2011年06月14日

『誕生日』

昨日は我が娘の誕生日でした(^^♪

1歳の誕生日には『一升もち』を背負うという伝統があり、これは『一升=一生』とかけているそうです。


・一生(一升)食べるのに困らないように

・一生(一升)健康に育つように

・一生(一升)丸く(円満に)


という意味や、『背負いきれない程の食べ物』=『一生食べ物に不自由しないように』という願いから行なっているそうです。

また、一升は約2kgもあるので1歳の子供にはとても重い物です。そういった所から『一生(一升)の重み』を感じさせて尻餅をつかせるという習わしもあるそうです。

ちなみにくららの場合は・・・・・・・見事に仁王立ち\(◎o◎)/!しかも背負った紅白もちを食べようとしているではありませんか(ーー;)

あまりの立ちっぷりに撮影していたビデオも一瞬止まってしまいました^_^;その後は歩き出そうとして尻餅もついたのですが、それでも餅を食べようとしていました(^_^;)


なんかこのまま歩き出して、私の元を巣立っていくのも早いかも知れません"^_^"まあしかし、転んでも泣いてもいいのですがしっかりと地に足をつけてこれからもすくすくと育って欲しいものです。


『あたたかい微笑み。妻に夫に子供に、そして全ての人に微笑みかけなさい。微笑みは愛を育てます』  マザーテレサ


・生まれてすぐに黄疸がかり、機械に入れられたこと。
・高熱を出して病院に向かったこと。
・身体がガサガサで皮膚病の心配をしたこと。
・気管支喘息かもしれないくらいセキが止まらなかったこと。

私もパパとして1歳になりましたが、こういったひとつひとつを乗り越えて、子供の成長と共に親も親として成長していくのだとひしひしと実感しています。

私は現在、水泳指導の中で本当にたくさんの生徒達と関わりを持っていますが、その子達ひとりひとりが親の愛情をたっぷりと注がれながら育ってきている事を常に認識しておかなくてはならないと思います。

昨日は遅番で家に帰ったのが0時を過ぎそうでしたが、なんとか誕生日には間に合うように家に着きました。勿論くららは既に寝ていたのですが、その寝顔を見て本当に微笑ましく思えました(^^)

しかし伝統というのは本当にいいものですよね。ちなみに一生飲み物に困らないように、一升瓶のお酒を飲むという大人になってからの伝統があれば私は絶対に実行します"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 09:51| 北海道 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

『意欲2』

6月に入り早速今日は大会がありました(^_^)全体的にはベスト率も高く、5月のゴールデンウィークに長水路で思いっきり泳ぎ込んだ成果をどの様に発揮してくれるかが私にとって非常に楽しみだったので、【練習やって良かった〜】って感じでした。

勿論ベストも出ずに悔しい思いをした選手もいましたし、狙っていた記録に惜しくも届かない選手もいましたが、4月の大会から見ると非常に順調な経過を辿っているように思いました(^^)v

『意欲』という記事で一度取り上げたのですが、昨年の夏もJOを切れず、春のJOにはあと0.2秒届かなかった選手が、この大会で見事JO記録を突破してくれました(^_^)

また高校3年生の選手が約1年半以上もベストが出ずにいたのですが、今回の大会でベストを更新し、しかもジャパンオープンの制限記録まで突破するという成果も出してくれました(^_^)

2人とレース後に話をしていて共通していたことが「自分は絶対ベストが出ると思っていた」という言葉でした。レース前にはそんな事一言も言わなかったのに、自分の中で秘める思いがあったのだと感じました。


   『意』=【音】+【心】


『意思』 『意欲』 『意味』 『意見』 『意識』 『決意』 『用意』 『意地』・・・・・『意』がつく言葉は沢山ありますが、『意』という字はつまり心の音です。口には出す事はできないけれど心の中に秘めている思いという訳です。

人にはそれぞれ心で思っている感情や思いがあり、口に出せない分、周りにはとても分かりにくいものです。

たとえば赤ちゃんが泣くには必ず理由があり、周りから見たらただ泣いているのに親は何故泣いているのか判断して対応しますよね。これと同じようにコーチにとっても選手の『心の思い(意)』をどれだけ理解してあげるかが必要なのだと最近つくづく感じるようになりました。

私が年度初めに選手に目標ノートを書かせるのにはこれが一番大きな理由であり、大会ごとにノートに反省を書かせるのには、選手自身が自分の決意を薄れないようにする為の再確認になればと思うからです。


  『意欲から行動が生まれる。』 関本忠弘(NEC元社長&会長)


選手の『意』を理解し『意欲』を与え『意志』を明確にしながら次への『用意』をさせる。これってコーチとして非常に大切なことだと思います。私のコーチ能力をフルに発揮し、選手達が沢山の意欲を持ってレースにチャレンジできるようにこれからも日々頑張っていかねばって思います。

そんな私は家に帰り、早速梅酒ロックを飲みながらブログを書いているのですが、飲みすぎ『注意』が必要かも知れません"^_^"


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育










posted by 日刊吉田 at 22:23| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

『適応力』

気が付けばあっと言う間に5月が過ぎ去ろうとしています。学生や社会人などは新年度が始まりようやくその環境に慣れてくる頃でしょうか。

最近読んだ本で、仕事でも生活でも『適応力』のある人が強いという記事がありました。

進学・転勤・転職・引越し・一人暮らしetc・・・

生活する中で環境の変化というものは誰にでも訪れるもので、私も毎年毎年同じようなサイクルで一年を過ごしている訳ですが、やはりその年その年で大なり小なりの変化があり、その都度その変化に適応していかなくてはなりません。

ですから適応力がある人はどんなに環境が変化しても、それを良化と捉え徐々に能力を発揮していき安心や希望が湧き、反対に適応力が無い人は環境の変化に耐えられず不安や不満が募っていくというのです。

確かに【なるほどな〜】って思いました。私も忙しい時や自分の思い通りに事が進まなかったりする時は、【何でこんなに忙しいんだ】とか【なんで自分だけが・・】みたいな感情になりそうになる事が多々あります。

ですが、そうは思っていてもその感情を表情や態度には絶対に出さないようにしようとは常に心がけています。何故かというと、その不満や不安を口にする事で適応力がないように周りに思われそうだからです。

振り返ると辛い環境やその状態になった時こそ着丈に振る舞い、前向きにな言葉を使うようにしていくと本当にその後が好転していったように感じます。逆にその環境に対して自分を適応できなければ事態は何も変化しないと思います。

『変化に早く適応すること。遅れれば適応できなくなるかもしれない。最大の障害は自分自身の中にある。自分が変わらなければ好転しない。』 スペンサー・ジョンソン(アメリカの医学博士)

皆さんも逆境になるほど能力を発揮したり、力強さを感じたりする人が周りにいませんか?そういう人って自分だったら【無理だろう・・】って感じることに対して【よーしやってやるか!】って感じで行動に出ますよね。きっと変化を適応力を試すチャンスと捉えていて、私もそういう困難や変化を前向きに捉えることができるよう日々を過ごしていきたいと感じています。

被災地では現在も過酷な環境下の中で生活している被災者が大勢いる訳で、その中で必死に適応しようとする姿をテレビで拝見しています。皆さんも環境の変化や困難に立ち向かっている事で心が折れそうな時は【適応力を試されている時だ】という思いを行動や言動にできたら、ひょっとして新たな強い自分に出会えるのかも知れません。

明日はマスターズの大会です・・・っていうか既に0時を回っているではないですか^^;
そろそろ寝て明日に備えないと、眠気に対して適応力があるのかを試す一日となってしまいますね"^_^"

今日の最後は、私が困難に出会い勇気が欲しい時に聞くこの曲で締めたいと思います。





『何度でも』 DREAM COME TRUE

こみ上げてくる涙を何階拭いたら 伝えたい言葉は届くだろう?
誰かや何かに怒っても 出口はないから

何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ きみの名前 声が涸れるまで
悔しくて苦しくて がんばってもどうしようもない時も きみ思い出すよ

10000回だめで へとへとになっても 10001回目は何か変わるかもしれない

口にする度 本当に伝えたい言葉は ぽろぽろとこぼれて逃げていく
悲しみに支配させてただ 潰されるのなら

何度でも何度でも何度でも 立ち上がり呼ぶよ きみの名前 声が涸れるまで
悔しくて苦しくて がんばってもどうしようもない時も きみ思い出すよ

10000回だめで かっこ悪くても 10001回目は何か変わるかもしれない

前を向いてしがみついて胸掻きむしってあきらめないで叫べ!

何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ きみの名前 声が涸れるまで
悔しくて苦しくて がんばってもどうしようもない時も きみの歌を思い出すよ

この先も躓いて傷ついて傷つけて終わりのないやり場のない怒りさえ
もどかしく抱きながらどうしてわからないんだ?伝わらないんだ? 
喘ぎ嘆きながら自分と戦ってみるよ

10000回だめで 望みなくなっても 10001回目は来る

君を呼ぶ声 力にしていくよ何度も 明日がその10001回目かもしれない・・・



ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育








posted by 日刊吉田 at 00:38| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

『修正』

昨日までの3日間、大阪でジャパンオープンが開催され、私も選手を引き連れて参戦してきました(^_^)先週も北海道で大会があった為2週連続となり、今日は2週間ぶりの休みです(^^)v

ジャパンオープンでは毎日5時起きで会場に向かい、選手の場所取りに奮闘しました^^;

ジャパンオープンは全体的に記録は低調ぎみだったと思いますし、当チームも狙っていた記録に届かず残念な結果となり、これから更なる強化が必要だと感じさせられた大会となりました(*_*)


『練習の成果を大舞台で発揮する事』


簡単のようで難しいものですが、あの北島選手も先月の肉離れがあってからフォームを崩していたのにも関わらず、そこからしっかりと修正し、今競技会で一定の成果をあげていた所を見て、【強いな〜】とつくづく感じさせられました。


『他人の弱点について争うことをやめてみる。
自分の弱点を弁護することもやめてみる。
間違いを犯したときにはすぐにそれを認め、修正し、
ミスしたことから得られる教訓を学ぶようにする。
日々の生活の中でこのチャレンジを試してみることだ。
あとは三十日後にその結果を見るだけでよい。』 スティーブン・R・コヴィー(経営コンサルタント)


『PLAN(計画)・DO(実践)・SEE(反省)』という言葉がありますが、結果が良くても悪くても、やはり実行したことの結果に対して反省し、そこに修正や改善を加えていくことが次への進歩に繋がる訳で、メインの8月に向けてがんばっていこうと思いました。

ここ最近は休日の時にしかブログを更新できない日々となっていて、この大会でも、「最近ブログ更新してませんね」とか「忙しそうですが大丈夫ですか?」などのお声がけを沢山の選手やコーチから頂き、それを聞くと本当に申し訳ない気持ちと改めて皆さんの日々のクリックに対して感謝感謝の気持ちで一杯です。今週は比較的に落ち着きそうなので、家庭サービスとブログ更新にも力を入れて頑張ります(^^)v


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育





posted by 日刊吉田 at 12:19| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

『人脈』

プルルルル・・・電話


私 「はいコーチ室です」

フロント 「あのー今アメリカから電話が来ているんですが・・」

私 「はっ?」

フロント 「1ヶ月間選手クラスで習いたいとの事です(^_^)」

私 「アメリカから\(◎o◎)/!」


これはつい先日の話なのですが、なんとアメリカから当スクールへ1ヶ月の入会希望の電話がありました。当チームの選手クラスは現在満員の為、残念ながら断ってしまうこととなってしまったのですが、なんでも連絡してきたきっかけが、この『日刊吉田』ブログであるとのことをフロントにお話していたそうです(*^_^*)

実は今回これが2件目で、1件目の方は東日本大震災の影響で日本へのホームステイを取りやめてしまった経緯があり、今回も定員でさえなければ是非受け入れてあげたかったので非常に残念で、わざわざアメリカから連絡をくれたのに申し訳なく思います(T_T)

ただ、マスターズクラスでは世界各国からいつでもOKですよ(^^)v・・・と営業をする私はあまりにもしたたかでしょうか^^;

しかし、なんかこのブログもグローバルな感じがしますよね。いえ私のブログというよりも、『水泳』がグローバルであるからこそですよね。インターネットの魅力ってこういう所にあるのだと改めて実感させられました(^_^)


『人が喜ぶことをやっていけば、みんなから感謝され、自然に人脈も広がってくる。このような人脈は、決して切れることはない。』 植西聰(心理カウンセラー)

この植西聰さんの著書は以前何冊か読んだ事があり、人脈を拡げることの重要性を説いていました。

小さい頃、父親から言われた「人と接する仕事というのは人脈が拡がり、本当にそれは幸せなことだ」という言葉が今でも根底にあります。今この仕事をしていて充実しているのは、水泳を通して沢山の人との出会いがあることです。自分の持ち場で一生懸命になれば本当に人脈が拡がることを実感しています。

私が出会った人達に対して自分がどれだけの事を還元できているかを考えると、【まだまだだな〜】といつも思ってしまうのですが、少なからずこのブログを通じて伝えていくことができているだろうと仮定しつつ記事を綴っている次第です。

これからも自分ができる事を精一杯に取り組み、自然と人脈が拡がっていくことができればいいなって率直に思います。明日は長水路での大会が2日間実施されます。選手みんながいいレースができるよう、まずは明日は声が枯れるまで精一杯応援しようと思います(^^)v


ブログランキングに登録中です!読んでくれた方は下のボタンを押して下さい!1票投票されます(^^♪  
 ↓   ↓   ↓

人気ブログランキング投票


こちらもお願いします!m(__)m  
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 生涯学習・教育



posted by 日刊吉田 at 12:30| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レーシック fx
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。