強さ』

気が付けばもう6月。時の流れが年々早く感じるようになったのは歳のせいでしょうか^^;

5月30日に日本マスターズという全国規模の大会があり、当チームで練習をしているメンバーさん達も出場し、ベストが出た方も出なかった方もいましたが、とても楽しんでいるようでした(^.^)

6月以降はマスターズでもジュニア同様の水着規制が設けられる為、今回が高速水着を着用して参加できる最後の公認大会となり、日本記録や世界記録を狙いに全国各地から沢山のマスターズスイマーの参加がありました。

例年よりも高いレベルの記録が続出し、日本記録だけではなく世界記録まで更新されたレースもあり、見ていてとても楽しかったです(^^♪

そして我がチームのメンバーからも、マスターズ日本記録を更新した方が2名も誕生しました\(^o^)/

1500m自由形で見事日本記録を達成した方は、昨年も同じ大会で日本記録を狙い積極的にレースをしたのですが、最後失速し日本記録樹立は叶わず悔しい経験をしています。

それから一年この日を迎えるまで、本当に一生懸命練習に取り組む姿勢を間近で見てきて、いつしか私や一緒に練習しているメンバーさんたちの希望になっていたように思います。

レースでは、1000m位まではしっかりとレース配分を守り泳いでいたのですが、途中で腹筋がつりそうになるというアクシデントがあったり、隣で泳いでいた選手の激しい追い上げがペースを狂わせ、1200m位からはラップが落ちてきました。

しかし、最後の100mは驚異的なスパートで泳ぎきり、なんと日本記録を0.3秒更新したのでした(*^。^*)


『しっかり心に決めれば、それだけで目的は半分達成されたも同然である。【きっと成功してみせる】と決心することが何よりも重要だ。』 リンカーン(アメリカ第16代大統領)


後日、プールフロアーの特設ステージでチームメイトに祝福され、「去年失敗してから、今年は絶対に切ろうと決めてたので、本当に切れて良かったです。」とコメントしていました。


決心の強さに比例して目標の達成度合いが変化すると思います。そして決意の深さが、諦めない行動力を生むのだと思うんです。

目標に向かって努力する姿は周りの人達に『勇気』や『希望』を寄与し、目標を成し遂げた姿が『感動』を与えます。

諦めかけていたことや躊躇していること、ちょっとした決心がきっかけで行動に移せることがあるかもしれません。そして行動を起こすことで気付かぬうちに誰かに元気を与えることだってありえます。

今一度、自分ができる事を探してみる機会を作ってみるのもいいかもしれませんね。

今日の締めは、ゆずの『栄光の架け橋』をアテネオリンピックの映像を交えて。






ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 23:18| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 好きな歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

『彩り』

ゴールデンウィークも終わりましたが、皆さんはこの連休を満喫できたでしょうか?

実はこの休みの期間でプールサイドの内壁と床材をリニューアルしました(^^♪

床材交換は、プールサイド、更衣室に15cm角の小さな床材を敷き詰めるのですが、その数なんと6000枚を越えます\(◎o◎)/!

4月の末から90cm四方のサイズにあらかじめ作り貯めをし、4日と5日で一気に張替えをしたのですが、実はこの作業・・・・スタッフ総出で自分達で行ないました(^_^)v

床材をゴム製のハンマーでつなぎ合せるという単純作業を黙々と繰り返し、サイズが合わないところはカッターで加工します。端切れの床材も他の箇所に利用できるように考えながら作業をしなくてはならないので、体も頭も結構使いました^^;


アルバイトの大学生達も本当に良く頑張ってくれました。共同作業をすることで思い出も共有できる素晴らしさがあります。現社会では、みんなで共同作業をする機会って少ないように思います。ですから私は若者達にこういう機会をなるべく多く与えてあげる事が大切だと思うんです。


床材の張替えを終え、真新しくなったプールを見た彼らは、「めっちゃ明るい!」「キレイになった!」とはしゃいでいました(^.^)きつかったと思いますが、きっと忘れられない思い出になったと思います。

リニューアル初日、プールに来た子供たちやマスターズの会員さんたちにも好評で、

「先生、プール明るくなったね(^.^)」

「別のプールみたいに綺麗になった!」

という言葉のひとつひとつが【本当に頑張って良かった!】という思いと共に疲れが癒されます。

単純な作業でもその積み重ねが、こういう喜びに繋がるっていうことを実感させられましたが、授業で子供たちに「コーチがやったの?スゴーイ(^.^)」言われ、ちょっと誇らしげになる私の心はあまりにも単純なのかも知れません^^;

今日のタイトル『彩り』はミスチルの楽曲です。今日の記事にぴったりの歌詞なので動画と共に。


『彩り』 Mr.Children

ただ目の前の前に並べられた仕事を手際よくこなしてく
コーヒーを相棒にして
いいさ、誰が誉めるでもないけど
小さなプライドをこの胸に勲章みたいにつけて

僕のした単純作業が、この世界を回りまわって
まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく
そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に 少ないけど『赤』『黄色』『緑』

今 社会とか世界のどこかで起きる大きな出来事を
取り上げて議論して
少し自分が高尚な人種になれた気がして
夜が明けて また小さな庶民

憧れには程遠くって 手を伸ばしても届かなくて
カタログは付箋したまんま ゴミ箱へ捨てるのがオチ
そして些細な生き甲斐は 時に馬鹿馬鹿しく思える
あわてて僕は彩(いろ)を探す にじんでても『金』『銀』『紫』

「ただいま」
「おかえり」 
 
なんてことのない作業が、この世界を回り回って
何処の誰かも知らない人の笑い声を作ってゆく
そんな些細な生き甲斐が、日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に増やしていく『水色』『オレンジ』

なんてことのない作業が 回り回り回り回って
今 僕の目の前の人の笑い顔を作ってゆく
そんな確かな生き甲斐が、日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に、頬が染まる温かな『ピンク』

増やしていく 綺麗な彩り





ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育


posted by 日刊吉田 at 10:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。